閉じる
  1. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  6. 空間デザインを独学で勉強する方法
  7. 空間デザイン資格ランキング
  8. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
閉じる
  1. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  2. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  3. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  4. 空間デザイン資格ランキング
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

空間デザインの人気資格を一挙紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
空間デザイン資格

空間デザインに関する資格が数多くあります。

その中でも人気の資格を紹介していきます。

空間ディスプレイデザイナーとは

空間ディスプレイデザイナーとは、陳列方法、色彩、照明などの技術を駆使して魅力的な空間演出を行う専門家であり、日本デザインプランナー協会が主催する民間資格です。

どのように魅力的な商品であっても、その魅力がうまく人に伝わられなければ、街中では多くの商品や情報の中に埋もれてしまいます。商品の魅力を強く表現するには、メッセージ性の強い空間やディスプレイを演出できる専門家の存在が欠かせません。

空間ディスプレイデザイナーの資格により、自身の感性・発想力と知識・技術を生かし、様々な陳列方法や照明演出を駆使して商品や店舗の魅力を演出できるのです。

受験にあたって

空間ディスプレイデザイナーには1級と2級があり、どちらも2か月毎に1回(2・4・6・8・10・12月)、合計年6回試験が実施されます。受験するにあたって、必要となる専門的な受験資格はありません。

 

空間ディスプレイデザイナー認定試験を受験するには、日本デザインプランナー協会のHPにて受験申込を行います。その後、自宅に受験票・試験問題・解答用紙が届きますので、その際に代金引換にて受験料の支払いを行い、在宅にて受験します。

受験料は1級、2級共に10,000円(税込)となっています。

試験では空間の陳列の基礎・応用、色彩の基礎知識、ヴィジュアルマーチャンダイジングの知識について出題されます。合格基準は1級、2級共に7割以上の評価で合格となります。

資格取得のメリットは?

2級においては空間演出の基礎レベルの知識、1級においては実務レベルの知識を所有していることを認定されます。特に1級はディスプレイ・色彩・照明・売場演出の4項目の高度な知識が求められるため、資格により空間演出の技能を幅広く有していることが認定されるのです。

こうした幅広い技術・知識を有していることが社会的に証明されることで、空間を扱うインテリアデザインや建築業界だけでなく、アパレル・ブライダル業界など広範囲の業界の就職や転職において有利になります。

どんな仕事ができるの?

空間ディスプレイデザイナーを取得された方はインテリアデザイン事務所や設計事務所、住宅メーカー、インテリア製品のメーカーなど、空間に携わる職業で活躍することができます。

また、アパレル業、ブライダル業、飲食店業、各種販売業など、商業施設や店舗での空間演出が求められる業界においても多くの方が活躍しています。独立・開業し、講師として自宅やカルチャースクールなどで空間演出のスクールを行う方も見受けられます。

 

資格を取るための通信講座は?

資格を取るための通信講座は、「諒設計アーキテクトラーニング」、及び「SARAスクールジャパン」が行っています。どちらも1・2級を同時に取得するための講座が用意されていますが、「諒設計アーキテクトラーニング」には2級のみを取得するための講座もあります。

また、どちらの通信講座も講座修了時に資格が授与されるコースがあり、講座内での卒業課題を提出することで試験免除となり、確実に資格を取得することができます。

通信講座はゆっくりとした学習でおよそ6カ月間、最短2カ月間の学習で資格取得が目指せる内容となっており、テキストや問題集、添削課題により学習を行います。空間についての専門的な受験資格は必要なく、確実に資格を取得できる通信講座も利用できるため、チャレンジしやすい資格と言えます。

インテリアデザイナーとは

インテリアデザイナーは、クライアントのニーズに合わせて快適で魅力的な住まいや空間をプロデュースする専門家であり、日本デザインプランナー協会が主催する民間資格です。

インテリアデザインは使いやすい動線の設計でなく、魅力ある空間の設計や工期・予算のコントロール、全体の色合い・素材感の調整など、総合的なプロデュース能力が問われる仕事です。加えて、照明器具や家具など、幅広い商品知識も必要になってくるのです。

このように表現力・プロデュース力に加え、多岐に渡る知識が必要なインテリアデザイン業界でニーズが高いのが、インテリアデザイナー資格です。

受験にあたって

インテリアデザイナー認定試験は2か月毎に1回(2・4・6・8・10・12月)、合計年6回試験が実施されます。受験するにあたって、必要となる専門的な受験資格はありません。

 

インテリアデザイナー認定試験を受験するには、日本デザインプランナー協会のHPにて受験申込を行います。その後、自宅に受験票・試験問題・解答用紙が届きますので、その際に代金引換にて受験料の支払いを行い、在宅にて受験します。

受験料は10,000円(税込)となっています。

試験では家具や照明などのインテリアに関する商品知識や販売技術等の幅広い範囲から出題されます。合格基準は7割以上の評価で合格となります。

資格取得のメリットは?

