閉じる
  1. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  5. 空間デザインを独学で勉強する方法
  6. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  7. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  8. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 空間デザイン資格ランキング
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

家具の配色では組み合わせを考えたカラースキームが大切

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロフトベッドと3段ベッド

カラースキームとは色彩計画とも言い換えられます。家具や室内の配色について、それぞれの色の性質を踏まえ、計画的にコーディネートしていくことを意味します。基本的にはベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーのバランスが重要となり、これらの組み合わせを最適にすることが大切になってきます。

家具の色はアソートカラーに該当

室内を見渡してみると、大きな家具であっても部屋の中で占める割合は意外と少ないことが分かります。家具の存在感はありますが、実際の面積で言えば小さな占有率です。カーテン、ベッド、ソファなど、どれも大きな家具ですが、これら全ての家具を合わせても部屋全体の色のうち25%ほどしか占めていません。この部分をアソートカラーと呼び、家具の主役となる色になります。70%を占めるベースカラーは天井、壁、床などで決定しますが、アイボリーやベージュなど無難な色である場合が多いです。そのため実際のところ部屋のテーマカラーを決めるにはアソートカラーが重要になってきます。家具の配色をするときには統一感を意識するようにしましょう。個性が強すぎるとまとまりにくくなるため、暗すぎる色や鮮やか過ぎる色もおすすめはできません。こうした色を使いたければアクセントカラーとして部分的に取り入れると良いでしょう。

小物でアクセントを付ける

クッションやランプシェードでアクセントになる色を使うケースが多いです。ベースカラーとアソートカラーで部屋のイメージを作り上げ、アクセントカラーでもう少し個性を出すようにします。そのため、アクセントカラーにはベースカラーやアソートカラーと異なる系統の色を使用すると良いでしょう。あまり溶け込み過ぎないようにし、個性的な強い色を入れてみましょう。このアクセントカラーは全体のうち5%ほどしか占めていませんが部屋にメリハリを付けて引き締める効果が期待できます。

色には色相と明度、彩度がある

色は色相、明度、彩度で性質を分けることができます。色相は色合いのことで明度は明るさの度合いを表します。彩度は鮮やかさです。カラースキームでは相性の良い色を使うことが重要で、色相環を使うことでこれを知ることができます。色相環とは色相の近いものを順に円状に並べたもので、向かい合った色が補色と呼ばれます。色相環において向かい合った色は全く性質の異なる色ですが、組み合わせることで互いに引き立てる効果があります。色相環の配置は決まっており、紫には黄緑、オレンジには青といったようにそれぞれに補色も決まっています。

フリーソフトを使えば簡単にシミュレーションが可能

良い組み合わせの色が分かったところで、質感などによって色の感じ方は変わりますし、実際に配置してみないと分からないことも多いと思います。家具も安い買い物ではないため、あらかじめシミュレーションをしてみると良いでしょう。無料で使用できるソフトやアプリなどもあるため、手軽にイメージを確認することができます。3Dで表現できるものも多く、できるだけリアルなシミュレーションができるでしょう。また、効果的な色の組み合わせについて調べる場合も、無料のサービスを探してみると素早くカラーコーディネートができます。色んなツールも使用しながら配色を決めていくと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. リノベーションでの照明の選び方

    リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの…

  2. 自分だけではないから合わせる

  3. 北欧風リビングスタイルポイント5選

  4. 猫を飼っている場合に注意したいインテリアの配置

  5. インテリアに使う紙や布クロスの比較

  6. kukan

    線と線を交えた「ワイヤーバスケット」を使って、スッキリとした空間…

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る