閉じる
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  7. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  8. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

キッチンレイアウトの比較とポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キッチンは、毎日の家族のパワーの源を作る料理の場所。料理をし、食品や食器を保管する部屋。ゴミがたくさんでやすい場所でもあります。システムキッチンを入れる事が多いですが、造作家具として他のインテリアと統一感が生まれます。I型、二列型、U型、L型、アイランド型、それぞれのキッチンの魅力とポイントを紹介します。

I型キッチン

かに歩き、平行移動(横移動)の導線で料理ができるコンパクトなキッチン。調理台、コンロ、シンクが横一列に並んだシンプルなデザイン。ダイニングの壁面に設けられるので、インテリアの一部として空間に馴染みやすいです。造作家具を導入して、より全体感のある家づくりが計画しやすいでしょう。I型キッチンはシンプルさが1番の魅力。日本で一番多く見られるタイプのキッチンです。そしてコスト面でも、デザインや大きさにもよりますが、経済的な事が多いです。壁面に可動式の棚を設けたりして、キッチンが向かい合う壁面部分も工夫しながらデザインしていきましょう。住宅事情でスペースの確保が難しい場合など、間取りにもしっかりとなじみやすいです。

二列型キッチン

二列になったレイアウトなので、背面にも収納を確保したりできる。何人かで使う場合の通路幅を考えるといいでしょう。キッチンだけの専用部屋のようにして、ドアや引き戸をつけて、独立性の高い空間を作るときなどにも良く使われます。現在はアイランドキッチンなどオープンなキッチンが人気ですが、独立したキッチンを作る事で、手元を見られたくない場合など、すべてのものが表に出ないように使う事ができます。

U型キッチン

コの字型で、適度な通路幅を確保すれば、片足を軸にして、体の向きを変えればいいだけなので、少人数での作業の場合は、小回りのいいレイアウトのキッチンです。ステンレスの冷蔵庫と合わせて、天板を一面ステンレスにしたり、オープンなスペースでも一体感のあるキッチンにしたい場合など、オススメです。

L型キッチン

I型キッチンとU型キッチンの中間のような性格のレイアウト。作業スペースもしっかりとれるので、何人かで作業する場合は、とても向いているキッチンです。また収納スペースも十分に確保できます。調理器具が多いご家庭などには向いているタイプです。しかし、収納スペースが確保できる反面、デッドスペースが増えてしまいがち。L字のコーナー奥の収納スペースは一度、食品などを入れてしまうと取り出しにくさや、億劫さを感じてしまうかもしれません。また、冷蔵庫と食器棚が確保しずらいので、冷蔵庫と食器棚を囲うようにレイアウトしたい場合などは向いています。広さがあるキッチンだとコンロとシンクの距離がやや離れてしまって作業しずらくなったりもします。

アイランドキッチン

吊り戸棚や間仕切りがないので、リビングダイニングそして外まで見渡せるアイランドキッチン。よく使う道具は、アイランドキッチンの上に常備。アイランドが配膳台も兼ねてくれるため、器類は、屈まないで取り出せる高さの引き出しに入れたり、重たい食器類もレールをつけて軽々取れます。家の中を見渡しながら、常に家族の気配を感じられる。家の中の主役、みんなで料理ができると人気です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 風水インテリアにいい植物の鉢選び&サボテンの置き方

  2. エコにつながるインテリア照明術2選とおすすめアイテム

  3. シェルフを使ったインテリアで空間を有効活用

    風水インテリアによる絵の効果的な飾り方

  4. UV塗装の利点と手入れの注意点

    子育て家族がいつも笑顔でいられる空間

  5. 人造大理石の手入れ方法

    家具の色と部屋のイメージを一致させて効果的に配色しよう

  6. 寝室の風水インテリアは全体の運に影響する

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る