閉じる
  1. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  4. 空間デザインを独学で勉強する方法
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
閉じる
  1. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  2. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

クリスマスにぴったりのインテリアコーディネート術とコルク素材を使ったアイディア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
金運アップのための風水インテリア

クリスマスが近づくと大人も子供もなんだかそわそわ、ワクワクしてきますよね。プレゼントの事をあれこれ考えたり、今年のクリスマスはどのように過ごそうかな等々と。旅行に行ったりレストランで食事をしたりと外で過ごす計画も楽しいものですが今年のクリスマスは我が家で家族と友人たちを招いてすごしてみよう、また毎年クリスマスは家で、という人も多くなってきている気がします。海外ではアドヴェントの期間というのがあり12月1日から24日のイヴの日までの事を言います。日本でもアドヴェントカレンダーはすっかりおなじみですね。4週間のカレンダーになっていてその時期、毎日子供たちが小さな扉をめくっていきます。その中にはキャンディー等が入っている物もあります。実際には宗教的な行事ですがクリスマスは誰にとっても待ちどうしいいヴェントのはずです。その日を迎えるように部屋のインテリアもコーディネートできればいつもと違うクリスマスシーズンが迎えられるはずです。

玄関の扉をクリスマスイメージに飾るには

玄関口の壁の一角や玄関の扉にクリスマスの装飾をします。マンションの扉は無機質なデザインが多いですね。マグネットタイプのフックを付けてクリスマスリースを飾ってみましょう。木製の場合で傷を付けたくなければはがせるタイプの粘着テープ付きフック等も出ています。リースは手作りしたいものです。庭やベランダで育てているローズマリーの枝を何本か束ねて円形にすれば簡単に香りも楽しめるリースが出来上がります。秋から冬に向かう剪定の時期に作っておくのがおすすめです。そのままでもナチュラルな感じで素敵ですがリボンや紐等を巻いてアレンジしても良いです。ワイン好きな家族ならばコルクをためておいてワイヤーや紐でつなげてもオリジナリティーのあるリースが作れます。リースの形にとらわれずにドライになる植物や花を選んでスワッグ型にまとめて付けてみるのもおすすめです。クリスマス当日まで変わっていく様と香りも楽しめます。

リビングをクリスマスイメージでコーディネート

やはりクリスマスツリーは欠かせないですね。毎年使える人口のツリーが多いでしょう。しかし生のもみの木はその香りでもクリスマスイメージをアップしてくれますからサイズにこだわらずに試してみてほしい物です。ライフスタイルに合わせて何をオーナメントにしてもオッケーです。子供と一緒に焼いたジンジャークッキーや大人っぽくガラスのオーナメントなどそれぞれお好みで飾っていきましょう。またあまり毛糸を使ってボンボンを作りオーナメントにしても可愛いですし大きな物が作れる時はいくつかバランスを見て天井から吊ってみてもよいでしょう。ツリーの飾りに決まりはないですからカラフルなリボンだけを付けてみたりカラーにこだわってモノトーンなクリスマスイメージにするのもスタイリッシュなコーディネートになります。どうしてもツリーを置くスペースが取れない事も有りますね。そんな時はペーパーのクリスマスガーランドを窓際にイルミネーションと一緒に下げたりしてみてください。大きなツリーを置けなくてもテーブルやチェストの上でクリスマスイメージを盛り上げる事も可能です。小さめのトピアリー等とキャンドルも一緒にコーディネートしクリスマスを迎えるコーナー作りをすることもできます。空き瓶に白い毛糸をまいたり編んだりして大小何本か並べておくだけでも素敵な冬のコーナーになりそうです。壁にかけてあるアートはクリスマスのイラストの物やクリスマスカラーの赤を使った物等に変えてみます。お部屋の雰囲気ががらっと変わる効果は抜群ですよ。

子供が小さい家庭はツリーがないと淋しいのかもしれませんが大人たちだけで過ごすクリスマスはちょっとスタイリッシュにコーディネートしてみるのもおすすめです。クリスマス用に作ったリースは水引等でアレンジを変えてお正月まで使う事もできますね。

クリスマスと言えばコルク

コルク(英語: cork)は、コルクガシの樹皮を剥がし、加工した弾力性に富んだ素材です。多孔質で空気を含みますが、水はほとんで通しません。また、コルクに似せて作った合成コルクなるものもあります。コルクガシの主な生産地は、ポルトガルであり、全世界の生産量の約52%を占めます。ほかに、スペイン(29.5%)、イタリア(5.5%)、アルジェリア(5.5%)と続きます。

