閉じる
  1. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  2. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. 空間デザイン資格ランキング
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 空間デザインを独学で勉強する方法
  8. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる
  1. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  2. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  3. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  4. 空間デザイン資格ランキング
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

トイレで金運と健康運を上げる風水インテリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風水では気の流れと蓄えを良くするために、その部屋の用途に合ったインテリアの配置や色の選び方が決まっています。例えば玄関は気が流れ込む場所として最初に対処すべき場所と言われています。気を呼び込みやすいよう照明で明るくすることが大事になります。他には寝室ならベッドの向きを北向きにすることや、陽の力が強いテレビの向きへの注意、鏡などで寝姿が反射しないようにすることが大切です。これらと同様にトイレにも独自の風水があります。

トイレでもまずは掃除

玄関や寝室、リビングなど、どの場所でも風水では掃除が重要です。これはトイレにも言えることで、特に便器の目に見えにくい場所には汚れがたまりやすく小まめに掃除をするよう習慣づけることが大切です。便器だけでなく、タンクの中や床、部屋の壁についても綺麗な状態を維持しましょう。

トイレは「水の気」が多い場所

風水での「気」にはいくつかの分け方ができます。一つは陰と陽です。風水ではこれらのバランスが重要とされ、トイレのような水気のある場所、湿気のある場所には陰の気が集まりやすくバランスが崩れやすくなっています。また五行説によって気の種類を分けたとき、「水の気」がトイレには多いとされています。バランスの良さを重視する風水では、すでに水の気が多いトイレにさらに水の気を増やすようなインテリアは置かないようにしなくてはなりません。例えばガラス製のインテリアや、水中の生き物をデザインしたものも避けた方が良いでしょう。水そのものももちろん水の気を持っています。

水の気は床にたまる

トイレに集まりやすい水の気は床にたまりやすいです。そのため水の気がたまった床に直接体が触れるのは良くありません。水の気を体に吸収しすぎてしまうからです。これに対処するにはマットやスリッパを使うようにしましょう。水の気がこれらに吸収されることでバランスの調整に役立ちます。また、便器の中からも悪い気が出てくるため、基本的にトイレの蓋は閉めるようにしましょう。

水の気を抑えるためには土の気が必要

先ほどの五行説によると水の気の他にあと4つ気の種類があります。これらのバランスが重要ということでしたが、水の気がたまり過ぎた場合には土の気を持ってくることで解消できます。土の気は茶色、黄色などのインテリアを使うことで取り入れることができます。トイレカバーやマット、スリッパなどに土の気を発生しやすい色を使うと効果的です。

金の気には火と木の気を取り入れて対応

トイレには水の気に次いで金の気が多くなっています。そしてこの金の気のバランスを保つためには、火の気である赤系の色と木の気である緑系の色を使っていきます。赤の色をしたインテリアでなくても暖色系の照明で代用することも可能です。緑系には観葉植物を置くのが簡単で、効果的でもあります。

トイレのバランスが良いと金運・健康運が上がる

トイレでは水の気が特に偏りやすく、これを解消するために土の気をインテリアで取り込むなどの工夫が必要です。掃除も忘れてはいけません。トイレにおける気のバランスを整えると金運、そして健康運が上がるとされています。まずは簡単にできることから実践してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 構造物を守り人を癒すための壁

  2. 無垢材のインテリア

    パソコン置き場で運気が変わるインテリアと風水

  3. インテリアの正しいカーテンの選び方のポイント

  4. 犬や猫に安全なインテリアのための観葉植物

  5. 風水インテリアにいい植物の鉢選び&サボテンの置き方

  6. リノベーションでの照明の選び方

    ゴージャスな部屋にしたい時におすすめのインテリア術5選

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る