閉じる
  1. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. 空間デザインを独学で勉強する方法
  4. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  5. 空間デザイン資格ランキング
  6. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  7. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  8. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

スプレーで家具の色を塗り替えるときに必要な物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
風合いに変化を付けるオイルステインのインテリア術

デザインが気に入った家具を見つけても、実際に配置したときその色が部屋とマッチしていなかったということはないでしょうか。家具の色は変えることができます。方法はいくつかありますが、ひとつはスプレーを使った塗装です。家具の色を変えて気分を変えることも、様々なカラーバリエーションで飽きることなく楽しむこともできます。これを実践するためには何が必要なのか紹介していきましょう。

塗装を始める前に準備する物

スプレー

もちろん塗装をするためにスプレーが必要です。色は目的の物を選び、塗料も好みや用途に応じて選んでいきましょう。塗料の種類には4つあり、水性・油性・ウレタン・ラッカーがあります。水性や油性については一般的なインクなどと特性は似ています。ラッカー塗料は耐久性の強い表面にすることができ乾燥時間が短いことも特徴です。ウレタン塗料は乾燥時間が長いものの熱に強く艶も出しやすいという特徴があります。

マスキングテープ

テープは、塗装したくない場所に塗料が付着しないように使います。ペンや筆で色を塗る時と違い、スプレーでは噴射させて塗るため距離感や濃さの調節が慣れるまで難しいかもしれません。想定していた場所と違う場所に少し色がついてしまうこともあるでしょう。マスキングテープなどであらかじめ覆っていればその部分には一切塗料が付くことなく安心して作業を進められます。

手袋

スプレーが手についてしまうとなかなか取れません。また皮膚には悪影響のため手袋をすることが基本になります。油性塗料のように非常に落ちにくい塗料もあり、もし体の一部に付着した場合にはすぐ洗い流すようにしましょう。

マスク

スプレーを使うとシンナー等の臭いがきつく、過剰に吸うと健康に害を及ぼします。そのため手袋と同様、作業時には着用が必要です。

古紙など

こちらは床や地面に色がつかないようにするためです。新聞紙や広告のチラシなどどのようなものでもかまいません。一枚で面積の大きな紙があると準備も片付けも楽に済ませられます。

その他あると便利な物

簡単にスプレー塗装をする場合には以上の物を準備すれば作業を始められますが、もう少し本格的にする場合、エアーダストや下塗りスプレー、サンドペーパーなどがあると便利です。いずれも余計なものを取り除いてムラのない仕上がりを補助してくれるアイテムです。下塗りスプレーはサンドペーパーと目的は似ています。表面の凹凸を埋めることで上塗りするスプレーのムラを防ぐことができます。

スプレー使用時の注意点

スプレーを使った塗装では空気中に塗料が飛散するということを覚えておきましょう。狙っていない場所に色がついてしまうこともあり、室内で行う場合には特に注意が必要です。きつい臭いも広がるため、換気は必須です。また、キレイに塗装するためにはあらかじめしかりと家具を掃除しておきましょう。汚れが付いていた部分には色がつきません。

安価でどこでも手に入る

家具をスプレーで塗り替えたことのある人はそれほどいないかと思います。しかしこうして必要な物を挙げてみると準備も大変でないことが分かります。スプレーやその他の物も全てホームセンターなどで購入可能です。一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. インテリアのための色の組み合わせ7選

  2. エナメル塗装のメリットとデメリット

    照明のPSE記号とは?ない物はフェイク?

  3. ダイニングボードを使ったインテリア収納

    壁に使用できる素材の色や特徴

  4. kukan

    インテリア関係の資格取得を目指している方へオススメの資格

  5. トイレと洗面所の風水インテリア術OK・NG集

  6. 緑のインテリアが与える様々な効果

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る