閉じる
  1. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  2. 空間デザインを独学で勉強する方法
  3. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  6. 空間デザイン資格ランキング
  7. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  8. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リノベーションでの照明の選び方

リノベーションするなら、プランニングや家具選びも大事ですが、照明の演出の仕方は雰囲気をかなり決定付ける重要なポイント。間違いのない方法で、「変わった!」と思えるような素敵なリノベーションをしたいですよね。守るべき照明のルールや、上手なテクニックを紹介します。

バラバラな色温度の組み合わせは使わないように

一番注意したいのが、色温度の組み合わせです。電球、特に蛍光灯には、「昼光色」「昼白色」「電球色」など、白っぽい灯りから温かみのある灯りまで、さまざまなタイプがあるのです。これがなかなか複雑で、覚えるのが難しいポイント。一般に売られている白熱電球はすべて「電球色」なので色温度の設定はありませんが、蛍光灯、LEDは色温度に注意して購入する必要があります。
この色温度を、お部屋の中で混ぜてしまうと、白っぽい「昼光色」の部分はより冷たく白く、電球色の部分はより黄色くオレンジに見えてしまうので、不自然さを常に感じることになります。特に、キッチン回りではこの色温度が混ざりがりなので注意が必要です。最近ではレンジフードに照明が組み込んであるモノがほとんどですが、このフードに組み込まれているLEDが昼光色であることが多く、棚下等と色が合わないケースが多々あります。

寝室は照明の重心がポイント

お部屋の中でもベッドルームは、特にリラックスできる環境を整えたいところ。「どの部屋でも明るくしたい!」という発想で、普及品のシーリングライトをつけてしまっては、部屋全体が明るくなりすぎ、落ち着いて過ごすことができません。ダウンライトを含めて、極力天井から照明を無くしたいのがベッドルームです。なるべく照明を低い位置に設定することで、灯りの重心を下げてあげると、雰囲気がしっとりと落ち着くので試してみてください。サイドテーブルにスタンドランプを置いたり、壁にブラケットランプを付けるのがオススメです。

間接照明をプラスアルファで使う

間接照明を上手に使うと、お部屋の雰囲気に広がりや柔らかさが生まれます。ベッドのヘッドボードや、洗面所で使うケースが多いかもしれませんが、オススメしたいのはリビングの天井。四角い縁取りに間接照明を組み込み、ペンダントなどと組み合わせて使いましょう。フワッとした上昇感がインテリアに生まれ、それだけで特別な空間に感じられるようになります。
また、フロアスタンド照明にも、間接照明と同様に、光源を見せず(グレアレスで)に、床や壁にソフトに反射させる照明があります。いまから工事するのは難しい…とい場合でも器具の買い足しで調整できるので取り入れやすいと思います。

細部まで統一感を持たせる

シーリングライトに頼りすぎずに、いろいろなタイプの照明を組み合わせて、お部屋の雰囲気を少しずつ作り上げていく、というのが重要です。高級な仕上げや家具を用意しなくても、照明次第で素敵な雰囲気に仕上がりますので、電球の法則や重心に注意しながら、お部屋作りを楽しんでみてください。

ジョリパット外壁はデザイン性豊富

8月の朝、日が高くならないうちに40分ほど散歩をします。歩いていると真新しい住宅が目に入ります。熊本県北部、地域性かも知れませんが、ほとんどの家にジョリパットを使った門柱があります。外壁に使っている家もあります。

やはり、住宅には耐震性とか、残熱材を入れて部屋の快適性を求めますが、見た目の美観も大切です。門柱や外壁のデザインが庭の植え込みと美しく融合していれば、心もなごみます。そういう意味ではジョリパックの柔軟なデザイン性はますます大切なものになることでしょう。近年、家の表札を埋め込む縦長の門柱、住宅の周囲を囲むブロック塀、住宅の外壁がお洒落になっています。特にデザインに工夫を凝らした模様塗りを目にします。この塗り塗料が、ジョリパットと呼ばれる塗材(とざい)です。アクリル樹脂と砂を原料にして作られています。ジョリパットを使った工法の基本は、左官さんのコテ仕上げです。ジョリパットと言うと正式には塗材の固有名詞ですが、左官さんがジョリパットを使って作るモノを指して言うことも多いです。

