閉じる
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  3. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  6. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  7. 空間デザイン資格ランキング
  8. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

白熱電球と電球型蛍光灯のデメリットとLEDを使ったインテリアのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エナメル塗装のメリットとデメリット

人の暮らしにとって欠かせないのが光。昼は太陽光だけでも作業をすることができますが、夜間は照明が必要。照明の主となるのが電球。現在の電球の基盤となっているのがジョゼフ・スワンが発明し、実用化を手掛けた白熱電球です。ジョセフ・スワンはガラス球の中のフィラメントのジュール熱の輻射を利用してフィラメント型の電球を見出したのです。ジョゼフ・スワンが発明した白熱電球は安全性と環境への影響を配慮して、現在は生産の終了と電球形蛍光灯やLED電球への切り替えを推奨しています。電球型蛍光灯は白熱電球の産生する二酸化炭素の排出を減らすために改良されました。白熱電球のソケットをそのまま接続に利用できるように設計し、国策にしてまで電球型蛍光灯への移行を進めました。しかしながら蛍光灯に水銀を使用していることでイメージが悪く、白熱電球からLEDへの移行が進んでいます。LED照明は発光ダイオードを使用して、起動に必要な消費電力の抑制を主に開発されたものです。従来のものよりも寿命は長いのは当然であり、青色発光ダイオードが発するブルーライトの眼精疲労や視力低下に与える影響が大きいことが問題となっています。今後は眼の健康障害が増加すると推測されます。

LEDの健康被害って何だろう

2016年にアメリカ医師会が作成したガイダンスによると、そのエネルギー効率から生み出される驚異的な明るさに歓喜し、商品としての特性のみを持ち上げすぎる反面、人の健康に与える影響が軽視されていると注意しています。特に明暗の差が大きくなる夜間や映画館のような暗い場所におけるブルーライトの暴露は視力低下の原因となることを報告しています。強い明るさを求めるときは方向、有効配光角度やシェードを利用した光の分散が必要で一点集中型の光源には不適であることがわかります。予期せぬ眩しさから体を守るブルーライトカット仕様の眼鏡やシートはLED照明の氾濫してしまった現代に必要な商品だと思います。まだお持ちでない人はこの機会にぜひチェックを。

災害対策にLEDをそなえよう

建築基準法は国土交通省が定める、建築物の敷地、構造、設備、用途にかんする最低限の基準です。設備の中の電気設備において、国土交通大臣認定を取得したLED照明を用いた非常用照明器具の販売を許可しています。災害による停電など夜間の突発的な光源の損失には、充電式で水にも強く持ち運べるLED照明が必要です。MUJIのLED持ち運びできるあかりは、やさしい光でお部屋をやわらかく照らす間接照明であると同時に付属のフックが持ち運びを助け、バックパックなど必要な場所にひっかけれるようになっています。約6時間の充電で完全蓄電、直後の連続点灯時間は光源Hi設定で3時間、Low設定で10時間となっています。光源はもちろんLEDで約40,000時間の使用で初期の70%の明るさと、Low設定1日4時間の使用で10,000日(約27年)使用できる光源長寿命になっています。ほとんど一生モノですね。1時間のスリープ機能も付いているので、無駄な消費を心配することはありません。LEDライト付属で全光束は70ルーメン。本体のサイズは縦7.1×横11×高さ27.5㎝、充電器は縦8.2×横11×高2.7㎝で総重量は485g。6,900円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 風水では不可欠な玄関マットを活かしたインテリア

  2. ユニバーサルデザインをイスに

  3. kukan

    線と線を交えた「ワイヤーバスケット」を使って、スッキリとした空間…

  4. 有孔ボードで隙間収納と空間活用

    トイレのインテリアに欠かせない風水の条件

  5. インテリアに欠かせないチェアから受ける風水効果

  6. 家の中心で通り道でもあるリビングに置くべきもの

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る