閉じる
  1. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  4. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  5. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  6. 空間デザインを独学で勉強する方法
  7. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  8. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  4. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

家具のカラーコーディネートで知っておきたい色の性質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

室内をコーディネートしていくとき、どのような家具を選ぶかによって印象は変わってきます。さらに家具や壁、天井、床の色によっても感じ方が変わり、組み合わせなども重要になってきます。カラーコーディネートをするためには色が与える心理的な効果や見え方の違いなどを知っておく必要があります。

家具をどんな部屋に置くか

家具の選択の前に室内の状態を把握しておく必要があります。床や壁、天井はベースカラーになる重要なポイントです。ベースカラーは室内の70%ほどを占め、まさにカラーコーディネートにおいてベースとなる色です。壁などはその色を変更することが容易ではないため、元から合わせやすい色であることが多いです。白やベージュ、ライトブラウンのような色が使われることが多いです。しかしここに個性の強い色や濃い色が使われていると、すでにイメージが構成されていることになります。家具の色によっては合わないこともあるので、あらかじめ部屋のベースカラーを把握しておく必要があります。

床と天井の色の組み合わせ

床の色によるイメージ

ベースカラーを決定づける要因として床の色は重要度が高いです。視界にも入りやすい上に、天井などと違って家具と接触することになるため、家具選びの際には相性を考慮していかなければなりません。この床の色に奇抜な色が使われることはほぼありませんが、よくある木目の床でも明るさに違いがあります。そしてその明るさによって視覚的な効果に差が出てきます。例えばライトブラウンのように比較的明るい床の場合、空間を広く感じさせる効果があります。逆にダークブラウンのように暗めの色を使っていると落ち着きのある空間、重厚感のある雰囲気になります。

天井の見え方を変える

床の色だけでなく、さらに壁や天井などの配色によっても印象は変わります。これには相対的な評価が必要となります。床に対して天井が明るい場合には天井が高く見え解放感が出てきます。一方床よりも天井が暗いと低く感じ圧迫感が出てきますが、寝室のように落ち着きたい部屋には適しています。

色から感じる温度

色は暖色や寒色に該当するものがあります。暖色は温かみを感じる色で、寒色は涼しさを感じる色です。赤やオレンジなどは暖色であり、室内で効果的に暖色を取り入れればくつろぎやすい空間にできます。しかしこれを使いすぎると暑苦しさや狭さを感じることになってしまいます。寒色は赤やグレー、黒などの色です。涼しさと広さを感じさせる特徴がありますが、これも多用すると冷めた空間に見えてしまうことがあります。

家具はアソートカラーとして全体の25%を占める

ここまでで説明したことは基本的にベースカラーに関係することでしたが、暖色・寒色などは家具の色でも共通する知識です。大きな家具の色を統一していたとしても占める割合は全体の25%ほどと言われています。これがアソートカラーです。これに統一性があれば、全体の25%だとしても部屋の印象を大きく変えることができます。そのためには家具に使う色はバラバラに使い過ぎないことが重要です。家具におけるカラーコーディネートでは、ベースカラーとの組み合わせを考えつつ、アソートカラーの統一感も考慮していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. オーダー家具を選ぶポイント

    木に包まれた空間のプロデュースに木目シートもあり

  2. kukan

    線と線を交えた「ワイヤーバスケット」を使って、スッキリとした空間…

  3. インテリア・本好きの人たちの為の収納アイデア

  4. キッチンのナチュラルインテリア

    インテリアの配置だけで印象を変える方法

  5. 風水インテリアにいい植物の鉢選び&サボテンの置き方

  6. ロフトベッドと3段ベッド

    カッティングシートで家具の色を変える際の注意点や使い方

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る