閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  3. 空間デザインを独学で勉強する方法
  4. 空間デザイン資格ランキング
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  7. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  8. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
閉じる
  1. 空間デザイン資格ランキング
  2. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  3. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  4. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

家具の色を揃えて部屋を簡単コーディネート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オイルフィニッシュのインテリア

おしゃれな部屋にしたいと思っても上手くいかず、まるで継ぎはぎをしたかのような部屋になってしまったことはないでしょうか。家具やインテリアの一つ一つがおしゃれなデザインをしていても統一感がなければ部屋全体として良い印象にするのは難しいです。そこで、デザインについてあまり知らない人でも簡単に部屋をコーディネートする方法があります。それは家具の色を統一しておくということです。部屋にある家具の色を覚えておくだけで簡単に家具選びができます。

部屋にある色はすべて揃える必要があるか

家具の色を揃えるだけで部屋のコーディネートが可能ですが、必ずしも色を揃えないと上手くいかないわけでもありません。特に床や壁の色はほとんど変えることができないため家具とは異なる色になるのが通常です。逆にこれらの組み合わせをバランスよく整えることで印象を操作することもできます。

同じ素材のものには同じ色を使おう

家具の場合、素材に木が使われていることが多いかと思います。テーブルやイス、本棚からタンスまで多くの場合木が用いられています。このように、同じ素材の家具に対して同じ色を使うことで統一感がさらに上がります。とてもおしゃれに見せることができおすすめです。家具を購入するときに、同じメーカーに絞って選んでいくことで同じ色で揃えることが簡単にできます。

色の明るさで変わる印象

家具のすべてを同じ色に揃えるということは最初の色選びが重要になります。色を揃えるだけで統一感やおしゃれさを作ることはできますが、色の明るさによってある程度の印象が決まってしまいます。例えば木を素材にした家具の場合、ナチュラル・ミディアムブラウン・ダークブラウンといった色がよく使われます。色の系統としてはそれほど違ったものではありませんが、これらは明るさが段階的に異なります。ナチュラルの家具で揃えた場合部屋全体が明るくなるという特徴があります。壁の色もナチュラルの場合さらに明るい印象となり解放感が出てきます。ミディアムブラウンやダークブラウンの壁や床であっても、家具の全てをナチュラルに統一していれば明るい印象を保持できます。逆にダークブラウンの家具で揃えるとコントラストができ、家具を目立たせることができます。ブラウンの床とも相性が良いです。ダークブラウンの部屋にダークブラウンの家具を揃えた場合にはかなり重厚感が出て、やや圧迫感も出てくるかもしれません。

アクセントを入れてアレンジも可能

家具は簡単に買い直すことができる品物とは言えません。高価なものも多く長期的に使うことが考えられます。部屋全体の統一性を目的に家具を揃えたところ、イメージしていたものと異なった仕上がりになることもあるでしょう。ここで、やり直すことはできなくてもインテリアを使って部屋の印象を調整することが可能です。あえて茶系の色ではなく、系統がまったく異なる色を入れることでアクセントを付けます。ランプやラグ、クッションなどでもかまいません。まずは色の持つ印象を理解し、使う色を決めて家具の色を統一、そして最後にアクセントを意識して取り入れれば簡単にコーディネートができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 初めての一人暮らしミニマルスタイルでスタイリッシュなインテリア術…

  2. ダボを使った家具

    北欧名作椅子の代表作

  3. 生活感ゼロにするインテリアのゴミ箱活用法

  4. 四畳半に使えるケース別のインテリア配置

  5. 窓周りのカーテンの正しい選び方は?場所に合わせて遮光率を変える

  6. 狭い部屋をスッキリ見せるインテリア術と風水ポイント

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る