閉じる
  1. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  2. 空間デザインを独学で勉強する方法
  3. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 空間デザイン資格ランキング
  8. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  4. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

パーテーションで運気を整える風水インテリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インテリアで統一感を出す方法

素敵なインテリアは、開放的な事が多いですね。パッと広がる部屋に、明るくまとめられた空間は、誰の目から見ても、印象的なインテリアの一つです。ですが、なかなか、すべてが見渡せるような、開放的な空間を作り出すのは、困難ですね。また、開放的だからと言って、素敵とは限らず、おしゃれなインテリアは、さりげなく、区切られていることが多いのです。広いリビングダイニングも、ソファなどを境に、きちんとスペース配分がされている方がインテリアもしやすく、おしゃれな空間に見えます。

ですが、一人暮らしのワンルームの場合などは、食事をする場所や、眠る場所がすべて一つの部屋にあり、なかなか、区切るのは難しいですよね。玄関を開けると、生活感が丸見えの家庭も同じくです。これは、風水的にもおすすめできません。それは、気の流れに影響してきます。

ここで、活躍するのがパーテーションです。

風水的にも良く、インテリアもアップしてくれるパーテーションに注目してみましょう。

目隠しにも最適なパーテーション

さて、開放的なスペースは、おしゃれなインテリアというイメージが強いのに、パーテーション?と、疑問を持つ方も多いかもしれません。

パーテーションというと、部屋を区切るものですから、単純に目に触れる面積が小さくなり、開放的とは思えないですよね。ただ、これは、パーテーションを使うことによって部屋を区切るだけでなく目隠しに使い部屋を区切る事によって、すっきりと見せてくれる効果も得られるのです。すっきりとした空間は、面積では得られない開放感を視覚的に与えてくれます。

例えば、リビングにおいての、ダイニングとくつろぎのスペース。くつろぎのスペースには、物があふれがちなダイニングが見えにくくなることで、狭くても、空間を活かしたインテリアを楽しむことができます。なぜか、そんなに広くないのに、すっきりと広々とした印象の部屋は、こんな風に区切りをつけることでできていることが多いのです。

パーテーションと一言で言っても、そのものだけではなく、空間を楽しめる格子になったチェストをパーテーション代わりにし、そこに、好みの小物や観葉植物を飾って、空間を区切るのもおしゃれなインテリアの方法の一つですね。

子供部屋の、デスクとベッドの間に、チェストや、カーテンで間仕切りをし、遊びと学びの空間を分けてみるのもおすすめです。

気の流れを良くするパーテーション

なんだか、最近うまくいかないなと思った時には部屋を見渡してみてください。

例えば、光が入りすぎる場所があるとか、玄関から、窓まで、一直線でつながっているなど。風水では、気の流れを大切に考えます。これは、風の流れと同じように、直接、ぶつかってくると、心地の悪いもので、流れないところは、吹き溜まりの様に埃がたまりやすいというのがイメージです。

ですから、ワンルームなどで、玄関を開けると丸見えの場合には、ここにパーテーションを置いたり、光が強く入りすぎる窓のそばには、パーテーションを活かし、光の分散を行います。こうする事で、一直線に入ってきていた「気」全体が対流するようにめぐり、良い気を満たし、悪い気をきちんと流してくれるのです。

子供部屋では、デスクに座った時にドアから一直線に背中が見えるようになっている場合には、ここに、パーテーションを置くことで、子供の集中力が高まります。

インテリアでも、風水でも大活躍のパーテーション。有意義に部屋を区切り、おしゃれなインテリア風水を楽しんでみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. インテリアで統一感を出す方法

    部屋に統一感を出すために知っておきたいインテリア選びのポイント6…

  2. オープンボードを活用したキッチンの収納とインテリア

    キッチン収納のNGな見せる収納とは?風水ポイント4つ

  3. 空間に使う間接照明のメリット

  4. 家の中心で通り道でもあるリビングに置くべきもの

  5. UV塗装の利点と手入れの注意点

    風水のNGインテリアと自然素材を活かしたコーディネート方法

  6. 団地のインテリアのコツ

    仕切りのないLDKにあるべきものの選択

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る