閉じる
  1. 空間デザイン資格ランキング
  2. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  3. 空間デザインを独学で勉強する方法
  4. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  7. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  8. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
閉じる
  1. 空間デザイン資格ランキング
  2. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  3. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  4. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

空間デザインの通信講座ってどんなものがあるの?人気の通信講座を一挙紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
空間デザインの通信講座ってどんなものがあるの?人気の通信講座を一挙紹介!

生活する空間の雰囲気によって気分も変わるものです。

空間デザインをマスターすれば、自身が一番落ち着けるような空間をデザインすることも可能でしょう。

空間デザインが学習できる通信講座をご紹介いたします。

 

インテリアデザイナーW資格取得講座/スペシャル講座

 

「 諒設計アーキテクトラーニング」のインテリアデザイナーW資格取得講座は、1日30分の学習を6ヶ月間継続することで、インテリアデザイナーとインテリアアドバイザーのW資格取得を目的とした通信講座です。講座は個人のペースで進められるため、最短で2ヶ月で資格取得が可能となっています。通信講座では、受講生に専任のスタッフが付いているので気兼ねなく相談できてとても安心です。

 

受講の流れ

 

通信講座のカリキュラムは、初めての方でもわかりやすいように作られており、基礎から実践まで着実に学習できる内容になっています。そのため、カリキュラムに沿って学習していくことでスムーズに知識が身に付きます。基礎から実践まで、学習を終えて計5回の添削課題をすべて終了することで講座は卒業です。インテリアデザイナー・インテリアアドバイザーの資格に必要な知識は学習によって、身に付きますが、2つの資格を取得するにはそれぞれ試験を受けることとなります。

取得できる資格名と認定協会

 

インテリアデザイナーW資格取得講座で取得できる資格は、JDP(日本デザインプランナー協会)主催のインテリアデザイナーとインテリアアドバイザーです。インテリアデザイナーは、インテリアの商品、販売、理解、表現力などインテリアに関わる様々な知識・技術の社会的認定となります。対になるインテリアアドバイザーは、インテリアの専門知識を活かし、お客様のニーズに的確にアドバイスできる者であるという社会的認定資格です。

 

 

受講料金・受講期間

 

インテリアデザイナーW資格取得講座

受講料:一括 ¥59,800 分割 3,300円×20回(初回4,276円)

受講期間:6ヶ月(最短2ヶ月)

 

インテリアデザイナーW資格取得スペシャル講座

受講料:一括 ¥79,800 分割 4,400円×20回(初回5,776円)

受講期間:6ヶ月(最短2ヶ月)

 

 

通信講座のメリット

 

「 諒設計アーキテクトラーニング」のインテリアデザイナーW資格取得講座は、自分のペースで学習できるので、時間がない方にはとても便利です。カリキュラムもしっかりしているため、効率の良い短時間学習を可能としています。また、W資格を目指すのであれば、試験を2回受ける必要があります。しかし、「 諒設計アーキテクトラーニング」スペシャル講座を受講した場合は、知識が身に付くことはもちろんですが、添削課題と卒業課題をクリアすることで、資格試験が免除になり、2つの資格が同時に取得できます。試験を2回受ける費用と手間、確実性を考慮すると、とてもメリットのある講座です。

 

インテリアデザイナー 基本コース/プラチナコース

 

「SARAスクールジャパン」の通信講座であるインテリアデザイナー基本コースは、1日30分の学習と通学なしが特徴です。忙しい方や初めての方でもストレスを感じることなく学習ができるようになっています。カリキュラムに沿って、6ヶ月続けることで、資格取得が目指せます。学習は個人のペースによりますが、資格取得を急ぎたい方は、最短で2ヶ月で資格取得が可能です。また、100%資格保証のプラチナコースもあります。

 

受講の流れ

 

「SARAスクールジャパン」のホームページより、受講の申し込みを行い手続きを終えると教材が届きます。初級編は、建築基準法や消防法を学習します。中級編は実践的な内容になり、インテリア施工で必要な基礎知識と工法などの学習となります。上級編は、実務レベルになり、安全や様々な設備計画やプランの作成、構造力学を学習していきます。講座は計5回の添削課題を提出し、認められれば卒業となります。プラチナコースは添削に加えて、卒業課題の提出があります。

取得できる資格名と認定協会

 

