閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  3. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 空間デザイン資格ランキング
  6. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  7. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  8. 空間デザインを独学で勉強する方法
閉じる
  1. 空間デザイン資格ランキング
  2. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  3. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  4. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

インテリアを選ぶときに掃除のしやすさも考えてみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
掃除のしやすいインテリアのポイント

毎日が忙しく、なかなか家事に時間をかける暇なんてない!という主婦も多くなってきています。でも、忙しいからといって片づいていない家で過ごすよりは、綺麗な家で暮らしたいですよね!好きなインテリアに囲まれて暮らすことがどれだけリラックス効果をもたらすのか、ということは実際に部屋を美しくコーディネートして過ごしてみるとよくわかります。
インテリアにこだわって思い通りの部屋にしたい、でも忙しいからその部屋を維持できるかわからない、と思っている人は掃除のしやすさも考えてインテリアを選んでみましょう。おススメのものをピックアップしたいと思います。

オープンな棚よりも引き出しや扉のついた収納棚を使う

便利でお得なものも多い収納ラック。オープンラックにお気に入りのインテリア小物などを置くとオシャレですし、見せる収納には最適ですよね!しかし、オープンラックに小物をたくさん置けば置くほど、掃除は面倒になります。せっかく美しく見せていてもホコリがたまったら魅力も半減。いつも掃除できる人なら問題はありませんが、掃除が面倒な人は、扉や引き出しのついた収納棚を使った方がぐっと楽になります。

オープンラックにかごやボックスなどを置いて、そこを小物入れなどにする方法もありますが、その場合はふた付きのかごやボックスにしましょう。
こまごましたものは引き出しのある収納ケースに入れるのがおススメです。洗面用具など身の回りで使うものは、できれば引き出しに入れてしまうほうが見た目も美しく衛星面でもよいでしょう。
見せたいインテリアがあるのなら、ガラスの扉のついた収納棚にしまう、というのも一つの方法です。また、棚の一番上には布などを敷いてほこりが下にたまりにくくするなど工夫しても良いでしょう。

トイレマット、キッチンマットを辞めてみる

家にマット類がどれだけあるでしょうか?トイレマットやキッチンマットはデザインも可愛いものがあって気に入ったものを使っているという人もいるかもしれません。でも定期的に洗濯するのは面倒ですよね。だからといって洗濯しないまま放っておくとすぐに汚れてしまいます。いっそうのことこれらのマット類を辞めてみるのもいいかもしれません。意外と不便は感じないものです。スリッパがあれば十分でしょう。手入れは、忙しければ汚れたらさっと床をふく程度でも十分。マットレスをのけて掃除機をかける、というめんどさがなくなるだけでもずいぶん違いますよ。

複雑な形の家具を選ばない

凹凸の多い家具はそれだけホコリがたまりやすくなります。例えば照明器具。オシャレなインテリアにもなる照明器具ですが、床、天井、壁とたくさんありすぎると手入れも大変です。ペンダントライト、シャンデリアなども可愛いですが、掃除が大変です。照明の掃除は毎日するものではないので気が付けばほこりがたくさんたまっている!ということがありますよね?
ペンダントの数を減らす、またはスッキリした形のものを選ぶなどしたいものです。
また、机、いすなどの大きな家具も、凹凸がないほうが掃除も楽なのは当たり前。シンプルなインテリアを心がけ、スッキリした家具を選ぶことが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 風水から得る紫色のパワーを取り入れたインテリア

  2. 南のリビングに最適な風水インテリアとカーテンの選び方のポイント

  3. kukan

    「タイルステッカー」を使って、気軽にリノベーションしてみませんか…

  4. 唐木家具の修理と手入れ方法

    DIY初心者におすすめアイテムがそろうショップとイメージする方法…

  5. 金運アップのための風水インテリア

    クリスマスにぴったりのインテリアコーディネート術とコルク素材を使…

  6. 空間を広く見せたいなら低く白く合わせる

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る