閉じる
  1. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. 空間デザインを独学で勉強する方法
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  8. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる
  1. 空間デザイン資格ランキング
  2. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

パズルを風水インテリアに取り入れる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
玄関のインテリア術

インテリアの一つに、絵画がありますね。みなさんのお宅には、絵画を飾っていますか?絵画は、おしゃれインテリアとしてもおすすめのアイテムとなりますが、絵画と言っても様々なものがあります。風景画や、花の絵画、また、ポスターなどもその一部として大きく、くくられます。中には、ジグソーパズルになっている美しい絵画を飾ってインテリアを楽しんでいる方も多いでしょう。

ジグソーパズルは、子供が知育で使う玩具的な物から、大人が数か月かけて楽しむような大きくて複雑な大作まであり、仕上がった時の充実感や満足度はなかなかのものですね。風水でも、絵を飾るのは良いこととされていますが、これがジグソーパズルとなるとどうなのでしょうか?

風水インテリアとジグソーパズルの関係

ジグソーパズルは、一つの絵を、いくつものピースに分け、それをパズルとして完成させていくものです。ピースの数も、作品によっては、1000ピースや、5000ピースと様々で、ピースが増えていけばいくほど難しく時間がかかります。その分、出来上がった時は、うれしく、達成感を感じる事ができますね。

さて、どこに飾ろうか!と、お考えの方。ちょっと待ってください。実は、風水では、ジグソーパズルは、風水ではNGアイテムなのです。それは、崩れやすく、一つの物がバラバラになってしまうからという理由からです。それを、家の中に飾ると家族がバラバラになりやすいといわれています。特に、玄関に飾るのは避けた方が良いとされています。例え、そのジグソーパズルの絵が、方位にもピッタリのカラーで、家相に良いといわれる絵画だったとしても、やはり、おすすめはできないようです。

ジグソーパズルをインテリア取り入れる方法

先述でも述べましたように、ジグソーパズルを絵画のように家の中に飾る事は、NGとされています。やはり、家族がバラバラになるなんて言われると、お気に入りのパズルでも、飾るのに、少し躊躇してしまいますよね。けれど、家のインテリアにも合わせ、お気に入りのジグソーパズル。数か月もかけて仕上げた方は、なんとも納得がいきませんよね。実際、そんなに安価な物でもありませんし、額だって、わざわざパズルの絵に似合うように選んだはずです。

では、このジグソーパズルを飾るにはどうすればよいのでしょうか?

パズルが、風水に向かないアイテムな理由をまずは検討してみましょう。それは、パズルのピースがバラバラになりやすいことから、家族がバラバラになりまとまらなくなるため。でしたよね?では、バラバラにならないようにすれば良いのです。出来上がったパズルを、付属のノリでしっかりと固定し、パズルが崩れないように仕上げます。そして、ぴったりサイズのパズル用の額に入れ、これもまた緩むことのないようにちゃんと固定をしましょう。こうする事で、バラバラにはならず、一つの絵画として成立することになります。ただ、しばらくの後、もう一度パズルを楽しむことはできなくなりますが・・・。あくまでも、何度かパズルを楽しみたいのであれば、それは絵画ではなくおもちゃの扱いとして、飾るのではなく、使わない時は収納しておくようにしましょう。

ただ、固定をしても、玄関に飾るのだけは、避けましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ガルバリウム鋼板

    西方位のキッチンに最適なインテリアカラーとオープンボードの使い方…

  2. 構造物を守り人を癒すための壁

  3. インテリアART・部屋にお気に入りのアートコーナーを作りたい時の…

  4. 団地のインテリアのコツ

    仕切りのないLDKにあるべきものの選択

  5. 部屋を広く見せるインテリア

    狭い部屋でもインテリアを工夫して広く見せるテクニック6選

  6. kukan

    アンティークな照明スタイルで、ホッとできる空間を

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る