閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  6. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  7. 空間デザインを独学で勉強する方法
  8. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

寝室の風水インテリアは全体の運に影響する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風水における寝室とは、他の部屋にはない特徴を持っています。それは睡眠に関係しています。人は寝ている間に運気をためるとされており、睡眠中にためた運気によって日中の活動を良いものにしています。そのため、寝室の環境が日ごろの活動に影響し、全体的な運に関わってきます。できるだけ寝室の状態を整えて良い気が多く蓄えられるようにしましょう。

広くキレイな寝室が良い

部屋の大きさは変えられるものではありませんが、きれいにすることは可能です。ものが散らからないようにし、小まめに掃除をするようにしましょう。

カーテンで気の流入を調整

窓は、風水によると気の出入りに関係する場所です。ただし時間帯によって入ってくる気が良いものか悪いものかは変わるため、カーテンでこれを調整していくことになります。太陽光の差し込む朝には良い気を入れられるためカーテンはなるべく開けるようにしましょう。しかし夜になってもカーテンを開けていると悪い気が流れ込んでしまいます。暗くなる前にはカーテンを閉めるようにしましょう。

陽と陰を柄で調整

陰と陽のバランスが風水では大切で、カーテンや布団カバーの柄によってこのバランスの調整が可能です。派手な柄は陽の気を持っているためカーテン、ベッド、その他周囲のインテリアに派手な柄のものを使いすぎるとアンバランスとなり運気を下げることになります。どこかで派手な柄を使った場合、別の部分で無地のインテリアを使うなどしてバランスの維持を意識しましょう。

寝室にも明かりが必要

暗い場所には陰の気がたまりやすくなるため特に玄関では照明の明るさが重要になります。寝室では玄関のような明るさを取り込む必要はありませんが、完全な真っ暗にするのはよろしくありません。ほんの少し、フットライトなどを使って小さな明かりをつけておくと良いでしょう。

ベッドは北向きに

北枕は不吉なものというイメージもあるかもしれませんが、風水的にはベッドを北向きにすることで運気の上昇に繋がります。北向きが不可能であっても南向きにならないようにしていれば問題ありません。さらにベッドの材質も関係してきます。無機質な金属製の骨組みをしているタイプではなく、木製のものを選ぶ方が運気を下げなくて済みます。サイズは大きめのものにし、あまり一般的に使われるものではありませんがウォーターベッドは使わない方が無難です。水の気に偏りやすく健康運を下げてしまうからです。

小物で運気を上げる方法

枕元も部屋と同様にキレイにしておくことが重要ですが、貴金属や指輪を置くことで金運を上げることができます。睡眠中の頭からは運気を吸収することが由来しています。そのため別のものとしては花を置き、人間関係や恋愛運を上げることもできます。

ぬいぐるみは生気を奪い取るため置き過ぎない

ベッドにぬいぐるみを置いている人も多いと思います。しかし風水ではぬいぐるみが生気を人から奪うとされているためあまり良いことではありません。ベッドに置いていたとしてもたくさんおかないようにしましょう。

良い気を吸収して翌日の運気に繋げよう

寝室は睡眠という重要な行為をするための部屋です。ここでの気のバランスが全ての運に繋がってくるため、優先的に配置を工夫していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. エナメル塗装のメリットとデメリット

    白熱電球と電球型蛍光灯のデメリットとLEDを使ったインテリアのメ…

  2. 運気を上げる家具の色とは?色に対応した運気を紹介

  3. UV塗装の利点と手入れの注意点

    子育て家族がいつも笑顔でいられる空間

  4. 憧れのホームシアター

  5. インテリアのラグ選びに迷ったら風水で決めてみよう!

  6. 玄関のインテリア術

    インテリアに取り入れたい大理石とアイデア4選

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る