閉じる
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  3. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  4. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  5. 空間デザイン資格ランキング
  6. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  7. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  8. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
閉じる
  1. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  4. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

インテリアの配置で部屋を広く見せるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリアは捨てたり買ったりすることで変更することができますが、部屋の広さは自由に変えることができません。そこでインテリアの使い方によって部屋を広く見せるためのコツを紹介していきます。がむしゃらに配置するのとでは感じ方がまるで変わってきます。

家具はまとめて床を広く見せる

部屋を見渡した時に、床が多く見えた方が部屋全体を広く感じることができます。同じ家具やインテリアを使っていてもバラバラに配置するのではなく、まとめて置いておくだけでも効果はあります。不自然にならない程度であればまとめて配置すると良いでしょう。何もないスペースをまとめるべきと言い換えることもできます。

奥に低い家具を配置して奥行感を出す

できるだけ部屋の入口、または滞在することの多い場所から見て遠くに背の低い物を配置しましょう。手前から徐々に背の低い家具・インテリアを配置すると奥行を感じることができます。結果として部屋を広く感じることができます。これは視線を意識した配置方法です。窓付近にインテリアを配置しないことも大切ですが、限られた空間の中でどうしても置かなければならない場合もあると思います。視線を遮るような場所にインテリアを置く場合、例えばテーブルであればガラス製のものや脚の細いタイプのものを選ぶことで邪魔に感じさせなくすることができます。これを「抜け感」と言うこともあります。こうして視線が抜けるような物であれば配置にも少し自由度を持たせることができます。

床から天井に向かって明るい色を使う

インテリアだけの問題ではありませんが、色を工夫することで広い空間を演出することが可能です。床付近には比較的暗めのインテリアを、天井に近い物や高さのある物を明るいインテリアで構成すれば部屋全体が広く見えます。床は視界に入る面積が大きく、部屋の印象を操作するには重要です。カーペットなどで色合いを調整していきましょう。

後退色を上手く使う

白は膨張色であるということはよく言われ知っている人も多いと思います。膨張色は白に限らず、暖色系がこれにあたります。つまり赤やオレンジなどです。一方で寒色系は後退色であり、膨張色よりも縮小して見える効果があります。青などは寒色系の代表です。すでに述べたように、背の低いインテリアを部屋の視線の奥に配置するのは奥行を感じさせるためでした。奥行きは後退色を使うことでも操作できます。入り口から向かって正面に窓があるような部屋であれば、カーテンの色を工夫しましょう。カーテンは見える面積が大きく部屋の印象を変えやすいです。部屋の奥にカーテンがある場合、寒色系にすれば実際より奥行きがあるように見せることができます。

少ないインテリアでスペースを確保

圧迫感のある部屋の根本的な問題として、物の置き過ぎといったことも考えられます。できるだけ最小限のインテリアにすることで当然空間を広く使うことが出来るようになり開放感が出てきます。ソファダイニングを使うなど、用途を兼ねた物を置いて家具を減らすことができます。

視線や配色を意識した配置

部屋を広く見せるための視線対策や、後退色を活かした配色は工事の必要もない簡単な方法です。これらのコツを知っていれば快適な空間を作ることができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 掃除のしやすいインテリアのポイント

    インテリアを選ぶときに掃除のしやすさも考えてみよう

  2. 塩ビシートを使ったリノベーション方法

    オレンジを取り入れるインテリアアイデア6選

  3. 機能性を兼ねた事務所とワークスペースのおしゃれインテリア

  4. 風水で運気アップ!部屋別インテリアのコツ

  5. インテリアART・部屋にお気に入りのアートコーナーを作りたい時の…

  6. 無垢材のインテリア

    自然素材をそのまま生かした無垢材とは!?

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る