閉じる
  1. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 空間デザインを独学で勉強する方法
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  8. 空間デザイン資格ランキング
閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  3. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  4. 空間デザイン資格ランキング
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

ピンクを使ったインテリアのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピンクを取り入れたモダンなインテリアは近年目に止まります。ピンクは、空間に柔らかいタッチを加える能力を持っていますが、それはまた、現代のインテリアにとってとても興味深い効果のあるカラーとして、伝統的というよりむしろトレンド的なインテリアアレンジとして注目されています。またピンクは女性らしさというイメージに関連付けられる色です。女性用の寝室や、女の子の可愛らしい色味のための単なる色ではありません。ピンクは繊細で素晴らしいものというイメージを呼び起こす色でもあります。現代のインテリアにモダンに、そして効果的にピンクを取り入れる戦略で、ワンランク上の空間に導きましょう。

壁にピンクを取り入れる

まず大量のピンクの配色をインテリアに取り入れる方法として、壁面ペイントがあります。特に、柔らかく白っぽい色合いのピンクを選んだ場合、鮮やかな装飾を加え事で空間が締まります。

ピンクの色味を利用したインテリアの配色計画

ピンクの色のスペクトルは、ピンク系の中でも、紫色に引き寄せられるピンク、黄色のように明るいピンクなど色幅を広げるととても異なるバリエーションになっています。コーラルクラッシックとパステルピンクのようなものは、白と置き換えられることができ、暑い色合いのホットピンクなど、鮮やかにインテリアを彩りたいときに最適です。

組み合わせとコントラスト

ピンクは緑色、黄色、青さらにオレンジの色合いとのコンビネーションが、折衷的な役割を果たしてくれて、色味がぶつかり合わない生活空間を作り出すことが可能です。より多くの色味を使用するとしたら、ピンクは軽やかな色相にしていくと、一緒にスタイリングする色味とうまく共存できます。あまり主張が強いピンク色は、かなり混沌として、騒がしくなります。

ピンクのアクセント

ピンクを空間に取り入れることに抵抗がある場合は、ピンク色を手軽な形で取り入れられるインテリアのアクセントとして使ってみましょう。ピンクのペイントを壁に取り入れるのは、比較的、空間に馴染みやすい色ではありますが、ピンクのソファーやカーテン、アート、花瓶やテーブルなどシンプルでコストがお手頃なものからスタートするのもいいかもしれません。全体の配色計画に完全にコミットしないこと、トレンドが変わることで切り替えが容易なこと、様々な色と混ぜ合わせできる点など、アクセントとしてピンクを使って見ましょう。

ピンクのテーブルトップ

ピンクのテーブルトップも、近年のシーズンで、よく目にするアイテムになりました。明るい空間に爽やかなピンク色のテープルの天板が、柔和なニュアンスを加えます。

バラ色のテキスタイル

テキスタイルにピンクを取り入れてみましょう。ピンクを思わせるソファーで大胆いインテリアアレンジもいいでしょう。ゴールドの入ったメタリックなクッションカバーと合わせてよりモダンに空間を彩ります。

ピンクのデコレーション

ピンクを家のインテリアに取り入れるのは壁のペイントだけではありません。ピンクの色合いに合わせたアクセントの枕、エレガントに配置した素敵なクッション、ピンクをテーマにした壁面アートワークで、新鮮な風を吹き込みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2段ベッドのメリットデメリット

    インテリア【青・Blue】の壁から始める海外の子供部屋のように可…

  2. 床の色と家具の色で部屋の印象はコントロールできる

  3. チェストを活用したヨーロッパ風インテリア

    インテリアランプ・ライトの基本とおしゃれデザインのおすすめ

  4. 風水インテリアとして花を飾るおすすめの場所と注意点

  5. インテリアで統一感を出す方法

    本棚のあるインテリア5選

  6. 和モダンな和室の取り入れ方

    和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る