閉じる
  1. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  2. 空間デザインを独学で勉強する方法
  3. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  6. 空間デザイン資格ランキング
  7. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  8. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
閉じる
  1. 空間デザイン資格ランキング
  2. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  3. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

猫を飼っている場合に注意したいインテリアの配置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫を飼っている環境では、そうでない場合と同じようにインテリアを配置することができません。それには色んな理由があります。インテリアの選び方も重要で、猫と飼い主が快適に過ごせるように工夫する必要があります。

猫の生態を理解する

猫は犬ほど飼い主に依存せず自由に行動する習性があります。同じ種類でも活動的な性格の猫から大人しいものまで様々です。しかしいずれにしても運動不足や狭さを感じる空間だとストレスが溜まってしまいます。猫を飼うのであればできるだけ二部屋以上があること、そして運動ができるよう高低差のある専用の器具かインテリア必要です。部屋数が足りない場合には仕切りを付け足すなどして、猫のプライベート空間を確保してあげましょう。

爪とぎ対策は万全に

猫を飼っていると爪で色んな場所が傷つけられます。そのため賃貸であれば特に注意が必要です。床や壁が傷つきにくい材質であることが大切です。また爪とぎを決まった場所でさせるようにしましょう。ペットショップに爪とぎ用のアイテムが売られているので、好みに合わせたものを選びましょう。また、部屋に配置して違和感のないデザインかどうかも考えて選びましょう。他にはカーテンも要注意です。強い素材のカーテンもありますが、猫を飼っている人向けに作られた専用のカーテンも販売されており、防臭加工などもされており飼育しやすい環境作りのためには取り入れたいアイテムです。

高さのあるインテリア

通常はペットショップでキャットタワーを購入することになります。運動ができる上に、高い場所を好む猫にとって居心地の良い場所を提供することができます。しかし、部屋のデザインにもこだわりたい場合、部屋の雰囲気を壊さないようなタワーが見つからないことも考えられます。その場合、似た形状で高さのあるインテリアを購入すると良いでしょう。ただし、安全性などに配慮し転倒の恐れがないものを選ばなくてはなりません。

もろく不安定なインテリアを置かない

少し触るだけで倒れたり落下したりするインテリアは猫のいる環境では避けた方が良いです。猫は色んな場所を飛び回って遊びます。このとき、直接上に乗ることがなくても尻尾や体の一部が接触して破壊されることも珍しくありません。ガラス製のインテリアではおしゃれなものも多いので配置したくなるところですが、ケガをする危険性もあるので、できれば別の素材を選ぶようにしましょう。または多少の事ではびくともしない安定性の優れたインテリアを選ぶと良いでしょう。

家を建てる前であれば工夫しやすい

もしもこれから家を建てる予定があるなら、猫の遊びやすい構造にしてあげるとその後追加で購入する物も減って楽です。壁に猫が登れるような突起を付けることや、柱をキャットタワーのようにしてもらうこともできます。別途購入する必要がなくなるだけでなく、自分の好きなデザインに注文してインテリアのように見せることも可能です。

猫にとっての快適さとデザイン性のバランスを保つ

ペットショップで売られているような専用のものでなくても、インテリアで代用できる場合があります。猫が快適に生活できる空間を作りと、人から見たデザイン性の良さを兼ね備えた部屋作りのために、用途の兼ねることのできるインテリアを探してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ボックスやバスケットを使った簡単収納インテリア術

  2. インテリアに使う紙や布クロスの比較

  3. インテリア・本好きの人たちの為の収納アイデア

  4. 恋愛運アップに最適な風水インテリアのポイントとNG例

  5. 風水インテリアとして花を飾るおすすめの場所と注意点

  6. 風水から見るインテリア!玄関でNGな置物7選

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る