閉じる
  1. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  2. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  3. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  4. 空間デザインを独学で勉強する方法
  5. 空間デザイン資格ランキング
  6. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  7. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  8. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
閉じる
  1. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

インテリアコーディネーター資格の独学のメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「〇〇の学校を卒業する」などの受験するための制限がないことで、様々な人が受験するインテリアコーディネーターの資格。
インテリアが好きな人にとっては、ぜひ取得しておきたい憧れの資格ですよね。
でも、勉強するにはやはり専門知識を教えてくれる学校に入らなければならないのでしょうか。
それとも、独学で勉強する人もいるのでしょうか。
そこでインテリアコーディネーターの資格勉強を独学ですることのメリットとデメリットについて説明していきます。

インテリアコーディネーター資格を独学で勉強する人は多い!

本屋さんなどを見てみると、インテリアコーディネーター資格のための書籍はたくさん置いてあります。
わざわざ学校に行かなくても本などを見ながら独学で勉強をして、努力によって資格を取得している人は結構多いのです。
このような場合は資格を取ってすぐに働き始めるというわけではなく、あくまでインテリアが趣味としての一環として独学する人が多いようです。
子育てをする主婦や、会社勤めをしながらでもインテリアコーディネーターについて学べるというところが独学の魅力なのです。
ある程度勉強に集中できる環境が整っていれば、独学でも十分資格を取得できる可能性がありますよ!

独学で勉強することのメリットとデメリットとは?

一見、自分のペースで勉強ができて時間を有効活用できる独学ですが…。
実は、インテリアコーディネーターを目指すための独学にはメリットもあればデメリットもあるのです。

独学のメリット

自分の立場を問わずに、時間があるときに勉強ができるのが最大のメリットです。
このおかげでインテリアの勉強をするのは社会人でも主婦でも、誰もがおこなうことができるようになりました。
また学校に行く必要がないので時間に縛られず、授業料などもかからないという経済的なメリットもあります。

独学のデメリット

自分で自由に勉強の時間を決められるというのがインテリアコーディネーターの独学のメリットなのですが…。
反対に自由というのは、自分で自分を律することが必要になってきます。
自らのモチベーションを低めないようにコントロールすることは、実はそんなに容易ではありません。
疲れていたり子どもがいたりと、なかなか思うように自分の勉強時間が取れなくてイライラしてしまうこともあるでしょう。
また他人との比較からやる気が出てくるというタイプもいるので、競争心が独学では生まれないというデメリットもあります。
また学校にはいつでも質問を聞いてくれる先生がいますが、独学だと自分で何かしらを解決していかなければならないのです。
でもインテリアが好きだという情熱があれば、モチベーションは維持できると思いますよ!
独学をしていくには生活にメリハリをつけて、やるときはやる!と決めて取りかかりましょう。
なかなか意識が集中できないと、知識も頭に入ってこないですからね。

メリットデメリットを考えて勉強方法を選択

いかがでしたか?
インテリアコーディネーターの資格を勉強するのに、独学でチャレンジする人が増えているということを説明してきました。
インテリアの勉強の独学には、メリットやデメリットがあります。
自由に自分の時間を使って勉強するということは、逆に自らを律することが必要だということがわかりました。
それぞれの特徴をしっかり理解した上で、自分に合った方法で勉強していくのが良いでしょう。

インテリアビジネスニュース収集におすすめのサイト4選

住宅やインテリアについての関心度は、いつの時代も必要とされ、注目度も年々上がっていますよね。資格についても種類がどんどん増えていき、難しくなってきています。しかし住宅というモノは、私たちにとって絶対に必要不可欠であり欠かせない存在です。少しずつでも住空間を学んでいくコトによって、日々の生活環境をより快適なモノへと改善していき、最終的に住環境のスペシャリストになっているって理想ですよね。自分の身近な所から生活改善を目指したい方は、ぜひトライしてみるのもいいかもしれません。特に時間がある方は、何かを学ぶことによって、脳の活性化にもつながるのでオススメですよ。

町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー

日本で初めて「インテリアコーディネーター」を提唱した町田ひろ子さんは、自らが専門校の校長となり、イギリスの社会人教育の名門でもある「KLCスクールオブデザイン インテリア&ガーデン」との提携も実現されたほどの実力者です。しかも業界からも強い信頼があり、就職にも有利とされる業界とのネットワークも充実しており、アカデミー講師の方々も、デザイン・建築・照明・家具などの分野で、現役で活躍されているプロの方ばかりが揃っています。初心者の方でも、1年~2年でプロへと育ててくれる環境が整っているので、安心して資格取得を目指すコトができますよ。

インテリアビジネスニュース

インテリア業界の情報をいち早く伝えてくれる「インテリアビジネスニュース」とは、お部屋のコーディネートについてカーテンや壁紙などの商品情報から、業界動向やイベント・展示会情報など、インテリアに必要なさまざまな情報をタイムリーに配信してくれるニュースサイトです。いろいろな商品について知るコトができ、海外市場動向までも発信してくれます。リノベーションについても、詳しい情報を知るコトができますよ。

ホームリビング

40年以上の歴史ある「家具インテリアの専門新聞」とは、国内外の業界ニュースや市場分析などの情報をタイムリーに届けてくれて、雑貨やホームファッション等のトレンドや業界ニュースを幅広く発信してくれます。家具やインテリアの情報を得たい方にはオススメの専門新聞です。毎月3回(5 日・15日・25日)届けてくれて、毎日の生活に少しずつ変化をもたらしてくれますよ。

LIBA21.com

LIBA21とは、全国のインテリア専門店が集まった、21世紀の日本のインテリアビジネスをリードされていく共同体です。インテリアについてイロイロな情報を提供してくれたり、専門店動向や消費者動向などの情報も発信してくれたりと、インテリアビジネスに役立つ情報を幅広く知るコトができます。さまざまな資格取得を目指している方も、参考になる情報を手に入れるコトができ、日々の生活環境についても学ぶべき点が多々ありますよ。

まとめ

何かを学ぶというコトは、自らが経験しながら実践実感することによって、初めて得るコトができます。何か疑問に思うコトがあれば、自らが勉強することによって知識を得ることができ、さらなるステップへと繋がっていきます。勉強方法というのは、現代ではあらゆるシーンで学ぶことができ、情報が溢れかえっているのが現実であり、必要なモノを取捨選択する重要性が求められているほどです。そして今の現代社会にとって大切なことは、知識を得ることではなく、学ぶためのプロセスを知ることが、一番必要とされているかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 部屋を広く見せるためのインテリアの選び方

  2. 自分だけではないから合わせる

  3. 建材のフラッシュ構造の利点

    百均で手に入るおしゃれな風水インテリア&有効ボードを使…

  4. キッチンのナチュラルインテリア

    自然素材を活かしたおしゃれなキッチンスペースを演出するポイント

  5. 吊るしてみる楽しさとアイデアインテリアコーディネート術 

  6. シャビーシックとインダストリアルとは?インテリアのポイント解説

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る