閉じる
  1. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  4. 空間デザイン資格ランキング
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  6. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  7. 空間デザインを独学で勉強する方法
  8. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

インテリアデザイナーの仕事と働き方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オープンボードを活用したキッチンの収納とインテリア

インテリアデザイナーという職業をご存知でしょうか。内装はデザインを工夫するだけで雰囲気を作り出し、人の気持ちをも変えてしまいます。インテリアデザイナーは家具やインテリアを効果的に選択、配置などをすることで最適な部屋作りを実現していきます。

インテリアデザイナーの仕事

部屋の中の演出について幅広くデザインすることがインテリアデザイナーの仕事です。例えば家具やカーテン、照明など、部屋の中には数多くのインテリアが存在します。部屋のコンセプトなどをヒアリングし、クライアントのイメージするものを実現してきます。インテリアの配置方法から家具そのものの形状、色の選択、そしてもちろん見た目の良さだけでなく実用的な部屋作りも目指します。クライアントの要望によってこれらのバランスは変わってきますが、インテリアデザイナーは受けた要望に応じつつ最適な環境を提供します。

資格が必須の仕事ではない

インテリアデザイナーはその仕事をするために特別な資格を要するわけではありません。ましてや医師や弁護士のように独占業務でもないため、誰でもインテリアデザイナーになることはできます。しかしあくまでも可能性があるという話であって、誰でも簡単にできる仕事ということではありません。鋭い感性を必要とする職のため、センスや経験なども求められます。デザインを担当する事務所で働けばインテリアデザイナーとして経験を積むことができます。このほかメーカーでの勤務でデザインを担当することでもインテリアデザイナーとして働くことができます。ハウスメーカーや家具メーカーなどが具体的な活躍の場です。直接的な資格はないものの、知識が共通しているインテリアコーディネーターやインテリアプランナーなどは持っておくとインテリアデザイナーとして働くために有利となるでしょう。建築士の資格を持っていることも大きなメリットと言えます。

流行についていくことで将来的にも見込みがある

インテリアデザイナーに興味を持ったところで気になるのが、給料や将来性です。多くの仕事は技術力の発展によって失われてきています。また、現在仕事のある職でも将来的になくなると言われているものが多くあります。インテリアデザイナーの場合はどうでしょうか。デザインは人の感性に依存しており、さらに時代によってトレンドがあります。機械などでこれを予測するのは困難で、同じ人でなければ実現できない空間があります。さらにリノベーションの需要の高まりや、フリーランスのように独立して働くやり方などもありまだまだ将来性の見込める職と言えます。ただし、流行についていけるよう常にリサーチをしていくことが大切です。しかしそれほど高給の仕事とは言えないのが現状です。年収は300万円から400万円が相場と言われています。雇われの身であれば特にこの傾向が強いですが、独立してインテリアデザイナーを営めば実力次第で数倍の稼ぎにもなるでしょう。

専門分野で強みを作ろう

インテリアデザイナーになる場合、基本的なセオリーはもちろん勉強することになりますが、自分にもデザインの好みがあるはずです。いくつか得意な分野を作ることでクライアントの確保がしやすいようにすると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. kukan

    「タイルステッカー」を使って、気軽にリノベーションしてみませんか…

  2. 機能性を兼ねた事務所とワークスペースのおしゃれインテリア

  3. リノベーションでの照明の選び方

    観葉植物を使った癒し効果のあるリビングインテリア術

  4. 家の中心で通り道でもあるリビングに置くべきもの

  5. くつろげるリビングの家具配置

    くつろげるリビングに!風水を考えたソファの配置と選び方

  6. 寝室の風水インテリアは全体の運に影響する

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る