閉じる
  1. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  2. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  3. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  4. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  5. 空間デザイン資格ランキング
  6. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  7. 空間デザインを独学で勉強する方法
  8. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
閉じる
  1. 空間デザイン資格ランキング
  2. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

インテリアのためのカーペットの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

足触りが柔らかく暖かみのあるカーペットは、以前ほど使われなくなってきているものの、住宅の床材として人気の高いマテリアルです。高級感を演出したいホテルなどで現在も良く利用されます。安全性や衝撃吸収力で保湿性に優れた床材です。また防音性に優れている事柄、下の階への音が問題となりやすい場合や、子供部屋などにも好まれます。ホコリやゴミが混入して掃除がしづらく、ダニなども発生しやすいので、キッチンや洗面所などには不向きです。一般的に、床や壁に使われます。天井にも使われることがあります。家具や建具にも利用されます。

カーペットの素材

カーペットに用いられる天然素材は、ウールや絹などがあります。絹は美しい光沢があり、優雅な食感をもつ高級品で、高級なペルシャ絨毯などに用いられます。ウールは羊毛が原料で、通気性や湿度の変化にも強く、保湿性にも優れています。ウールに似た性質のアクリルや、ナイロン、レーヨン、ポリエステル、ポリプロピレンなどが使われます。水に浮くほど軽く、強度のあるポリプロピレンは、硬い感触で、ニードルにも用いられます。

織り製法

織り製法と針で刺し込む製法に分かれます。手織りの代表的なものは中央アジアが発祥の織物で、基布に一本一本にパイルを結びつけておる製法で、量産はできないため高級品として扱われます。ヨーロッパでは、古いアンティークのものほど価値があり、価格も高くなります。針で差し込むカーペットには、タフテッドカーペットとフックドラグカーペットなどがあります。タフテッドカーペットは量産できてコストダウンを測れるため、現在主流になっています。

手織りカーペット

パイルを一本ずつ結んで作るため目の詰まった丈夫な織物となる。

ニードルパンチカーペット

フェルト繊維を基布に圧縮成形して作る。弾力性にかけるが耐久性があり、用途が広い。

ウィルトンカーペット

機械織りの代表。パイルの長さ調節が自在で模様の表現が早い。5色まで使える。

タフテッドカーペット

機械織り。基布に刺繍のようなパイルを差し込んで作る。生産速度が同じく機械織りのウィルトンカーペットの30倍の速さで製作することができる。

パイル

毛足の形状によってカットタイプやルーフタイプ、それらを組み合わせたカット&ルーフタイプ、フラットタイプなどに分類されます。カットタイプは長さによって、また熱を加えることで、様々な表情のものが作られています。パイルの無いフラットなカーペットに、ニードルパンチカーペットがあります。短い背にを薄く引き伸ばした膜状のものを重ね合わせフェルト状にしたものです。カーペットの中でも最も安い価格です。

カーペットの主な利用の仕方

床全面に一面に毛の短いカーペットなどを敷き詰めて下地に接着する方法以外に、別の床仕上げの一部として、ベッドとテーブルの範囲にカーペットを敷き込んだり、ソファーの周りにラグとして敷き込むしても良く使われます。ラグに使用する場合は、インテリアのコーディネートに合わせて、順応に変える事ができます。ラグを使う事で空間にバリエーションを与える事が可能です。また、汚れても洗える事ができるというメリットがあります。小さな子供がいる家庭でも衛生面でもオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. リビングボードのインテリア

    トープカラーでアレンジしたインテリアカラーのアイデア5選

  2. 狭いお部屋のためのスペース活用術7選

  3. 憧れのホームシアター

  4. インテリアART・部屋にお気に入りのアートコーナーを作りたい時の…

  5. kukan

    インテリア関係の資格取得を目指している方へオススメの資格

  6. 西方位のトイレに良い風水インテリア

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る