閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 空間デザインを独学で勉強する方法
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
閉じる
  1. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  4. 空間デザイン資格ランキング
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

子供部屋の床材の考慮点と素材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
志度ボードを活用したインテリアのポイント

子供たちは、大人たちとは違って、時に異様な生き物であり、全く異なるものを必要とします。おしゃぶり、哺乳瓶を卒業した幼児たちが手に持って使う蓋つきのマグカップ、赤ちゃん用の柵など数え出したら、切りがないほどの多くの違いがあります。子供達が必要とする空間には、他の部屋とは異なる配慮すべきポイントがあるのは明らかです。暮らしの環境は必ずしも、静的なものではありません。子供部屋のフローリングについて、家族のための必要とされることを柔軟に見直し、子供の快適さと安全のために子供部屋のニーズを留意しながら、子供たちのためのフローリングについて考えてみましょう。

年齢と考慮点

ハイハイの時期(約6~9ヶ月頃)から、地べたに座りながら遊んだりする年齢(約8~10年頃)の終わりまで、床に関して、子供達は大人たちより密接で、この期間において、特に考慮すべきが点がいくつかあると言えるでしょう。

快適さ

床材の快適さの基準として、暖かさと柔らかさは、それは子供が求めている快適さ以上に、親の快適さです。子供たちと一緒に遊ぶのが好きな親は、冷たくて寒くて硬い石のような床材は、あまり好ましくないと感じることが多いと思います。夢中になって遊んでいる子供たちは、意外に気にしていません。

掃除のしやすさ

子供たちはとにかく散らかす生き物です。子供部屋に高価な床材を投資するのは、勇気のいることです。出来うる限り、掃除のしやすい素材で適用したいものです。

耐久性

傷、くぼみ、落書きなど、ペットを飼育しているのと、同じような懸念事項があります。

騒音

各階のフロアで音が伝わります。静かに落ち着いてリラックスしたい部屋が子供の部屋の下にある場合は、防音対策が重要です。カーペットなどの柔らかい素材を床に適応しましょう。

子供部屋の床の素材各種

 

コルク

コルクフローリングは、ソフトで快適、そして綺麗さを保つのに適しています。快適さと掃除のしやすさ、両方の利便性があります。長時間放って置いてしまうと、シミはコルクに浸透してしまいますが、素早く掃除をすれば、清潔さを保つことが可能です。コルクは、他の素材と比べても比較的安価なものなので、コスト面でも非常に実用的な素材です。一般的に想像されるワインのボトルのコルクの見た目だけでなく、木目調や石畳のようなものなど、インテリアに合わせて工夫できます。ジョイントタイプにすれば、汚れがひどいマットを部分的に変更したり、使い勝手がいいアイテムになってくるでしょう。

カーペット

快適さの満足感は高く、清掃に関しては、低いです。子供と一緒に床で遊ぶのが好きなら、大人にとってとても快適な素材です。ナイロン、ポリエステル、ポリプロピレンのカーペットを利用すると耐久性と耐変色性が高まります。ウールやパイルカーペットはお勧めできません。

ウッド

木材のような硬い床は、ラグを引くインテリアコーディネートに大変いい組み合わせになります。掃除のしやすさに関してもラグならスポットで掃除することが可能です。買い替える場合でも、リスクは少なく抑えられます。何より、ナチュラルで健康的な部屋つくりにはとても好ましい素材です。パインやアカシアやビーチなど、比較的安価で揃えられる木材を選ぶのもいいかもしれません。

ラミネートフローリング

ラミネートの素材の利点は、他の床材にはない柔らかさと衝撃吸収力です。ガラスなどを落とした場合、セラミックはほぼ確実に破損しますが、ラミネートフローリングは衝撃を吸収してくれます。また比較的暖かい床材です。

床暖房の検討

床暖房との組み合わせで、ベストなものは、木製のフローリング、ラミネートのフローリング、ビニルのフローリングです。快適さと暖かさの点において、これらの組み合わせは、両方とも優れています。ストーブなどを設置する必要性がなくなり、火元の安全性が確保できるのが、最大のメリットかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 金運アップのための風水インテリア

    金運アップのための場所別&方角別インテリアコーディネー…

  2. 部屋を広く見せるインテリア

    フレッシュな空気に包まれてさわやかな日々を過ごす

  3. 憧れのホームシアター

  4. チェストを活用したヨーロッパ風インテリア

    インテリアランプ・ライトの基本とおしゃれデザインのおすすめ

  5. インテリアにおすすめの観葉植物

    インテリアに使う突き板の木目の特徴や色味

  6. 子供部屋設置の留意点

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る