インテリアデザイナー基本コースで得られる資格は、JDP(日本デザインプランナー協会)主催のインテリアデザイナーとインテリアアドバイザーになります。通信講座の内容は、2つの資格に対応しているため、1回の学習で2つの資格を獲得することが可能です。インテリアデザイナーは、インテリアに関しての専門知識があるという社会的認定です。また、インテリアアドバイザーは、専門知識を基にユーザーやクライアントに適切な助言を行える者という社会的認定となっています。

 

受講料金・受講期間

 

インテリアデザイナー 基本コース

受講料:59,800

受講期間:2ヶ月~6ヶ月

 

インテリアデザイナー プラチナコース

受講料:79,800

受講期間:2ヶ月~6ヶ月

※100%資格保証です。

 

通信講座のメリット

 

「SARAスクールジャパン」の通信講座は、通学がないことがありがたいです。そのため、時間がない方でも私生活を乱すことなく資格取得できます。また、「SARAスクールジャパン」のインテリアデザイナー基本コースはJDPの定めた認定基準を満たしているため、在宅受験が認められています。安心した環境で試験を受けることで焦ることなく学習した力を発揮しやすくなります。そして、通信講座の一番のメリットはプラチナコースがあることです。プラチナコースは通常の添削に加え卒業課題を提出することで、試験が免除になるだけでなく、インテリアデザイナーとインテリアアドバイザーの2つの資格を100%同時に獲得できます。受験の手続きや受験料が省けるため、とてもメリットがあります。

 

空間ディスプレイデザイナーW資格取得講座/スペシャル講座

 

「 諒設計アーキテクトラーニング」の空間ディスプレイデザイナー通信講座は、最短2ヵ月で知識を習得できることが大きな特徴です。通信講座では、基礎的な学習に加えて実践的な空間演出法も学習するため、そのまま試験対策につながっています。カリキュラムも受講者に1人1人に寄り添う形になっているため、時間がない方でも安心できる内容です。じっくり資格取得を目指した場合でも、6か月で資格取得が可能となります。

 

受講の流れ

 

通信講座の流れは、「 諒設計アーキテクトラーニング」のテキストをカリキュラムに沿って学習していきます。カリキュラムはディスプレイ編、色彩編、照明編、売り場演出編の順番に学習します。学習を終えて添削課題をすべて終了することで講座は卒業となります。

 

取得できる資格名と認定協会

 

JDP(日本デザインプランナー協会)主催の空間ディスプレイデザイナーの試験を受けて合格することで資格を得ることができます。JDPが認定している資格には、1級と2級があります。1級は実務レベル、2級は基礎レベルの知識・技術の社会的な認定となります。

 

受講料金・受講期間

 

空間ディスプレイデザイナー 2級(通常講座)

受講料:一括 ¥59,800 分割 3,300円×20回(初回4,276円)

受講期間:2ヶ月~6ヶ月

 

空間ディスプレイデザイナー 1・2級(通常講座)

受講料:一括 ¥120,000 分割 6,700円×20回初回7,100円

受講期間:2ヶ月~6ヶ月

 

空間ディスプレイデザイナー 2級(スペシャル講座)※資格100%取得

受講料:一括 ¥79,800 分割 4,400円×20回(初回5,776円)

受講期間:2ヶ月~6ヶ月

 

空間ディスプレイデザイナー 1・2級(スペシャル講座)※資格100%取得

受講料:一括 ¥140,000 分割 7,800円×20回初回8,600円

受講期間:2ヶ月~6ヶ月

 

通信講座のメリット

 

資格は独学での取得も可能ですが、自分のペースで正しい知識を習得したいと考えるのであれば、「 諒設計アーキテクトラーニング」の空間ディスプレイデザイナー通信講座がとても便利です。自分で試験対策の資料を集める必要がないことも時間の節約にもなります。通信講座をすべて受講し講座を卒業することで、JDP主催の空間ディスプレイデザイナー試験にかかる受験料の10%が割引になるメリットもあります。そして、1番のメリットは、資格が100%獲得できるスペシャル講座が設けられていることです。講座を卒業した後の試験で落ちることがないため、資格をいち早く確実に取得したい方には、安心の講座となります。

 

空間プロデュース基本コース/プラチナコース

 

「SARAスクールジャパン」の空間プロデュース基本コースは、1日30分の学習を6ヶ月続けることで、資格習得が可能な知識・技術が習得可能の通信講座です。「SARAスクールジャパン」では独自の教材を作成し、工夫を凝らしているため、初めての方にも分かりやすく安心です。個人のペースで学習ができるため、短期間で資格の取得を目指している方は、2ヶ月で知識の習得が可能となっている他、資格保証のプラチナコースが用意されています。また、通信講座で挫折しないための質問や相談のサポート体制も整っているため、安心して続けられるのも大きな特徴です。

