閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 空間デザインを独学で勉強する方法
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  4. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

天井や壁のビニルクロスについてのインテリアのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の住宅環境で最も多用されるビニルクロス。デザインや柄や質感など様々な種類が存在します。
安価でバリエーション豊かなビニルクロスの紹介です。

ビニルクロスの特徴

クロスは、紙、布、ビニルフィルム、天然木のスライス、無機質系材料に紙などで裏打ちした壁装材の総称で、石膏ボードなどの下地材の表面に接着剤を用いて貼り付けられます。仕上げ材として、壁だけでなく天井にも用いられ、日本の住環境に幅広く使用されています。
中でもとりわけ日本の壁紙生産量の9割を占め、最も使用されているのが、このビニルクロスです。
ポリ塩化ビニル樹脂を主原料とし、印刷面、塩ビ樹脂、熱圧着、裏打紙に貼り合わせ、シート状にしたものに紙を裏打ちしたもので、施工性に優れ、水に強く汚れがついても水拭きができ落書きなどがされやすい子供部屋にも向いています。量産に優れているため安価で、施工も短時間ですみます。劣化が比較的早く、クロスを貼り合わせた角の部分が剥がれたり、通気性に劣るため、水分がたまりやすくカビも出来やすいです。使っている過程で、見苦しくなるため、長期間の使用にはあまり適さず、定期的なメンテナンスが必要になるでしょう。

ビニルクロスの種類

エンボス加工やプリント加工、発泡加工などにより、様々な色や柄、風合いのものがあります。また、防火や防カビ、抗菌、消臭、結露防止、帯電防止、X線飛散防止など、追加オプションのあるビニルクロスが開発されているので、選ぶ際に、それらも考慮しながら、各メーカーのサンプルをよく比較検討するといいでしょう。また、環境問題や健康に与える影響から、塩化ビニルの使用を減らしていく流れもあります。有毒ガスを発生しない合成樹脂で作られたものがあります。

ビニルクロスのデザイン種類と使われ方

無垢板や自然素材と違って、だんだんと味が出てくる素材ではないので、貼り替え頻度が高い店舗もしくはオフィスでよく使われる素材でもあります。住宅で使う場合も同じく、時間の変化で劣化していくので、張り替えることを念頭におきながらの使用となるでしょう。幾何学模様、クロコ調、フローラルの花柄エンボス加工、モザイク柄、タイル調、木目調、織物調、左官調などの様々な柄や色味のクロス、があります。基本的に、高級感を出したい、ナチュラルな自然なスタイリングにしたいと言ったインテリアコーディネートにはどちらかというと不向きで、モダンなプラッチックの家具などの無機質なスタイリングには、軽やかなビニルクロスはコーディネート次第ではとてもよく映える素材と言えそうです。手触りや素材感をよく検討して、好みの空間に合わせてコーディネートしていきましょう。
その他ビニルクロスをシーンに合わせたポイント
天井は照明などの光が当たりやすいので、凹凸が目立ちやすく、意外と視線がいく箇所でもあります。ランダムな絵柄で、光が反射しても、空間の妨げにならない騒がしくないような柄が比較的に多く用いられます。壁には表面に細かい素材感があるものがよく使用されます。あまりツルツルとしたフラットな素材を選んでしまうと、天井より手や足など体との接触が多い箇所なので、汚れが目立ちやすくなってしまいます。空間のイメージに合わせて、サンプルを見ながら好みのデザインのクロスを選んでいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 部屋を広く見せるインテリア

    狭い部屋でもインテリアを工夫して広く見せるテクニック6選

  2. 家具をカラーするアレンジ5選

  3. インテリア照明の選び方ポイント

    デザインの素敵な照明を部屋のインテリアに合わせて選ぼう!

  4. シャビーシックとインダストリアルとは?インテリアのポイント解説

  5. 団地のインテリアのコツ

    仕切りのないLDKにあるべきものの選択

  6. ピンクを使ったインテリアのポイント

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る