インテリアデザインの実務においては、「建築士」のような資格による実務の制限がないため、資格の取得は必須ではありません。しかし、インテリアデザイナーの資格によってインテリアに関する確かな知識を持っていることが証明でき、クライアントへの信頼感につながります。インテリア・建築業界だけでなく、インテリアショップなどを始めとした販売業においてもその力を発揮することができ、資格を提示することで就職や転職にも有利になります。

また仕事に限らず、自宅のインテリアやリフォームを考える際にも役に立つ資格です。資格で身に付けた知識を生かし、自身の発想力を生かした快適な住まいづくりを行うことができるのです。

どんな仕事ができるの?

インテリアデザイナーを取得された方はインテリアデザイン事務所や設計事務所、住宅メーカー、リフォーム会社など、空間に携わる職業で活躍することができます。住宅に限らず、店舗、ホテル、オフィス、美術館などありとあらゆるインテリアに関わることができるのがインテリアデザイナーです。

また、インテリアショップ、ショールーム、デパートなどの各種販売業においても、インテリアの相談役・専門家として専門知識を生かすこともできます。

 

資格を取るための通信講座は?

「諒設計アーキテクトラーニング」、及び「SARAスクールジャパン」がインテリアデザイナー資格を取得するための通信講座を行っています。

どちらの講座も講座修了時に資格が授与されるコースがあり、確実に資格と取得するためには大変有利なコースとなっています。このコースは講座内での卒業課題を提出することで試験免除となり、確実に資格が授与されるといった内容となっています。また、どちらもインテリアアドバイザー資格との同時取得を目指す内容の講座となっています。

学習期間としては約6カ月間、最短では2カ月間で資格取得を目指すことができる講座内容となっています。講座ではテキストや問題集、添削課題を行うことで理解を深めていきます。受験資格が必要ないこと、確実に資格を取得できる通信講座があることから、比較的チャレンジしやすい資格と言えます。

インテリアアドバイザーとは

インテリアアドバイザーは、インテリアについてクライアントへアドバイスを行う専門家であり、日本デザインプランナー協会が主催する民間資格です。

インテリアに関わる仕事の中でもアドバイスに特化した資格であり、主にショールームやインテリアショップでお客様に配色や商品の提案、配置などのアドバイスを行うことができる知識・技能が求められます。

インテリアや商品の提案を行う際には、クライアントの潜在的なニーズを汲み取り、なぜその提案がよいのか、理論的にわかりやすく説明できる技術が求められます。こうした提案やアドバイスを細かく行うのがインテリアアドバイザーの主な業務になります。

受験にあたって

インテリアアドバイザー認定試験は2か月毎に1回(2・4・6・8・10・12月)、合計年6回試験が実施されます。受験するにあたって、必要となる専門的な受験資格はありません。

 

インテリアアドバイザー認定試験を受験するには、日本デザインプランナー協会のHPにて受験申込を行います。その後、自宅に受験票・試験問題・解答用紙が届きますので、その際に代金引換にて受験料の支払いを行い、在宅にて受験します。

受験料は10,000円(税込)となっています。

試験ではインテリアアドバイザーとしての基本的な知識・技術の出題に加え、カラーコーディネートなどの色彩感覚に関する出題など、実務で活用できる技能を有しているかどうかが問われます。合格基準は7割以上の評価で合格となります。

 

資格取得のメリットは?

インテリアアドバイザーは、インテリアに関する他の資格に比べ、比較的試験のハードルが低く、インテリア業界での仕事が未経験の人でも取得しやすいのが特徴です。

比較的取得しやすい資格ではありますが、実務でも活用できるインテリアの知識を持つことを提示できるため、インテリア業界での就職や転職に有利になります。

またアドバイスに特化した資格のため、空間や建築の設計に関わる専門的な知識は必要ないので、自宅のインテリアを考える際にも役に立つ資格です。

どんな仕事ができるの?

インテリアデザイナーを取得された方はインテリアメーカーや家具メーカーのショールーム、インテリアショップなどで活躍することができます。来店されたお客様に要望を伺い、部屋のコーディネートの提案や最適な商品の選定など、インテリアについてのアドバイスを行います。

そのため、単にインテリアの総合的な知識やセンスだけでなく、お客様のニーズに沿って適切なアドバイスを行うことのできる接客の技術も必要になる職種です。また適切なアドバイスを行うには、トレンドのスタイルや新商品なども適切に把握しておく必要があります。

資格を取るための通信講座は?

