閉じる
  1. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  2. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  3. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  4. 空間デザインを独学で勉強する方法
  5. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  6. 空間デザイン資格ランキング
  7. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  8. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
閉じる
  1. 空間デザイン資格ランキング
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

空間に使う間接照明のメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

間接照明の役割に対象の局所的な照射と光源の追加があります。前者は、目を使って緻密な作業を必要とする空間に多く、制限のある時間の中で作業をスムーズに進めたり、完成品をよく見せたりと、1点の焦点が決まっている時に必要です。後者は1つに主光源を定めず、より弱い光源を広域に分散させることで、目が最も明るい1つの光源を追う性質を避けるための技術です。間接照明はスポットライトやスタンド、そしてブラケットという壁に設置する照明器具で作られます。スタンドやブラケットは光源であるライトをシェードで囲んでいることが多く、LEDライトの経年劣化を避けるためには熱を逃がす工夫が必要です(白熱電球から電球型蛍光灯そしてLEDへを参照)。目への刺激をやわらげることを目的とした空間光源の再編集は、一般的には寝室などに必要で、快適な睡眠のためにリラックスする香りをまとうことも有効です。MUJIアロマディフューザーシリーズは、ライトをつけるとあかりとしても楽しめ、超音波で発生させたミストが自然な香りを効果的に拡散させるアロマディフューザーです。2段階の明るさ調整機能とタイマー付きなのでやさしい光のつけっぱなしの心配もなく。エコ。超音波うるおいアロマディフューザーは6,900円。超音波アロマディフューザーは4,900円。磁気超音波アロマディフューザーは5,900円。ラインナップ豊富なアロマオイルは別売り。

照度を要する作業環境について

照度を示す指標にルーメン(lm)とルクス(lx)があります。lmは照明器具そのものの明るさを表す単位で、lxは光に照らされた面の明るさを表す単位です。空間に適切な明るさとはどのくらいの照度なのでしょうか。作業環境の照度は労働安全衛生法で定められています。衛生基準、採光および照明、照度の第604条によれば精密な作業を行う環境で300 lx以上、普通の作業で150 lx以上、粗な作業で70 lx以上の照度を基準に定めています。これは常時就業を続ける労働者を守るために事業者に課せられている義務です。そしてJIS照明基準では、空間の用途に応じた推奨照度を定めています。高い照度を必要とする例に病院の手術室があり、1000 lxを基準にしています。その他にも住宅のキッチンは、上記の労働安全衛生法同条で定める精密な作業を行う環境に必要と同じ300 lxが基準で、同じキッチンでもレストランの厨房は500 lxが基準であるとJIS照明基準で示されています。単位がlxであるため、ライトのような照明器具のみならず、照明の方向、壁や寝具の色など光の演出方法にも配慮が必要です。対物ピンポイント!

照度を必要としない空間の演出

たとえば寝室があります。寝室の照度基準は15~30 lx です。すでに設置してある照明が15~30 lmを超えるときは、光の方向を変えれば大丈夫。寝室では睡眠を妨げないように、光源が直接視界に入らないことが大切です。壁面を照らせば光が横へ広がるやわらかい空間を演出できます。そして色も大切。電球色のライトや暖色系のクロスを使って空間全体を暖かみのある色見にコーディネートすればリラックス効果を誘導し、快適な睡眠が得られるはずです。つまり照度を必要としない空間に必要なことは、方向を変えられる天井灯の追加(窓に使うべき3種類の空間デザインテクニックを参照)、天井灯は使わずに間接照明(ブラケットやスタンド)の追加、の2点です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. お部屋の100均インテリアのセリアとダイソーを比較

  2. 一時的に増えるものに備えたスペースを持っておく

  3. kukan

    お部屋の主役でもある「広々ソファ」で、ゆったりとした一時を。

  4. エナメル塗装のメリットとデメリット

    照明のPSE記号とは?ない物はフェイク?

  5. リビングとダイニングのインテリア

    インテリア風水には自分らしいセンスを活かして

  6. キッチンのナチュラルインテリア

    自然素材を活かしたおしゃれなキッチンスペースを演出するポイント

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る