閉じる
  1. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  2. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  3. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  4. 空間デザインを独学で勉強する方法
  5. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  6. 空間デザイン資格ランキング
  7. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  8. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

一時的に増えるものに備えたスペースを持っておく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空間の容量はなんとなく意識していても、ものは一時的に膨らみます。宅配などでまとめ買いしたものを保管するスペースも必要です。つまり何も置かないフリースペースをつくっておくことです。そのためにまずすべきことはものを出さないこと。必要性の低いものは扉や引き出しのなかにしまいましょう。もののフォルムは無数の線となって、見た目にもスペースを圧迫します。デザインの色や文字も同様。これらを収納することで、狭い場合でも予備スペースを手に入れることができます。

増やせる家具を重ね家具する収納技術

一番シンプルなのが単調なデザインの家具を重ね置きすること。例えばカラーボックスはもともと収納家具として使われているもので、上にも横にも重ねることができて便利ですよね。そして、収納を目的としていないインテリア用品でも使い方しだいでは便利な収納スペースになります。例えば、同じローテーブルはいくつか上に重ねることで棚にすることができます。もちろんこれらは最初から増やし、重ねることを前提にデザインされていないので、安全性への対応は欠けています。倒れないように自分で固定する必要があります。しかし、最初から増やし重ねることを目的にしたインテリア用品もあるのです。それはMUJIポリプロピレン収納ラックです。その利点は何といってもコの字型のデザインと向きを逆さにしても積み重ねる設計。単独では2種類の、ふたつを組み合わせれば4種類の使い方ができます。増やすことでスペースの可能性がどんどん膨らみます。連結は4隅全ての穴に専用のジョイントパーツで接続するので上の積み重ねも安心。そして、キャスターを取り付ければ簡単に可動式にも。加えて、ポリプロピレンケース引き出し式・横ワイドシリーズとの積み重ねやスタッキングシェルフに対応した規格になっています。商品は、薄型(縦26×横37×高さ9㎝、耐荷重* 約3㎏)700円、深型(高さ17.5㎝、* 約4㎏)850円、深大型(高さ26㎝、* 約6㎏)1,000円の3タイプを展開。

部屋の境界はどちらからも使える工夫

例えばテレビやオーディオ。これを2つの部屋の境界に、可動式の家具の上に置く。ある時はダイニングで楽しむときに、ある時はリビングで楽しむときに。使わないときは動線を妨げないスペースへ。境界はシーンに応じて動かしやすいインテリアが大切です。空間全体として定位置を決めない工夫をするとよいのは、他にもテーブルやソファがあります。ダイニングテーブルだけでいいのか、別にコーヒーテーブルとソファもいるのかはスペースの確保に影響を与えます。ダイニングテーブルとセットであることが多いチェアはスツールにもなるという利点があります。使ってないときはものを置くことも、チェアどうしを重ねて置いてオブジェにすることもできます。そして、一部のソファはベットとしての機能もあります。必要な時は寝具でもあるのです。工夫が施された空間の中では当たり前に買いそろえるべきインテリア用品は必要なく、どう使うかがポイントなのです。みなさんの空間は、乱雑で不規則なインテリアになっていませんか。1つのものがどのような役割を持っているのかを見直すいい機会になることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 和モダンな和室の取り入れ方

    和室にぴったりのインテリアと風水

  2. 組み立てラックを活用したオリジナルインテリア

    家でもカフェのよう、ダイニングキッチン技ありコーディネート術 

  3. ボックスやバスケットを使った簡単収納インテリア術

  4. 有孔ボードで隙間収納と空間活用

    トイレのインテリアに欠かせない風水の条件

  5. リビングとダイニングのインテリア

    インテリア風水にはイメージが大切

  6. インテリアART・部屋にお気に入りのアートコーナーを作りたい時の…

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る