インテリアアドバイザーの資格を取るための通信講座は、「諒設計アーキテクトラーニング」「SARAスクールジャパン」が行っています。

通信講座を受講するメリットとしては、どちらの講座にも講座修了時に資格が授与されるコースがあり、確実に資格を取得することができる点です。講座内での卒業課題を提出することで、認定試験免除で資格が取得できます。加えて、インテリアデザイナー資格との同時取得も可能な内容となっており、1つの通信講座で2つの資格を取得することができます。

通信講座では主にテキストや問題集、添削課題により学習を行います。ゆっくりしたペースで約6カ月間、最短2カ月間の学習で資格取得が目指せる内容となっています。通信講座の受講で確実に取得できる上に、専門的な受験資格は必要ないため、チャレンジしやすい資格と言えるでしょう。

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障がい者が安全に生き生きと生活できる住環境を提案する専門家であり、東京商工会議所が主催する民間資格です。資格により、福祉・医療・建築分野での活躍が期待できます。

高齢者や障がい者が必要とするニーズは人それぞれであり、クライアントの潜在的なニーズをくみ取って最適な住環境を提案するためには総合的な知識が欠かせません。バリアフリーやユニバーサルデザインに関する幅広い知識を身に付け、総合的な検討を行った上で、住空間のプランをクライアントに提案することができます。

高齢者や障がい者にとって安心で過ごしやすい住環境を提案することのできる福祉住環境コーディネーターは、高齢化が加速する日本において必要不可欠な存在と言えます。

受験にあたって

福祉住環境コーディネーターには1級から3級までがあり、1級は年1回、2・3級は年2回試験があります。必ずしも3級から受ける必要はなく、2・3級の併願受験や2級からの受験が可能ですが、1級は2級合格者のみが受験することができます。

受験するにあたって、必要となる専門的な受験資格はありません。

福祉住環境コーディネーター検定試験を受験するには、東京商工会議所のHP又は電話にて申込登録を行います。その後、申込書が自宅に届きます。申込書に同封されている払込取扱票を使って受験料を支払うと受験票が届きますので、全国の各会場にて受験します。

受験料は受験時期、受験する級によって異なりますので、注意してください。

2019年度受験料(税込)

第42回試験日  7/ 7(日): 2級   6,480円 3級 4,320円

第43回試験日11/24(日): 1級 11,000円  2級 6,600円 3級 4,400円

合格基準は全級で100点満点中70点以上となります。2級と3級はマークシート方式、1級はマークシート方式と記述式の2種類の試験を受験し、いずれも70点以上が必要となります。

 

資格取得のメリットは?

福祉住環境コーディネーターは幅広い知識を身に付けているため、建築・住宅業界だけでなく、医療・福祉業界や福祉用具メーカー、福祉施設など、幅広い職場でその力を発揮することができ、就職や転職にも有利になります。

介護の現場においては、幅広い知識を持つことで利用者の満足度を高めることができ、自信を持って仕事に臨めるようになります。

また介護保険を利用して住宅の改修を行う場合、「住宅改修が必要な理由書」が必要となり、必要な資格を有している専門家にしか作成することができません。福祉住環境コーディネーター2級を取得することで、この理由書を作成することが認められています。

介護保険制度や福祉用具の情報を知ることで、家族の介護や自宅のリフォームなど、ご自身の住環境を整えることにも役立ちます。試験では普段の暮らしに関わる内容が多いため、仕事に必要な方はもちろん、主婦の方や福祉のボランティア活動をされる方にもメリットになる資格です。

どんな仕事ができるの?

グループホーム、デイサービスセンター等をはじめとした福祉施設のケアマネージャー、福祉用具メーカーで働く福祉用具専門相談員などの福祉分野で活躍している人が多く見受けられます。

建築業界においても、近年は高齢者のための福祉施設や住宅改修の仕事が多く、バリアフリーについての幅広い知識が必要となる現場が増えてきています。そのため、福祉施設や住宅を扱う設計事務所や工務店・リフォーム会社の建築士として活躍する人もいます。

資格を取るための通信講座は?