塗り塗装というと、他に珪藻土(けいそうど)や漆喰(しっくい)などがあります。漆喰は内装、外装の塗り塗装に使われますが、多くは内装の塗り塗装です。また、珪藻土は内装にしか使いません。そして、耐久性の高いジョリパットは、もちろん建物の内部にも使えますが、外壁のコテを使った塗り塗装に適しているのです。コテ仕上げは、職人さんの技量に依るところが大きくデザインも様々です。

ジョリパットの特徴

通常、コテ塗り塗装は高価になりますが、珪藻土や漆喰塗装に比べると、ジョリパットの塗装は安価です。そして、乾燥時間も短く、工期も短くなります。
次にお洒落感に必要な色彩ですが、ジョリパットの色彩は実に沢山あります。カーキイエロー、えんじに近い茶色、黒に近いグレー、緑色に近いグレー、オレンジ色に近いベージュなど、好みの色を見つけやすいのも特徴です。更に優れた耐久性も大きな特徴です。通常、外壁の塗り替え目安は10年が目安とされています。ジョリパットの場合は色あせが気になりだす15年~20年ということになります。

ジョリパットの利点

・強固で耐久性がある
・紫外線や雨に強く、耐候性に優れる
・塗材の彩色が豊富、色の種類、濃さなど様々です
・左官さんの技量にも依りますが、コテに依る塗りデザインが豊富である
・乾燥時間が短い

ジョリパットの欠点

・着色は顔料ですから、15年~20年で色が薄くなってきます
・外壁に凹凸がある場合、汚れが溜まりやすい

ジョリパットの施工手順

ジョリパットを塗る段階は、最終工程の作業になります。ジョリパット工事の耐久性を高めるためにも、基礎になっているブロック塀などの洗浄、さらに下地処理が大切です。施工手順は次のようになります。

基礎になるブロック塀などの汚れを落とす

ホコリや泥、苔やカビなどの汚れを高圧洗浄機やブラシなどで洗い落します。

カオチンフィラーで表面の平滑化

コンクリートの表面をカオチンフィラー(下地材)を使って平坦にします。

シーラーを塗布

カオチンフィラー(下地材)とジョリパットの密着性を高めるシーラーを塗布します。

カオチンフィラーを塗布

再度、カオチンフィラーを塗って平坦にします。

乾燥

マスキングテープや養生シートで塗料が付いてはいけない部分を覆います。

ジョリパットの施工

一度に塗り過ぎないように注意しながら、数回に分けて重ね塗りをしていきます。最後にコテで模様をつけます。

ジョリパットの主な用途

ジョリパットは丈夫で耐候性があり、何といっても色彩も豊富に揃っています。そういう特徴から主たる用途は外気に触れる外装材ということになります。住宅そのものの外壁もありますが、門柱や住宅を取り囲む塀もあります。一昔前、外壁などは耐用年数がながく、丈夫が条件でした。しかし、今は色彩やデザイン性を重視する傾向があります。住宅の外構では、門柱が大変お洒落になっています。ほとんどジョリパットが使われています。住宅を囲む外壁も同様です。また、リビングなどの内装にもジョリパットが使用されることが多くなりました。コンクリートをむき出しにして、それを楽しんでいた人たちの中には、ジョリパットを採用する人が増えています。部屋をすこしでもお洒落にしたい気持ちからでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. エナメル塗装のメリットとデメリット

    個そして空間の一部としての色

  2. 風水から得る紫色のパワーを取り入れたインテリア

  3. 無垢材のインテリア

    自然素材をそのまま生かした無垢材とは!?

  4. トイレと洗面所の風水インテリア術OK・NG集

  5. インテリアで統一感を出す方法

    パーテーションで運気を整える風水インテリア

  6. リノベーションでの照明の選び方

    観葉植物を使った癒し効果のあるリビングインテリア術

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る