閉じる
  1. 空間デザイン資格ランキング
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  6. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  7. 空間デザインを独学で勉強する方法
  8. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  3. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  4. 空間デザイン資格ランキング
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

インテリアのラグ選びに迷ったら風水で決めてみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋の印象を大きく左右するラグ、どうやって選ぶ?

インテリアの雰囲気を左右するラグ、いろんな形・色のものがあって目移りしてしまいますよね。部屋の中でも広い面積を占める存在になるので、部屋の印象はラグ一枚で大きく変わります。また、たくさんあっても収納場所に困ってしまうので、季節で替えるか洗い替えがあるくらいでたくさんは買えないアイテムです。

何にするか迷いやすいラグですが、風水的視点で決めてみるのはいかがでしょうか。

ここでは、風水から見るラグの形や色について紹介します。

風水におけるラグとは?

風水において、床は大地。大地からの気は仕事運や家庭運に特に影響が出ます。

どの部屋においても床の占める割合は大きいですよね。例えばフローリングならば木の気が強い状態になります。しかし、一つの気だけが強い状態はバランスが悪くなります。そのため、ラグを敷いてバランスをとってあげるんですね。

どのラグにするかでどんな大地のエネルギーとなるのかも変化するので、部屋でラグの存在は、インテリアだけでなく風水においても重要なポイントになります。

ちなみに、床全体を覆ってしまうカーペットは大地からの気を完全に遮ってしまうことになるので良くありません。注意しましょう。

どんな形がいいの?

四角形

よくある四角いラグは気を停滞させる傾向があります。特に長方形は陰の気を帯びているものとされています。とはいえ、どんなインテリアにも合わせやすいスタンダードな形なので選ぶ方も多いですよね。長方形のラグ、はできるだけ明るいきれいな色を選ぶと良いでしょう。明るい色といっても原色だと明るすぎるので、パステルカラーがおすすめです。原色や奇抜すぎる明るさの色は、落ち着きがなくなりソワソワしてしまいがちです。落ち着くことができるパステルカラーが良いでしょう。

ちなみに、正方形のラグは陽の気が強い形なのでおすすめ。

円形

円形の丸いラグは運気アップにつながります。角がなく、気の流れを良くしてくれるんです。悪い気が溜まることがないので、日当たりの悪いリビングには円形がおすすめです。ただし、円形は陽の気が強いため、色は寒色系などの落ち着いた色を選ぶと良いでしょう。

また、前述の四角いラグも四隅がとがっていない丸まったものにすると良いとされています。

不規則な形

不規則な形は、実は円形のラグよりもさらにおすすめ!花、葉の形や星の形など、何かをかたどったラグを敷くと、インテリアとしてもアクセントになり、部屋が明るくおしゃれになりますね。不規則な形のラグはどんな色とも相性が良く、おすすめです。

毛足の長さはどのくらいがいいの?

パイル地などの素材でできた毛足が短いラグは、気を安定させやすいです。

逆にシャギーなどの毛足が長いラグは、陰の気を強く帯びているためおすすめできません。でもシャギーラグはそのさわり心地が気持ちよく、好きな方も多いですよね。どうしても毛足の長いラグを使いたいときは、暗い色は避け、明るい色を選びましょう。

ラグを変えて運気アップ!

風水から見たラグの形やその色について紹介しましたがいかがでしたか?

形によっても運気が変わってくるラグ。また、使いたい形があまり風水として良くない形であっても、陽の気を持つ明るい色のラグを選ぶことで中和してくれるんですね。

せっかくのラグ選びですから、どうせなら運気アップにつながるラグを選んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2段ベッドのメリットデメリット

    学力アップに!勉強がはかどる風水インテリア術ポイント

  2. インテリアART・部屋にお気に入りのアートコーナーを作りたい時の…

  3. 箱物家具の収納使い方

    家具にアクセントをつけるときの配色方法

  4. 風水インテリアを簡単に実践するポイント

  5. インテリアのための色の組み合わせ7選

  6. 吊るしてみる楽しさとアイデアインテリアコーディネート術 

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る