コルクの代表的な利用としてはワインの瓶の栓や、野球の硬式球の芯があります。バージンコルク(第一回目の剥ぎ取り樹皮)はワイン栓には使われません。バドミントンのシャトルもコルクが使われています。コルク栓を作った後の端材は、粉砕して成型加工され、フローリング用床材や断熱材など、さまざまな用途に使われます。現在は、特に住宅用の建材としての利用が伸びています。

コルクの特徴

コルクには樹木特有の優しい特徴があります。それは1立法センチメートルあたり4,200万個という微細な気泡です。この気泡による弾力性が、万が一転倒しても身体に伝わる衝撃を和らげます。そして、滑りにくく歩行感のいい素材なのです。

コルクを床材に使用した時、一般のフローリングのようにヒヤッとする冷たさはありません。保温性が高く、足裏が気持ちよく感じられます。また、表面がベトベトしにくいため、夏場でも快適です。更に、足音や物を落とした衝撃音などの生活雑音をやさしく吸収。ホールや図書館など、特に静けさが求められる空間でも抜群の防振効果を発揮します。特徴は次のようになります。

利点

・一般的な木材よりも弾力性としなやかさを持つため、床材として足に優しい素材
・吸音効果があるので、音が階下や隣に聞こえにくい
・断熱性があるため、フローリングのように表面がヒンヤリしない
・調質作用があり、部屋の快適さを提供してくれる
・天然の抗菌成分「スペリン」を含むためダニやカビの繁殖を防ぎ、清潔に使用できる

コルクの欠点

・湿度変化の大きな部屋の場合、吸湿や乾燥の繰り返しが、タワミが生じることがある
・商品にもよるが、敷き詰め方によって繋ぎ目が目立つこともある
・床暖房の上に敷くのは反りの原因となったり、異常な温度上昇につながるので危険

コルクの主な用途

繰り返しになりますが、コルクは弾力性があり水をほとんど通しません。しかし、わずかに通気性はあり、保温性にも優れています。天然ゴムが広く知られるようになるまで、欧米では緩衝材や密閉材として使われていました。現在では、コルクの用途は多方面に渡り、代表的なワイン瓶の栓をはじめ、オーボエ、クラリネット、ファゴットといった木管楽器の接合部分にもコルクが使われています。

さて、コルクは住宅の内装材としても好評です。長い板状にしたフローリング材、四角いタイル状のコルクタイルは滑りにくく、足裏にも優しい素材です。また、吸音性・防振性にも優れているため、壁や床材としても使われています。断熱材として使用される例も増えてきています。

コルク素材を使って楽しむインテリアやDIY

やはり、コルクと言えば、ワインの瓶に詰められているコルク栓です。専用の栓抜きで引っ張り、”ポン”という音を立てて抜けた時の感触は小気味いいものです。そして、コルクの暖かい手触り、指で押した時の弾力は木の温もりを感じるものです。

一方で、内装材としてのコルク素材をよく目にします。特に床材や壁によく使われています。表面の風合いもバリエーションがあり、お洒落な部屋作りに挑戦できます。歩き感覚も足裏に優しく、疲れません。硬いものが当たっても、クッション性があるのでウッカリ壊してしまうことも少なくなりました。

コルク材が普及する背景には、現場作業の容易さがあります。フローリング材のような厚め材料は業者さんにお願いするとしても、薄めの素材は素人でも裁断できます。四角いコルクタイルであっても、長いシート状のものでも、カッターやハサミで裁断が可能です。好みの色合いや柄を選んでDIYを楽しむのは如何でしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 夫婦仲も順調に!ハートモチーフを使った恋愛運アップインテリア

  2. UV塗装の利点と手入れの注意点

    子育て家族がいつも笑顔でいられる空間

  3. 初めての一人暮らしミニマルスタイルでスタイリッシュなインテリア術…

  4. 塩ビシートを使ったリノベーション方法

    一人暮らしで使える風水インテリア術と和室のコーディネート

  5. すのこを使ったDIYインテリア術

    寝室の運気アップに最適な風水インテリアとOK・NG素材

  6. リノベーションでの照明の選び方

    ダイニングテーブルの風水インテリアと配置

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る