閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  3. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  4. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  6. 空間デザイン資格ランキング
  7. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  8. 空間デザインを独学で勉強する方法
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 空間デザイン資格ランキング
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

インテリアコーディネートで知っておきたい絨毯の色選び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋のレイアウトを考えるとき、いろいろとおしゃれなインテリアを揃えたくなるものだと思います。大きな家具から小物まで、細部にこだわるとキリがないほどにバリエーションがあります。絨毯についても大きさや形状、質など様々な種類があります。どれも部屋との調和性を考えたとき重要な要素となりますが、これらと同様に色の選び方には特に注意が必要です。

絨毯の選び方

絨毯を選ぶうえで考慮すべき点はサイズ、素材、そして色や柄についてです。この中でも、色と柄が部屋に合っていないとそれだけで部屋の質が落ちて見えてしまいます。また、選び方とは異なりますが、配置方法もポイントになってきます。同じ絨毯を使っていても配置場所によって効果的に見えることも、そうでないこともあります。色と合わせて視覚的な効果も期待できるため、絨毯の配置場所も想定しながら選ぶようにしましょう。

柄は周囲とのバランスを意識して選ぶ

細部までこだわる場合、色のトーンやその他の要素、これらを総合的な見ることになりますが、ここでは誰でも実践できるよう簡単な方法を紹介します。基本的に絨毯の柄はあまりこだわりすぎないほうが良いです。絨毯は他のインテリアと比べて形状がシンプルで、柄なども付けやすいためデザイン性の高いものも多数存在します。しかし部屋全体の完成度を上げてインテリアコーディネートしていくのであればシンプルなものを選びましょう。ファッションの場合と同じで、一つ一つのインテリアがおしゃれでもそれぞれが組み合わさったときに協調性を感じる物、全体としてひとつのまとまりある状態であるほうがきれいに見えます。統一感がインテリアコーディネートには求められます。コーディネートのしやすい部屋にするのであればバランスの良い無地や、できるだけシンプルなものを選びましょう。

色は壁や床に近いものを選ぶ

柄と色は基本的にセットで考えるので、こちらに関しても周囲への溶け込みやすさが重要になります。簡単な選択方法は、床の色に近づけるということです。同系統の色であれば広く調和するため、よくあるブラウン系の床であればブラウンに近い色、ただしまったく同じ色にするのではありません。ベージュなどは絨毯の色としては選択しやすく無難に配置することができます。また、床の色であるブラウンが混ざったような色であればほとんどの場合上手く馴染むことでしょう。柄がシンプルでも、床と比べて非常に明るい色は選ばないようにしましょう。

その他の要素はどこに着目するか

色と柄の選び方については紹介しました。ではそれ以外の要素、例えば形状には大きく分けて丸型と四角型があります。丸型の方は優しい雰囲気や個性を出しやすくなりますが、家具とのバランスを考えると四角型のほうが無難です。サイズに関しては、近くに置く家具よりも一回り大きなものにすると安定感があって落ち着きある空間を作ることができます。

シンプルな柄で床に近い色の絨毯が使いやすい

絨毯を選ぶ際に注意したい点は、柄に関してはシンプルさ、色に関しては床の色が混じったものを選ぶということです。個性を出すのであれば絨毯ではなく、小さなインテリアなどを使ってコーディネートしていくことがおすすめです。絨毯には安定性を求めると部屋の統一性が保たれることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. インテリア・本好きの人たちの為の収納アイデア

  2. 家の中心で通り道でもあるリビングに置くべきもの

  3. 有孔ボードで隙間収納と空間活用

    トイレのインテリアに欠かせない風水の条件

  4. グラスウールのメリットとデメリット

    上げたい運気で選ぶ!風水インテリアで見るおすすめのカーテン

  5. くつろげるリビングの家具配置

    モダンミッドセンチュリーのインテリア

  6. ミッドセンチュリースタイルの代表的な椅子7選

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る