閉じる
  1. 空間デザイン資格の徹底比較!
  2. 空間デザインを独学で勉強する方法
閉じる
  1. 空間デザイン資格の徹底比較!
  2. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

子供部屋設置の留意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の成長を健やかに育むために、子供部屋は、寝たり、遊んだり、勉強をしたりするための大切なスペース。また子供時代が人生に及ぼす影響は、本当に大きなものです。日当たり良く健康的な環境が望まれます。子供の成長とともに、部屋のスペースの使い方も、成長に合わせて柔軟に対応していくことも留意しなければいけません。子供部屋は子供にとって大事な場所ですが、あまり充実させすぎて、家族とのコミュニケーションが阻害しないよう注意が必要です。子供部屋設置に関する配慮すべきポイントの紹介です。

開放感のある部屋

子供部屋が玄関から直接入れる場所に配置してしまうと、家族との会話が減りがちです。なるべくリビングやキッチン、両親の寝室など、玄関からダイレクトに出入りできない場所に配置しましょう。家族が気軽に様子を伺えるように、子供部屋のドアは重厚なものではなく、開けやすい解放的なものにします。一般的なドアより、子供がプライバシーを守りたいときにも配慮できる、開いた状態の多い子供部屋は開けた状態でも壁のようになる引き戸だと空間の納まりもよくおすすめです。

子供部屋の最適な広さ

一般的には4から6畳ほどと言われています。あまり子供部屋を充実させてしまうと、家族との団欒の時間が減ったり、引きこもりの原因になります。一般的には、子供部屋は幼児までは親の寝室と共有し、遊び場として使われ、小学生頃までは男女共用、思春期になると性別によって個室を用意し、この頃になると勉強部屋としても使われます。子供のスペースは大切ですが、必ずしも個室の準備をする必要はなく、空間の一角に、作ることも考えられます。成長とともに応じて使われ方も違うので、先を見越して計画しておきましょう。

子供部屋に主に必要な家具と設備

主に子供部屋に必要な家具は、ベッド、クローゼット、本棚、勉強机、おもちゃ入れなどの収納ラックなど。電球色の照明だと穏やかな睡眠を促します。勉強机には白い蛍光灯を、また勉強机の周りにはコンセントなどの配線の配慮も必要です。

子供部屋の間仕切りや収納

成長とともに使われ方が変化する子供部屋は、最初からつくり込みすぎないで、変化に対応できうる余裕を持たせておきましょう。動かすことができない構造壁で、初めから間仕切りしてしまったり、ビルトインの家具などで作らないことです。幼児期は遊び場として子供部屋を使い、小学生頃までは、兄弟一緒に、思春期には、家具やパーテーションなどで空間を分割しましょう。この頃になると、特に勉強部屋としても使われるので、完全に個室にする必要はないですが、集中できる空間つくりに配慮しましょう。独立後は、来客時の寝室や、多目的室、両親の書斎などとして利用も考えられます。

子供部屋に天然木の床材

子供時代は、一生に一度の大切な時間です。なるべく自然なものに触れ合って、健やかに育って欲しいと願うご両親も多いのではないでしょうか。シックハウス症候群などの心配からも軽減される天然木の床材を子供部屋に検討する場合、明るめの色調で柔らかい材質の木、特にパインやビーチなど、子供部屋に天然木は不相応と考えうるコスト面に対しても、ある程度安価で揃えらる材質です。騒音や転倒防止には、ラグを敷いたりして対応しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. オイルフィニッシュのインテリア

    風水インテリアで商売繁盛を狙う方法

  2. 南のリビングに最適な風水インテリアとカーテンの選び方のポイント

  3. 部屋を広く見せるインテリア

    ベースカラーの白とグレーを使ったおすすめインテリアコーディネート…

  4. UV塗装の利点と手入れの注意点

    動線で考えるインテリアの配置方法

  5. 風水インテリアにいい植物の鉢選び&サボテンの置き方

  6. 鬼門の北東対策と陽の気を取り入れるための風水インテリアのポイント…

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザイン資格の徹底比較!
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. ベッドの大きさ別のサイズ表
  3. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  3. 空間デザイン資格の徹底比較!
ページ上部へ戻る