認定試験の合格率ですが、3級の合格率は40%~60%程度、2級の合格率は30%~70%と各年の難易度によって振れ幅が大きい試験となっています。1級は毎年10%未満の合格率で推移しています。

資格を取るための通信講座は、大手の「ユーキャン」、住環境に関わる資格を取り扱う「ハウジングエージェンシー」、学校法人である「産業能率大学」が行っています。これらの通信講座は2・3級が対象となっています。

福祉住環境コーディネーターの資格検定を主催する「東京商工会議所」も通信講座を行っています。1級の通信講座を取り扱っているのは現在のところ東京商工会議所のみとなっています。

通信講座はおよそ6カ月間の準備期間を対象としたものが多く、テキストや過去問題集、DVD、添削課題により学習を行います。福祉や建築についての専門的な受験資格は必要ないため、比較的チャレンジしやすい資格と言えるでしょう。

インテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターとは、インテリアに関する幅広い知識を持ち、インテリア計画の提案や家具・照明などの商品選択のアドバイスを行う専門家であり、公益財団法人インテリア産業協会が主催する民間資格です。

インテリアに関する資格の中でも特に認知度が高く、代表的な資格と言えるのがインテリアコーディネーターです。インテリアの商品選択に関するアドバイスから、個々の要望に沿ったインテリアの提案・プレゼンテーションなど、広範囲に渡る技能が必要になります。

受験にあたって

インテリアコーディネーターは一次試験、二次試験があり、一次試験はマークシートによる択一式の学科試験、二次試験はプレゼンテーション(製図)と論文の記述式試験となっています。一次試験を合格した場合のみ、二次試験を受験することができます。一次試験を合格すると次年度から3年間は一次審査が免除されますが、3年間の免除期間が過ぎた場合は再度一次試験からの受験が必要となります。

受験するにあたって、必要となる専門的な受験資格はありません。

 

インテリアコーディネーター資格試験を受験するには、インテリア産業協会のHPか全国の主要な書店の店頭にある受験申込書にて申込登録を行います。その後クレジットカード・コンビニ決済か払込取扱票で受験料の支払いを行うと受験票が届きますので、全国12会場のいずれかにて受験します。

受験料は一次試験、二次試験の受験方法によって異なりますので、注意してください。

2019年度試験日 一次試験:10/13(日) 二次試験:12/8(日)

2019年度受験料(税込)

  • 基本タイプ(一次試験+二次試験):14,850円

※一次試験が不合格の場合、二次試験の受験はできず、一部返金も不可

2)一次試験〈先取り〉タイプ(一次試験のみ):11,550円

3)二次試験〈一次免除〉タイプ(二次試験のみ):11,550円

合格基準点は年によって異なり、公表されておりませんが、70%~75%の正答率が合格ラインと推測されています。

資格取得のメリットは?

インテリアコーディネーターは社会的認知度が高く、資格を提示することでクライアントからの信頼を得ることができ、就職や転職にも有利になります。

また近年の世帯構成の多様化と共に住空間も多様化しており、幅広い知識を生かして個々のクライアントのニーズを汲み取り空間を演出していくインテリアコーディネーターへの需要が社会的にも高まっています。

どんな仕事ができるの?

インテリアコーディネーターの資格は、活躍できる職種が豊富にあることがメリットとして挙げられます。インテリアデザイン事務所や設計事務所、住宅メーカーなど、空間に関わる職業で多くの方が活躍しています。また、近年リフォーム・リノベーション市場が拡大していることもあり、リフォーム会社や内装会社で働く方も見受けられます。

インテリアに関する幅広い専門知識を生かして、インテリアショップ、デパートなどの各種販売業や家具・照明メーカー、カーテンなどを扱うファブリックメーカーにおいても活躍が期待できます。

 

資格を取るための通信講座は?

資格試験の合格率ですが、2018年度の一次試験の合格率は32.4%、二次試験の合格率は59.0%となっており、一次・二次試験を通じた合格率は23.8%となっています。一次・二次試験を通じた合格率は過去5年間で22.5%~24.5%と20~25%程度を推移しています。

資格取得を目指す通信講座は、「ユーキャン」「日建学院(HIPSとの提携)」といった大手から、住宅や建築に関わる資格を取り扱う「ハウジングエージェンシー」「ハウジングインテリアカレッジ」「HIPS在宅・Eラーニング講座」、学校法人の「産業能率大学」があります。

一次試験対策ではテキストや過去問題集、DVDやWEB動画などより学習を行っていきます。また二次試験対策ではテキストの他、添削問題によりサポートを受けながら製図対策を行います。必要な学習期間としては6~7カ月間を対象としたものがほとんどとなっています。

2次に渡っての試験があり簡単に取得できる資格ではありませんが、その分インテリア業界での大きなキャリアアップが可能になる資格であると言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る