閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  3. 空間デザインを独学で勉強する方法
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  6. 空間デザイン資格ランキング
  7. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  8. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
閉じる
  1. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

アクセントになる色はまわりの家具の色で決まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引っ越しや模様替えなどで部屋に家具を配置していくとき、配色方法を少しだけでも意識してみるとまとまりある部屋に変身させることができます。特にアクセントとなる色を入れてみるだけで統一感が増すこともあります。しかしそのアクセントになる色を選ぶときにはまわりの家具の色との組み合わせを考慮する必要があります。ここでは、初歩的なカラーコーディネートの知識を解説し、効果的なアクセントカラーの組み合わせについて紹介していきます。

ベースカラーは飽きの来ないシンプルな色

ベースカラーとは壁や床のように面積の大きな、部屋を構成する部分の色です。壁などの色を変えることは難しいですが、カッティングシートなど、簡易的に張ることのできる壁紙を使えば可能です。しかし基本的にベースカラーではこだわった色を使わず、シンプルな色にしておくと無難です。白やアイボリーなどが多くの色との相性が良く使い勝手の良い色と言えます。

メインカラーは部屋のテーマにもなる重要な色

ここが部屋のテーマカラーになるといっても過言ではありません。ベースカラーほどではありませんが、室内に置くほとんどの色を担当することになります。部屋の目的を考え、できるだけ色数は増やさないようにしましょう。同系統の色で3種類までに抑えるとまとまりのある部屋にすることができます。

アクセントカラーは部屋の雰囲気を引き締める役割

アクセントカラーの使用割合としては非常に少なくなります。しかしベースカラーやメインカラーをまとめて引き締める役割を果たしてくれます。ベースカラーやメインカラーとは系統の異なる色を選択し、メリハリをつけるようにします。ビビットカラーなどは採用しやすいです。

アクセントカラーごとに合う組み合わせ

オレンジ

オレンジはアクセントカラーとして使いやすい色です。どのアクセントカラーでも共通しますがクッションなどは最も簡単にアクセントカラーを取り入れることのできるアイテムです。ランプシェードや絵画、観葉植物なども同様です。ベースカラーとメインカラーにベージュを使った組み合わせや、ベースカラーにダークブラウン、メインカラーにブラウンを入れた暗めの空間でも鮮やかなオレンジが活きてきます。

青をアクセントカラーとして使う場合、オレンジや赤などと比べて落ち着いた印象にすることができます。緑との相性も良いため、緑と青の両方をアクセントカラーにしても共存可能です。大人っぽさや高級な印象を与えたい場合、ベースカラーにホワイト、メインカラーにダークグレーを使うと効果的です。

紫は家具の色として採用するには難易度が高いですが、アクセントカラーで少しだけ使うのであれば初心者でも真似できます。濃く深い紫をアクセントに、ベースカラー・メインカラーともにホワイトにすればクールさが演出できます。あまり見ることのない紫に目がいくことで印象的な部屋にすることができるでしょう。

周囲の家具の色とバランスが取れれば多様な色が使える

アクセントに紫のような扱いにくい色を使う場合でも、周りの家具でバランスを保てば効果的に取り入れていくことが可能です。他にも緑やピンク赤なども、それぞれに適したベースカラー、メインカラーを配色することで問題なく使用できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. インテリアにもぴったり!風水でおすすめの花9選

  2. インテリアで統一感を出す方法

    部屋に統一感を出すために知っておきたいインテリア選びのポイント6…

  3. コルクを活用したインテリア術

    インテリアにドライフラワーは風水ではNG!飾っても良い場所は?

  4. インテリアで統一感を出す方法

    参考にしたい、インテリア整理・収納グッズとプチDIYのアイデア

  5. 2段ベッドのメリットデメリット

    赤ちゃんがいる家庭で注意しておきたいインテリアの配置

  6. エナメル塗装のメリットとデメリット

    照明のPSE記号とは?ない物はフェイク?

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る