閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  3. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  4. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  5. 空間デザイン資格ランキング
  6. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  7. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  8. 空間デザインを独学で勉強する方法
閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

ゴージャスな部屋にしたい時におすすめのインテリア術5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リノベーションでの照明の選び方

海外でも日本でもゴージャスなインテリアに無くてはならないのがシャンデリアではないかと思います。唯一それが部屋にかかっているだけでゴージャスなイメージが出来上がります。他ではホテルに有りそうなクラッシックなファブリックソファーやレザーソファーでしょうか。ここではシャンデリアを使ったモダンなダイニングスペースやリビングのインテリアコーディネート例を見ていきたいと思います。

シャンデリアも種類はいくつも有りますがゴージャスなイメージでいけばクリスタルのものや真ちゅうのキャンドルタイプなどが良いでしょう。黒のシャンデリア等もモダンでよいですね。

ガラスのテーブルとのコーディネート例

ダイニングテーブルを大きなガラスのテーブルにします。ガラスの天板のダイニングテーブルだけでもモダンなゴージャスインテリアですがさらに黒のアイアン製のシャンデリアはフォルムはモダンですがやはりゴージャスなイメージです。椅子はホテルのダイニングルームに有るような白のファブリックがカバーリングされたものをコーディネートすれば洗練されたモダンなスタイルになります。

白や濃い茶色の円形ダイニングテーブルとのコーディネート例

空間が広く取れるダイニングスペースにぴったりですね。椅子は黒のレザーを使ったダイニングチェアがぴったりです。脚はスチールにすればイタリアのインテリアのようなスタイリッシュさが出ますし木製であれば北欧イメージのようでゴージャスなリビングダイニングのコーディネートとなるでしょう。もちろんテーブルの上には大ぶりの真ちゅうのゴールドが美しいシャンデリアをさげます。

マホガニー等艶のある木製テーブルとのコーディネート例

ここは思い切りクラシックなイメージを取り入れたコーディネートになります。ダイニングチェアはロココイメージも有るような装飾性のあるフレームの椅子を選んでみます。床には織りもののラグをアクセントにしいてマントルピースのコーナーが有れば文句無くクラシックなイタリアやフランスのイメージでゴージャスそのもののインテリアになります。テーブルのセンターの天井からはクリスタルのシャンデリアを下げればさらにゴージャス感が上がります。

窓にカーテンを下げてゴージャスにコーディネートするアイデア

窓枠も装飾性が高いもので床まで開くタイプがイメージ上がりますね。もちろん装飾が無い窓でも布のマジックで豪華に見えます。ゴブラン織りやベルベット等とレースのカーテンの二枚使いで床までたるむ感じにします。ドレープが多いほどゴージャスに見えます。カーテン用のタッセルロープはぜひ付けてほしいものです。

このようにクラシカルなインテリアはゴージャスなイメージになります。そして部屋の棚やテーブルの上には生花のアレンジが数カ所に有ると良いです。また、ARTも欠かせませんね。ただしモダンゴージャスインテリアですからARTはコンテンポラリーなものが良いと思います。現代ARTの作家のオブジェのような陶器や大きめのフラワーベース等は花を生けていなくても置いておくだけで絵になるものが多いので良いですね。このようなスタイルはイタリアやフランスのクラシックなインテリアに多く見られますが普段の生活には中々ハードルが高いものです。でも一点豪華主義やちょっとプチゴージャスなイメージで気軽にインテリアに取り入れることができるシャンデリア風照明も出ていますから一度試してみるには良いアイテムですね。お姫様インテリアに使えそうです。

コレクションボードを活用する

コレクションボードとは、趣味などのコレクションしたアイテムを収納・陳列する飾り戸棚のことです。コレクションしたものを美しく見せるために、ガラス製の扉を使用して店頭にあるショーケースのようなデザインもあります。コレクションとは集めたものという意味で、ボードとは板という意味があります。類義語としてキュリオケースやショーケースがあります。

コレクションボードの主な用途

主にコレクションした趣味の品を、整理して美しく収納・陳列します。趣味で集めた品々を人の目に触れることができるように、リビングやダイニングなどに設置します。

コレクションボードの特徴

コレクションしたものを収納するだけではなく、中が見えるようにガラス扉が使われています。扉だけではなく側面もガラスでできているものもあり、趣味の品々がどこからでもよく見えるようになっている商品もあります。後ろの背面やコレクションを飾る棚もガラスでできているものもあります。背面が鏡面仕上げになって趣味の品を反射し、コレクションの後ろ側までよく見ることのできる商品もあります。

多くの扉は開き戸になっていて、取っ手がついているものや、取っ手がなくフラットなデザインで押して開くプッシュ式のものもあります。収納する棚はコレクション品に合わせて高さが変えられるものが多くなります。サイズは背丈以上の大きいものから、小型でコンパクトのものまでさまざまです。商品によってはより美しくディスプレイできるように、天板にダウンライト付きのものもあります。

デメリット

美しく陳列することを目的としているため、あまり多くのものを収納することはできないかもしれません。ただ、コレクションボードの高さや幅のサイズはさまざまなので、コレクションの量によって選ぶことができます。

中のものが丸見えになるので、棚の中をいつもきれいにしておかなければなりません。ガラス扉は指紋が付きやすいので、扉も拭いておく必要があります。ガラス製や鏡面仕上げになっているものは、万が一割れる恐れがあります。商品によっては鏡面ガラスを使用している場合もあります。大型のコレクションボードでガラスが多く使われているものは重量があり、ひとりで移動させることが困難になります。

飾って見せる収納インテリアでゴージャスに

今まで集めたコレクションを美しく飾ることのできる、コレクションボード。ガラスや鏡で陳列したものを眺めることができます。リビングやダイニングなどの人が集まる場所に置けば、注目を浴びることになるでしょう。透明なコレクションボードは棚の中のものを際立たせることができるので、趣味の品の存在感が増します。ダウンライト付きのものなら、夜の暗い中でもはっきりと見せることができます。サイズも小型から大型まで、色んな大きさが揃っています。自分のコレクション品に合わせたサイズを選ぶことが可能です。取っ手で大切なコレクション品が見えなくならないように、プッシュ式や上部に小さなつまみを取り付けたものなど、細部まで配慮させています。

日々の生活の中に、優雅にご自身の趣味に浸れる、そんな空間を提供してくれるコレクションボード。たくさん集めたものがあるのでしたら、ぜひ大切なコレクションを美しく品のあるディスプレイしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 一人暮らし女子におすすすめモロッコスタイルのインテリア術と購入方…

  2. 空間に使う間接照明のメリット

  3. kukan

    魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」

  4. 白と黒のバイカラーで北欧スタイルのキッチンコーディネート術

  5. 使える流木のポイントは水へ沈むこと

  6. kukan

    キュートなアイテムを使って、お子さんと一緒に楽しくお掃除してみま…

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る