 

受講の流れ

 

受講するためのには、「SARAスクールジャパン」のホームページより、受講の申し込みをします。その後、1週間以内に教材が届くので、受講料と引き換えて受講開始です。講座の内容はテキストとカリキュラムに沿って学習していきます。カリキュラムは初級編は、商品陳列と色の使い方等の基礎知識を学びます。中級編は演出の技術など応用編となっています。上級編は専門用語や実践がメインです。学習を終えて添削課題を5回提出し、すべて合格することで講座は卒業となります。

 

取得できる資格名と認定協会

 

「SARAスクールジャパン」の通信講座は、JDP(日本デザインプランナー協会)主催の空間ディスプレイデザイナー1級・2級に対応しています。そのため、空間プロデュース基本コースの通信講座を卒業することで、空間ディスプレイデザイナー1級・2級の資格を獲得することができます。JDPが定める1級は実務レベル、2級は基礎レベルの社会的認定となっています。

 

受講料金・受講期間

 

空間プロデュース 1級・2級(基本コース)

受講料:120,000

受講期間:2ヶ月~6ヶ月

 

空間プロデュース 1・2級(プラチナコース)

受講料:140,000

受講期間:2ヶ月~6ヶ月

※100%資格保証です。

 

 

通信講座のメリット

 

「SARAスクールジャパン」の通信講座は、JDPより認定基準を満たした知識・技術の普及・貢献を行っていると評価を得ているため、在宅受験が可能となっています。家に居ながら受験ができるので、自分の習得した知識を発揮しやすい落ち着いた環境で試験に臨めるメリットがあります。また、通信講座のため、スクーリングもありませんので、時間がない方、忙しい方にも適した講座です。特にプラチナコースは最短2ヶ月で確実に2つの資格を獲得できるメリットがあります。

 

福祉住環境コーディネーター講座

 

福祉住環境コーディネーター講座は「ユーキャン」の通信講座です。6ヶ月の学習で福祉住環境コーディネーター2級・3級を取得できる通信講座です。図解等を活用したテキストを作成しているため、初めての方でもわかりやすい内容がポイントです。学習も1日数ページで進められるため、個人のペースで学習できます。サポートスタッフが丁寧に添削指導を行っているため、添削課題も安心です。学習で難しい内容があっても、一人一人に分かりやすく丁寧に対応してもらえる質問サービスもあります。また、通信講座では、標準学習期間(6ヶ月)を終えたの次の検定試験までサポート体制も魅力的です。

 

受講の流れ

 

通信講座受講の手続きを完了しテキストを受け取ると受講開始となります。福祉住環境コーディネーターの試験は年2回あるため、講座開始から資格取得までの流れは個人のペースで行うこととなります。通信講座は計7回の添削課題の提出で終了となります。通信講座では、テキストと副教材を併せて活用することで試験対策も可能としています。試験は、7月頃と11月頃に開催され、2級と3級は同日の午前と午後に分かれているため、同日に2つの資格の取得が可能となります。

 

取得できる資格名と認定協会

 

福祉住環境コーディネーターの資格は「東京商工会議所 検定センター」が主催の資格となります。福祉住環境コーディネーターは1級・2級・3級があり、ユーキャンの通信講座では2級と3級を対象としています。資格は、住環境をプロデュースするための福祉と医療と建築の知識を認定する資格となります。3級は日常で役に立つ知識の認定です。2級は各専門職と連携して具体的な提案ができる実務レベルの認定となります。主催は東京商工会議所ですが、東京にお住まいでない方も受験できます。受験の際は、お住まいの地域を管轄している商工会議所にお問い合わせください。

 

受講料金・受講期間

 

福祉住環境コーディネーター講座

受講料:一括 ¥49,000 分割 ¥3,800×13回

 

※税込み価格です。

※送料の負担はありません。

※教育訓練給付制度対象です。

 

通信講座のメリット

 

「ユーキャン」の福祉住環境コーディネーター講座は、自分のペース学習ができるので、忙しい方や初めての方にも安心して続けらえることがメリットです。また、出題頻度の高い重要な内容をまとめたハンディサイズのオリジナル問題集や視覚的に学習するDVD教材、重要項目と復習を容易にした課題ノートなど副教材が充実しています。通信講座では、少しの時間で最大効率を目指しているため、受講生の生活に負担をかけずに2つの資格取得ができることが最大のメリットです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る