閉じる
  1. 空間デザイン資格ランキング
  2. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  3. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  6. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  7. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  8. 空間デザインを独学で勉強する方法
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

インテリアの色で落ち着く空間つくりをする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋のあらゆる物質には、濃さや薄さ明るさなどの違いがあってもすべて色が付いています。床、壁、天井、そしてインテリアなどのすべてです。床や壁、天井などは基本的に色を変えることができませんが、インテリアは調整ができます。そのためここに使う色を工夫することでその部屋を落ち着く空間にすることも可能です。そこで、どのような色を使うことで落ち着きある空間にできるのか説明していきます。

リラックス効果は青や緑によって得られる

青や水色、紺色には心を落ち着かせる効果があります。睡眠を快適にすることもできるため寝室にはよく使われる色です。清潔感も感じることができるでしょう。寒い印象を与えることもあるので、暖かさの欲しい部屋には多用しないようにしましょう。また、緑も落ち着きある空間作りに効果的です。自然を感じさせやすい色で安らぎの効果もあります。寝室はもちろん、書斎やリビングなど幅広く使いやすいという特徴があります。

赤やオレンジはリラックスとは真逆の効果

逆に赤やオレンジには興奮作用があるため、青、緑とは別の使い方をしていく必要があります。リビングに活気が欲しい場合にはこれらの色を採用しても良いでしょう。食欲増進の効果もあるのでダイニングにも向いています。赤やピンクの場合、刺激が強く疲れやすくなることもあります。オレンジ、橙色も赤に近い効果がありますが、刺激はやや少なめになります。日当たりの悪い部屋など、温かみが欲しい部屋に使っていくのも良いでしょう。

黄色はアクセントとして組み合わせる

黄色、ゴールドといった系統の色は明るい気分にさせてくれます。さらに乾いた印象を与えるので、水周りに積極的に使うと効果的です。これ以外では基本的にワンポイントで取り入れて部屋のアクセントとしての役割があります。

白やグレー、黒などは明るさに応じて使い分ける

白やグレーなどは主張しすぎることなく他のインテリアに使われている色とも調和しやすくなっています。シンプルで組み合わせが簡単です。白やアイボリーなどは特に調和性が良く部屋の壁などに使用されることが多いですが、インテリアでこうした色を使いすぎるとまぶしい印象となり落ち着く部屋にはなりにくいです。明るい色を多く取り入れたい場合には黒も合わせて使用すると良いです。黒は逆に調和しない色と言われていますが、組み合わせにくい色ということではありません。白っぽくふわふわした印象の部屋に黒のインテリアを使うことで空間全体を引き締めることができます。黒を上手く組み合わせていくことでモダンな印象、おしゃれさも作り出すことができます。落ち着きある部屋とも組み合わせて使っていくことが可能で、使い勝手が良い色とも言えます。

面積の大きなインテリアは影響力がある

当然ながら大きなインテリアであるほど視界に入る割合も大きくなります。そのため大きな物の色は重要です。よく目に入るインテリアの色を適当に決めていると、いくら別の小さなインテリアで適切に配色をしても全体の印象を変えることは難しくなります。落ち着きある空間作りには、まず大きなインテリアから配色し、残りの小物で微調整をしていくと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 家の中心で通り道でもあるリビングに置くべきもの

  2. 唐木家具の修理と手入れ方法

    DIY初心者におすすめアイテムがそろうショップとイメージする方法…

  3. UV塗装の利点と手入れの注意点

    風水のNGインテリアと自然素材を活かしたコーディネート方法

  4. キッチンのナチュラルインテリア

    北欧風コーディネートでよく使われる家具の色とは

  5. 志度ボードを活用したインテリアのポイント

    カーテンの柄や色で運気が変わる風水インテリア

  6. MDF素材のメリットとデメリット

    インテリアに使うコルクの種類と特性

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る