閉じる
  1. 空間デザイン資格ランキング
  2. 空間デザインを独学で勉強する方法
  3. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  6. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  3. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  4. 空間デザイン資格ランキング
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

猫と快適に暮らすインテリア雑貨とおしゃれコーディネート術5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族の一員として犬や猫を迎える人々が増えてきています。人間も動物も心地よく暮らしたい気持ちは同じだと言えるのではないでしょうか。そしてできることならお互い快適に暮らしていきたいはずだと思います。床はどの部屋もフローリングがおすすめです。アクセントにラグを敷くのは良いですね。実際,猫の毛は絨毯等の奥深くまで刺さっている事が多いのです。掃除のしやすさは大事です。ラグ等の掃除はゴム手袋をはめてこすると舞い上がる事もなくうまくとれますよ。ここでは5つのポイントにしぼってみていきます。

猫の食事場所と器を決める

一頭で飼っているのか多頭飼いかによって食事をあげる場所や与え方は猫の性格などを見て決めていきます。水とえさを入れる猫専用の器も出ていますがおすすめは洗いやすい素材である事が一番です。そして傷がつきにくく清潔感が有るステンレスや陶器のボウルです。陶器なら好きな柄やインテリアに合う色等を選べます。大きめのトレーに載せてあげるとよいです。思わぬこぼしたり、ドライフーズのかけらが散るのです。

猫のトイレと場所を決める

猫は清潔好きです。屋根がついて砂が飛び散らないタイプのトイレが多く出回っています。最近ではカラーも茶色やベージュなど出ていますからインテリアを邪魔する事なく設置できそうですね。砂も飛び散りにくい大きめの形状を選べば肉球に挟まって部屋中に散る事もないです。トイレが広めのお宅ならば人と同じ場所に設置しても良いですよ。排泄したものはすぐにトイレに流せます。ドアの問題は猫専用のドアを付けると解消されます。その場合は屋根無しのトイレを設置すれば猫ものびのびとできそうです。

猫の居場所と寝床を決める

猫は元来、夜行性ですから日中の大半はお気に入りの場所で寝ている事が多いです。ここ数年では猫のベッドや部屋というインテリア雑貨のアイテムとして様々な素材やデザインの物が売られています。籐で編まれたドーム型や猫の形の物などは昔から人気ですが爪研ぎの餌食になってしまいます。フエルト製の穴蔵のようなものは自然素材の温かいカラーがおしゃれです。エスニックでカラフルなジュートや水草で編まれたバスケットを猫用にしても良いですね。また成形された樹脂でできた物等も出ていますから部屋のインテリアに上手にコーディネートしてみましょう。気温に寄って家の中の快適な場所を移動する猫はある時は出窓のところ、ソファーの上やテーブルの上などとお気に入りの場所がいくつか有るものです。それでも一番の落ち着ける場所があればさらに快適に一緒に暮らせるはずです。

爪研ぎスペースを確保する

リビングのソファーは爪がたたない素材がベストです。革張りや合皮は一度爪がたてばあっという間に猫の大のお気に入りになってしまいます。ソファのアームの部分は一番危ないためアーム無しの物にしたりブランケットをかけてしまうのも良いです。まずは爪研ぎのおしゃれな物が多く出ていますからインテリアに合わせてえらびましょう。長く使えるのは木製の物ですがインテリアのデザインでいけば段ボールを何層にも貼りあわせたタイプの三角屋根の家型、ドーム型、S字型などがおすすめです。カラーも段ボールの色のみのナチュラルなイメージやホワイト、ブラックとあります。リビングに置いておけばオブジェの様です。壁紙は爪がたたない素材がメーカーから出ていますからそれを選ぶか爪研ぎを防ぐ透明のシートを貼ると良いです。思い切って腰の高さまでをおしゃれな古材風の板を貼ってしまうのもアイデアのひとつです。

猫の遊べるスペースをおしゃれにコーディネートする

ずっと寝ているようでも猫はかなり活発に動き遊ぶものです。室内だけにいる猫のストレスを解消でき一緒に暮らす人のオシャレなインテリアにもなるアイデアがあります。キャットタワーという商品もありますがそれを置くスペースの確保が難しかったりデザインが今ひとつということ有りますよね。インテリアのテイストに合うオープンシェルフを1台用意しましょう。スタッキングタイプの物ならば部屋のスペースに合わせて階段状に組んでみるのも良いです。猫が通れない箇所には植物のポットを置いたりお気に入りのグッズ等を飾ります。もう1つは壁に取付け用の棚板を飛び移れる高さに少しずつずらして固定すれば猫専用のキャットウォークができます。また壁面のインテリアにもなるように素材やカラーもおしゃれにコーディネートしてみます。というわけで大好きな猫の為にインテリアをあきらめるのではなくおしゃれに楽しんでしまうことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 生活感ゼロにするインテリアのゴミ箱活用法

  2. リノベーションでの照明の選び方

    リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの…

  3. 使える流木のポイントは水へ沈むこと

  4. NGキッチンを解消する風水を活かした清潔感のあるキッチンインテリ…

  5. 風水から得る紫色のパワーを取り入れたインテリア

  6. インテリアART・部屋にお気に入りのアートコーナーを作りたい時の…

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る