閉じる
  1. 空間デザイン資格ランキング
  2. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  3. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  6. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  7. 空間デザインを独学で勉強する方法
  8. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる
  1. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

和室にぴったりのインテリアと風水

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
和モダンな和室の取り入れ方

風情のある、日本独特の部屋と言えば、和室。近頃では、すべてフローリングで、和室の無い家が少しずつ増えてきているようですが、和室のある家庭では、フローリングカーペットを敷きつめ、洋室に変えてしまうのではなく、是非、和の心も大切に、インテリアを楽しんでいただきたいものです。

さて、この和室ですが、風水学的には、格が高い部屋として大切にされています。和室のある家は、ない家に比べ格が高いとされています。和室は、どの方位にあっても、凶相にはなりませんが、家の中心にあると、家の運気が上がるとさえ言われています。

では、この和室を、素敵に風水学的に良いインテリアにするにはどうすればよいのでしょうか?

和室のインテリアで気を付けたいポイント

和室は、想像しただけでも落ち着きを感じる空間ですよね。

和室と言えば、畳ですが、畳は、イ草でできており、自然のパワーを大きく取り入れる事ができます。ですから、和室に、じゅうたんを敷き詰めている家庭をよく見かけますが、和室特有のパワーを逃さないためにも、じゅうたんを敷き詰めるのはやめましょう。また、じゅうたんを敷き詰める事によって、湿気がこもり、「陰の気」が増してしまいます。

さらに、和室には押し入れがある事が多いのですが、この押入れも重要なポイント。

押し入れの中には、いろいろなものを詰め込みがちですが、ぎゅうぎゅうに詰め込んだり、どこに何があるのか解らない状態にしておくのはNGです。これも、湿気をこもらせる原因となり、運気を下げますし、格の高い和室のせっかくの運気を逃してしまうからです。

風水学的には、気の流れを重要視します。この気の流れは、風の流れも関係するといっても過言ではありません。ぜひ、風通しのよく、湿気のこもらない邪気のない和室をキープできるように、お手入れしましょう。

和室と相性の良い素材・カラー

和室は、それだけで格の高い部屋ですが、この部屋の運気を上げるには、和室に使われる素材にも注目しなければいけません。

近頃では、小物置きに使うチェストや、テレビ台、ベッドなどにも丈夫なパイプ製の物や、収納に便利な引き出し箪笥にもプラスティック製などがありますが、和室には、是非、自然素材の物をおすすめします。和室には、やはり、木製の家具を置き、もし、障子があれば、人工の破れにくい障子などではなく、和紙を使ってください。便利になった現在では、自然素材よりも勝手の良い人工のものがあふれていますが、和室には、不向きです。インテリアを完成させるうえでも、和の心を大切にしたいですね。

飾る小物も、土でできた陶器や、木の置物、間接照明にもこだわって和紙でできたものなどを活用しましょう。さらに、カラーも、自然をイメージしやすい茶色や、黄色、グリーンなどがおすすめです。落ち着きがあり、統一感が取れるばかりでなく、運気もアップします。

日本独自の文化、和の心を大切に、掛け軸や、生け花を飾ってみるのも良いでしょう。

また、和室は、客間としてだけでなく、寝室としても最適です。

和室にベッドを置いて和のテイストを楽しみながら、素材にもこだわった寝室作りを楽しんでみるのもいいかもしれませんね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 狭小部屋のベットルームアイデア12選

  2. ブルックリンスタイルにコーディネートする為の5つの押さえるべきア…

  3. 圧迫感のある家具の色やその組み合わせについて

  4. 狭い部屋をスッキリ見せるインテリア術と風水ポイント

  5. インテリアGREEN・植物のある暮らしスタイルコーディネート術 …

  6. 団地のインテリアのコツ

    団地や賃貸でもできるカンタン安いDIYリノベーション術

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る