閉じる
  1. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  6. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  7. 空間デザインを独学で勉強する方法
  8. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
閉じる
  1. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  2. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

人気の透明なアクリル家具5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリアで最近よく使われているのはポリカツインやツインカーボなどのポリカボネート中空板。デザイン的な特徴から商業施設の間仕切りや家具に断熱性の高さから、天井採光材料として用いられます。その形状は様々。色は、クリア、乳半、ブロンズ、ブルー、ブリーンなどがあり、光の当たり方で様々な楽しい方があります。軽やかな風通しの良いインテリアスタイルを目指すなら、ガラスやアクリル家具を使用してみましょう。特に小さい部屋では、空間を邪魔しない透過性の性質が好まれ利用されます。部屋をすっきりと見せてくれるシースルー家具の紹介です。

Louis Ghost Chair

Louis Ghost Chair(ルイゴーストチェア)のアクリル家具は世界で最も有名なアクリルチェアと言っても過言ではありません。 フィリップ・スタルクデザインによるルイ15世の時代のデザインをモチーフにデザインにしたデザイン。ポリカーボネートの一体成型により作られたエレガントなバロック様式の椅子です。大きな背もたれと肘掛けもついた象徴的なデザインの世界で最も目立つ透明な家具のひとつです。狭いダイニングスペースなどは特に、アクリルの椅子を使うと、スペースが閉塞的にならずに有効です。白を基調にした明るい透明感のあるインテリアにも圧迫感のない装いがフィットしてモダンでクールな印象になります。まずアクリル家具を導入したいと考えたら、間違いのないデザイン家具でしょう。

TopTop

前述のルイゴーストのアクリル家具の生産で有名なカルテルのダイニングテーブル、トップトップ。ガラス製の天板とアクリル樹脂の4本脚付き、定番の長方形のダイニングターブルです。直線的でシンプルな長方形のダイニングテーブルは、最も好まれる形です。そしてアクリルとガラス天板のオリジナルティア触れるダイニングテーブル。シンプルで余計なものは一切ないエレガントな仕上がり。明るく好き通るようなダイニングシーンに導入したいアイテムです。

Illusion Bookshelf

本が浮いて見えるようなアンソロポロジーのIllusion Bookshelf(イリュージョンブックシェルフ)。

ブックシェルフは、時にスペースの間仕切りにも利用できます。ダイニングやリビングの間に、このアクリル性のブックシェルフは大活躍してくれるでしょう。

Gremio coffee table

湾曲したグレミオのコーヒーテーブルは、その周囲にすぐに消えていくような軽やかさ。 サイドポケットは、雑誌や本を集めるのに最適。空中に浮かんでいるかのように見せます。アクリルのコーヒーテーブルをリビングルームにアクリルのコーヒーテーブルを導入すると部屋の中心が広々と空いてる見え、視界も良好。横長のコーヒーテーブルが欲しいけど、圧迫感が気になるという方にはオススメの家具でしょう。

Illusion side table

テーブルクロスを広げたような柔らかい形のをアクリル樹脂で形取ったアクリルサイドテーブル。リビングルームの片隅におけば、まるで浮いて見えるようなクリアで一味変わったデザインそして機能性も兼ねた実用的なアイテムとして活躍してくれます。少し変わった現代的なデザイン性をインテリアに求めるのなら、アクリル家具は、アイテムとして大活躍してくれます。アクリル樹脂の特性により様々なデザインが可能なので、面白さの幅も広がっています。好みのアクリル家具を探してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 機能性を兼ねた事務所とワークスペースのおしゃれインテリア

  2. リノベーションでの照明の選び方

    観葉植物を使った癒し効果のあるリビングインテリア術

  3. インテリアコーディネーター資格の独学のメリットとデメリット

  4. エナメル塗装のメリットとデメリット

    白熱電球と電球型蛍光灯のデメリットとLEDを使ったインテリアのメ…

  5. オープンボードを活用したキッチンの収納とインテリア

    インテリアデザイナーの仕事と働き方について

  6. 部屋を広く見せるインテリア

    狭い部屋でもインテリアを工夫して広く見せるテクニック6選

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る