閉じる
  1. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  2. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  3. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  5. 空間デザイン資格ランキング
  6. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  7. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  8. 空間デザインを独学で勉強する方法
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

くつろぎの空間に!落ち着いた部屋を演出する風水インテリアのポイント6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビは風水から見るとあまり良くないもの

テレビをはじめとして家電品は、風水において気を乱すものと言われています。リビングに必ずあるテレビですが、実はリビングに置かない方が良いんです。家族やお客様がくつろぎ落ち着いて過ごすべきリビングの気が乱れてしまいます。とはいってもリビングにテレビを置かないのは難しいですよね。

ここでは、風水におけるテレビの置き方の注意点を紹介します。

テレビの置き方で注意すべきポイント

風水においてテレビは東に置くのが基本!

テレビや電話などの音の出るものは東、もしくは南東の方角に置くのが基本です。東は太陽が昇る方角、仕事運や発展運、健康運に影響を与える方角です。常に新しい情報をもたらすテレビは東や南東が向いています。

窓との位置関係に注意しよう

テレビの位置を考えるときに方角の次に大切なのが、窓とテレビの位置関係です。窓から入る太陽の光によって良い気も入ってきます。テレビを窓の近くに置いてしまうと、せっかく入ってきた良い気をはね返してしまいます。テレビはなるべく窓から離して置くようにしましょう。

ソファとの位置関係にも注意しよう

ソファとテレビの位置関係にも注意が必要です。リビングでは、テレビの真正面にソファを置いてある家が多いですよね。テレビの真正面にソファを置いてしまうと、テレビによって乱れた気をソファに座っている人が受けてしまう形になります。少しソファとずらすと良いでしょう。

観葉植物を置こう

テレビから出る乱れた気を良くし、健康運を守ってくれるのが観葉植物です。風水において観葉植物は運気アップにつながるアイテム。悪い気を遮断し良い気を放ちます。ドライフラワーやフェイクグリーンではなく、生きている本物の観葉植物をテレビの近くに置くと良いでしょう。

観葉植物と一口に言ってもいろんな種類のものがありますが、テレビの近くに置くのにおすすめなのは、葉っぱが丸い観葉植物です。モンステラやポトスなどが育てやすくおすすめです。

もし観葉植物が枯れてしまったら処分しましょう。枯れた植物は悪い気を放ちます。

テレビボード選びにもポイント

テレビボードはテレビに対して長めの木製のものがおすすめです。横に長いものは土の気を帯びています。土の気や木製の家具は電化製品から出る良くない気を中和してくれます。

寝室でテレビを置くときも注意が必要

一人暮らしの方はベッドと同じ部屋にテレビがあったり、寝室にテレビを置いたりする家もありますよね。テレビを寝室に置くときに注意すべきポイントは、寝ている姿がテレビに映っていないことです。鏡を置くときにも同じことが言えますが、自分の姿が別のものに映ってしまうと、エネルギーが映ったものに吸い取られてしまうのです。

どうしても自分の姿が映る位置にしか置けない場合は、テレビを見ていないときは布などのカバーをかけてあげると良いでしょう。

テレビの置き方に気を付けて運気を下げないようにしよう!

風水から見たテレビを置くときに注意すべきポイントを紹介しましたが、いかがでしたか?

風水ではあまり良くないものの電化製品ですが、現代においてなくすことはできないですね。置き方に気を付けて運気を下げないインテリアを目指しましょう。

部屋の雰囲気を決定づける要因には、家具やインテリアの配置、形状などが関係しています。そしてもう一つ重要なことは「色」です。配置と形状が同じ条件であっても色を変えるだけで印象は変わります。さらに色には人の心に作用する効果があります。落ち着きを感じさせる色もあり、これを効果的に配色していくことで落ち着く部屋にすることができます。

赤やピンクは興奮作用がある

赤、ピンク、この他朱色やワインレッドといった類の色は興奮作用を与えます。食欲の増進なども含まれるため会話を弾ませたいリビングやダイニングにも向いています。逆にこれらの色は落ち着く部屋作りには不向きであると言えます。そのため寝室や読書をするような部屋のベースカラーには通常選択しません。

青や水色を使うと落ち着きを得られる

赤のように刺激の強い色は落ち着きたい部屋に向かないということですが、代わりに青や水色、紺色などを使うことで雰囲気を変えると良いでしょう。清潔感や心を落ち着かせる部屋にすることができます。リラックス効果が高いことから寝室に最適と言えます。しかし寒いイメージを与えることになるので、日当たりが悪く室温の下がりやすい北向きの部屋には向いていません。濃い青を上手く取り入れて家具の配置をすれば奥行の表現ができるなど、テクニカルな使い方もできます。青は膨張色とは対照的に後退色と言われ、へこんで見えるという視覚的な効果があります。このように色には様々な効果があります。

緑系にも心を落ち着かせる効果がある

青系統とは異なる印象になりますが、緑色や黄緑なども落ち着きある部屋を作ることができます。植物に近い色であることから自然を感じさせ、安心感やさわやかさが演出できます。穏やかな気持ちにさせる効果を持ち、青と同じく寝室にも向きます。活発さより安らぎのあるリビングにしたい場合緑を取り入れても良いでしょう。ただし、濃く深い色をした緑を多用すると心が沈みやすくなる弱点もあるので注意が必要です。

個性が強い紫や牡丹色

紫は家具の色としては少し特殊と言えます。他の色との組み合わせも難しい色ですが、気分を入れ替えたいような部屋には紫や赤紫といった色を使ってみるのも良いかもしれません。効果的に使えば神秘さや高貴な印象を与えることができます。明るさを抑えた紫系統の色は鎮静作用もあるため、落ち着きのある部屋に必ずしも合わないわけではありません。

白や黒は無難に組み合わせが可能

家具への配色で困ったときはこれらの色がおすすめです。どの色にも上手く合うため使いやすい色です。ただし白や黒、グレーなど、これらの色だけを使った場合シンプルになり過ぎて平坦な印象となってしまいます。白などの明るい色だけを使った場合には軽いイメージになりますが、一部黒の家具を使っていくことで引き締めの効果が期待できます。

青や緑が王道、白やグレーも無難に組み合わせていこう

落ち着きのある部屋を作りたい場合、青や緑を使うと良いでしょう。どちらも心を落ち着かせ、安定させてくれます。しかしすべて青や緑にする必要はなく、簡単に組み合わせていくのであれば白やグレーなどの家具を使うと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. インテリアの色とその組み合わせによる心理的効果

  2. サーファー憧れの西海岸インテリアスタイル真似したいアイデア5選

  3. 猫を飼っている場合に注意したいインテリアの配置

  4. 1950年代の名作椅子7選

  5. 風水から見るインテリア!玄関でNGな置物7選

  6. 風水インテリアを簡単に実践するポイント

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る