閉じる
  1. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  5. 空間デザインを独学で勉強する方法
  6. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  7. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  8. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  3. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  4. 空間デザイン資格ランキング
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

初めての一人暮らしミニマルスタイルでスタイリッシュなインテリア術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近良く耳にするキーワードにミニマルなとかミニマムスタイルがあります。ついつい断捨離への道かなとも思ってしまいますが1つのライフスタイルとしての捉え方の方がインテリアやファッションを考える上ではおしゃれな感じがしてきますね。実際におしゃれに実践している人たちが増えているようです。エコに暮らすことから必要なものだけに囲まれて暮らす。ものをなるべく持たない暮らし。それは質素に暮らすという意味とは違い心地よいものだけに囲まれていたいということです。インテリアを考える上でも通じる事が一杯ありそうですね。ここでは物をなくしていく行程からのスタートではなく暮らしを始める時、インテリアコーディネートの1つのスタイルとしてとらえてみました。ミニマムなインテリアやファッションもトレンドなわけで何だかかっこ良い気もしてきますね。ものが少なくてもこだわりのインテリアで新生活をスタイリッシュにスタートできます。1DK新生活スタートを例としています。

部屋を決める時のコツ

こだわりの厳選アイテムのインテリアをよりスタイリッシュにレイアウトするには色を抑えた白い壁と明るめのフローリングの部屋が良いです。欲を言えば収納力のある部屋、広めのクローゼットが有れば尚良しですね。

絶対に欲しいインテリアを3つだけ選ぶ

3つに厳選する前に低く暮らすのか椅子に座って暮らすのかも決め手の1つです。スタイリッシュな暮らしもテーマの1つである事からやはり椅子は欲しいはずです。椅子とくればデスクかテーブルのどちらかを選びます。そして、3つ目はベッドかソファのどちらかを選びましょう。ソファを選べば布団を使って寝るというこですね。どこのインテリアショップのスタイルが好きなのかに寄ってコーディネートイメージは変わりますがインテリア好きの新生活スタートという事は忘れないでほしいです。そんなわけで間に合わせでインテリアを購入するのはやめておきましょう。いつかいらなくなったら処分すれば良いし、という考えは捨ててください。将来的にゴミを増やさない事も大事です。

明かりを選ぶ

照明器具はなるべくシンプルなものを選びます。シェードは白から生成りがベストです。フロアスタンドをチョイスして天井からの全体照明は無しにしてみるのもおすすめです。その際はぜひとも自分が好きなスタイルのインテリア照明を選んでみてください。長くつき合えるものが良いですね。スタンドタイプは移動も簡単ですからテーブルの脇やソファの横などと今後のインテリアを考える時にも便利です。ミニマルなスタイルでスタイリッシュにコーディネートできます。

窓周りでは

カーテンを選ぶ時はすっきりと自然光をとりこむことにこだわりましょう。白や生成りの自然素材のものがよいですね。1枚の布だけを垂らすだけでもおしゃれです。外から見られる心配が無く自然が借景できるならばカーテンは無しという選択肢も有りです。

ダイニングキッチンでは

使わないときはものを出しておかないようにします。その為には収納が大事になってきますね。キッチン雑貨等はなるべく無彩色なもので最小限必要なものだけを選びます。機能的にも優れたキッチン雑貨はデザインもミニマムなものが多い気がします。無駄な飾りやつなぎ目を無くしたもの等。テーブルの上にだしておいてもすっきりとみえるはずです。前述の収納はものが増えた時に活躍してくれますがミニマルなスタイルの基本としては物がいくべき場所を決める事が大事です。有るべき所に戻す。新生活スタートの時に食器専用のシェルフは必要無いかもです。デザインの良いしっかりしたバスケット等にいれてシンク上の棚に入れておいても良いでしょう。

いくつかのポイントを見てきましたが好きな物だけの厳選したインテリアを最小限選ぶことは案外難しいのかもしれませんね。しかしきっと将来的には自分だけのこだわりのインテリアをコーディネートする目が養われる事だと思います。どうしても、迷って決められない時は無印のインテリアがスタートには良いかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 整理整頓で運気アップ!今日からできる風水インテリアのポイント

  2. 玄関のインテリア術

    パズルを風水インテリアに取り入れる方法

  3. チェストを活用したヨーロッパ風インテリア

    駆け上がる壁のようにロッククライミング的収納術

  4. オーダー家具を選ぶポイント

    木に包まれた空間のプロデュースに木目シートもあり

  5. kukan

    「タイルステッカー」を使って、気軽にリノベーションしてみませんか…

  6. 南のリビングに最適な風水インテリアとカーテンの選び方のポイント

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る