閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  3. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  4. 空間デザイン資格ランキング
  5. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  6. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. 空間デザインを独学で勉強する方法
閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

人とのコミュニケーションが円滑化する動線の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動線には、メインとサブがあります。メインは玄関からリビングやダイニングへの動線で、生活の主となるもので訪れた人を案内するときにも利用します。サブはキッチン、浴室、洗面所といった水回りのような家事で利用するラインです。暮らしやすい動線を狙ったインテリアは、人が集まりやすくコミュニケーションも取りやすいものです。そして効率的な掃除を助けます。

さりげなく家族がいつもつながる動線

家族が一緒にいられる時間は意外に短いものです。それぞれが忙しくて行動時間や趣味が多様でも家族はつながっていたいもの。さりげなく家族が集まってくる居心地のよいリビングや、帰宅や外出が簡単に確認できる玄関から階段までの動線やインテリアは大切です。例えば、住む人と顔を合わせる頻度を増やせるように、玄関から階段への移動にリビングの経由が必要な動線や、リビングから玄関の様子が把握できるインテリアを組むことができます。そしてリビングには空気清浄機を置きましょう。みんなが集まるところだからいつも清潔に。HEPAフィルターのサポートがポイント!

だれでも効率のよい家事ができる動線

食品は調理する、衣類は洗濯して干しアイロンをかけて収納する、日用品は季節に応じて収納する、といった生きるために必要な動作はできるだけ楽にしたいもの。思わぬ日々のストレスを抱えないためにも、家事にかかわる動線は短くそして無駄なく設定することがポイント!例えばキッチンと洗濯スペースの併設や収納スペースの確保です。空間での作業は、短い距離そして同時進行を実現させましょう。

すぐにきれいな空気が入る動線

家の中の空気は人が快適に暮らすために必要なポイント!きれいな空気を効率よく循環させられる家は、湿度も低く微生物の増殖も防ぎ、においもなくさわやかに暮らせます。少し難しくなりますがきれいな空気とは、浮遊粉じん(粒径10µm以下のもの)の量を指標にすれば空気1m3につき0.15mg以下(建築物環境衛生管理基準)を達成していることです。フィルターで除去できる花粉やPM2.5はとは違い、より小さいウイルスには対策の発展が必要です。きれいな空気は健康上もちろん、室内での洗濯物干しや家屋を湿度や悪臭成分から守るために必要です。空間の空気を清潔に保つためには換気とろ過が大切です。換気は空間の空気をいったん外に出して、新たに外の空気を入れることです。換気には窓を開けて行う方法と機械や自然の力を利用して行う24時間換気という2つの方法があります。窓を用いる場合、2か所以上を開放して風の通り道を作ることができれば素早くできます。そして、24時間換気は窓を開けなくてもよいため天気や気温に関係なく、安定して空気を入れ替えることができます。24時間換気にはHEPAフィルターという微粒子も取り除くことのできる高性能なフィルターが使用されています。空気をすぐに十分に清浄化できる空間づくり。それは健康的で人も集まりやすく、家事も気兼ねなくできます。住む人とってはコミュニケーションを築く機会が増加します。空間を流れる空気の動線も視野に入れて、インテリアを見直してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 一人暮らしの人におすすめなキッチン雑貨と椅子

  2. ガルバリウム鋼板

    冷蔵庫の上にレンジはNG?!キッチンスペースの風水インテリア術

  3. インテリアに欠かせないチェアから受ける風水効果

  4. インテリアART・部屋にお気に入りのアートコーナーを作りたい時の…

  5. 団地のインテリアのコツ

    仕切りのないLDKにあるべきものの選択

  6. 組み立てラックを活用したオリジナルインテリア

    家でもカフェのよう、ダイニングキッチン技ありコーディネート術 

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る