閉じる
  1. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  6. 空間デザイン資格ランキング
  7. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  8. 空間デザインを独学で勉強する方法
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

インテリアの役割とインテリアコーディネーターの必要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリアは部屋の雰囲気を変え、人の気分も変えることができます。インテリアの多くは建物内の装飾としての役割が多く、家電製品などと比べると必要性は低く思われがちです。しかしインテリアによる効果は意外と大きなものであり、人の精神状態を左右し、仕事などのパフォーマンスを上げることにも繋がってきます。しかしこだわってインテリアを配置しようとしても上手くいかないことがあります。このような場合にはインテリアコーディネーターに相談することで、部屋に合ったインテリア選びや、効果的な配置のアドバイスを受けることができます。

雰囲気づくりにインテリアを使う

インテリアには利便性を高めるものや、部屋の雰囲気を決定づけるために役立ちます。照明は分かりやすい例です。照明そのものの見た目に加え、発光することでその付近や、部屋全体にも影響してきます。部屋のカラーを変えることにもなり、照明を付けるだけで違った雰囲気を味わえます。

配置方法で効果が変わる

装飾品に関わらず、部屋に存在するものの配置によって空間の感じ方は変化してきます。同じ物が部屋内部にあったとしても言えることです。例えば乱雑に家具やインテリアが置かれている部屋と、整頓されて並ぶようにして配置されている部屋とでは心の落ち着きやすさが違います。他には、高さのあるタンスのようなものが扉を開けてすぐに置かれていると入室時に圧迫感があります。インテリアを最適な位置に置くにはいくつかのポイントがあり、インテリア選びから含めるとけっこうな労力を必要とするだけでなく、難しさのある作業にもなります。ここで、インテリアコーディネーターという専門の人に依頼することで解決する方法があります。部屋にあるインテリアを選択肢、ニーズに合ったコーディネートを実現してくれます。

インテリアコーディネーターの概要

インテリアコーディネーターの仕事は、インテリアや住居に関する知識によって室内の総合的なプロデュースをすることです。どのような部屋にしたいか、どのような生活をしたいかといったことをヒアリングすることから始まりプランニングしていきます。依頼者のアバウトな要求に対しても具体的な提案をして分かりやすい形で提示してくれます。求める雰囲気などが固まればインテリアのセレクトをします。カラーや素材、インテリアの種類などを幅広い知見で判断します。

インテリアコーディネーターにも特色がある

感性が重要となるインテリアコーディネーターは、その性質に従ってそれぞれに特色があります。得意分野などがあるため、依頼する際には抽象的にでも作りたい雰囲気を考えておくと良いでしょう。値段はもちろん、サービス内容などにも違いが出てきます。

興味があればコーディネーターを目指すことも可能

アドバイスを受ける側ではなく、自身がインテリアコーディネーターになることもできます。インテリアを使って装飾を考えたり、インテリアそのものが好きであったりする場合には向いているかもしれません。コーディネーターとして仕事をするためには資格が必須というわけではありませんが、「インテリアコーディネーター」の資格取得によって基礎を学ぶことや有利に仕事を進めることが可能になるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. kukan

    キュートなアイテムを使って、お子さんと一緒に楽しくお掃除してみま…

  2. アクセントになる色はまわりの家具の色で決まる

  3. 吊るしてみる楽しさとアイデアインテリアコーディネート術 

  4. 西方位のトイレに良い風水インテリア

  5. ローボードを活用した広く見せるインテリア

    風水インテリアにおけるテレビの置き方で注意すべきポイント6選

  6. 南のリビングに最適な風水インテリアとカーテンの選び方のポイント

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る