閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  3. 空間デザインを独学で勉強する方法
  4. 空間デザイン資格ランキング
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 空間デザイン資格ランキング
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

インテリアART・部屋にお気に入りのアートコーナーを作りたい時の飾り方とアイデア 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アートのあるスタイルって憧れますね。海外のインテリアの中にはとても上手くコーディネートされているコーナーや壁面を見る事ができます。映画のワンシーンも参考になる事が多いのでおすすめです。どんなアートが好みでしょうか。絵やポスターもただ壁にかけるだけではなくその空間が大事になってきます。彫刻やオブジェなどは置く場所や光も関係してくるでしょう。本物のアートだけではなくインテリアの1つとしてアートっぽく演出してあげればそれもひとつのインテリアアートになります。盆栽や多肉植物の寄せ植えなどもアートの1つになりうるというわけです。たとえば床の間という日本古来の特別な空間に飾られた掛け軸や香炉など、ぴったりな場所を見つけてあげるもアイデアの1つです。家のインテリアでどの場所にも合いそうなのにやっぱりこの場所が素敵と思えるそんなコーナーがあるはずです。ここに飾りたいからと決めて購入したものならば別かもしれませんが、そうでないものは飾り方や場所に寄ってぐっと良くなって見えたりします。逆も有りますので注意ですね。

リビングの壁面をギャラリー風にディスプレイするアイデア

インテリアのアートと言えば一番多く見られるのが絵や写真等の壁面で楽しむものでしょう。ギャラリーで見ていた時と我が家にかけた時に何かが違うと思う事が有るのではないでしょうか。空間のしつらえ方が違うわけですから当然なわけですが照明のあて方でもかなり変わってきますよ。インテリア上級者ならば置くスペースを想定しつつ購入したいものです。さて、ここでは自分だけのギャラリー風コーナーの作り方ですから気軽にためしながら作っていけば良いでしょう。本物のアートである必要もないわけです。まずはリビングの壁のどこがベストなのかを決めます。飾りたいアートを試しに配置してみます。コツは置いてある家具や窓との間の距離が重要です。まるですき間を埋めるかのような飾り方では残念な結果になってしまいます。また、リビングの壁に何もない空間があるならば一番です。好きなアーティストの作品やテイストが似た他のアートも一緒に飾ってみてください。サイズはバラバラでも大丈夫です。壁全体をコラージュする感じです。額の色だけを同じにしてみたり何かしらのルールを決めて飾ってみる事でお家ギャラリーができあがります。また最後の仕上げは光ですね。ぜひとも間接照明を用意しましょう。

壁面アイデアのもう1つは壁に取り付けの棚を使っても良いですね。また、開口部や窓枠の上の空間に受ける棚板を取付けてみればそこも1つのアートスペースとして利用できます  。

お気に入りのキャビネットの上ををアートなスペースにコーディネートするアイデア

季節によって飾るものを気軽に変えていける場所です。1枚のアートポスターや写真等のフレームをチェストの上に置いてみます。立て掛けるだけでも良いです。あえて、2~3枚サイズが違うものを用意するのもグッドなアイデアです。その場合は少しずつ重なりが有っても良いですよ。後はオブジェのような陶器やガラス類も置いてみます。ガラスの中には季節の花を活けてみるのも素敵です。装丁のかっこ良いインテリアの書籍等も積んで置いてみたりしてみてほしいです。海で拾ってきた石や旅の思い出のものを置いても良いでしょう。要はレイアウトしていく上でここにもルールが有るのがこつです。基本は飾るものの中で一番大きなものから位置を決めます。それがこのアートコーナーの頂点になります。そこを起点にしてピラミッド型に奥行きも気にしながら配置していけば良いわけです。海外や日本でもインテリア特集のページなどは参考となるアイデアが一杯詰まっています。まずは真似てみて何回もシミュレーションしてみるときっとベストな自分だけのコーナー作りができる様になりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. オープンボードを活用したキッチンの収納とインテリア

    キッチン収納のNGな見せる収納とは?風水ポイント4つ

  2. 構造物を守り人を癒すための壁

  3. キッチンのナチュラルインテリア

    自然素材を活かしたおしゃれなキッチンスペースを演出するポイント

  4. 一人暮らし女子におすすすめモロッコスタイルのインテリア術と購入方…

  5. バスルームで運気がアップするインテリア風水

  6. ユニバーサルデザインをイスに

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る