閉じる
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  3. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  7. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  8. 空間デザイン資格ランキング
閉じる
  1. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

部屋を広く見せるインテリアと組み立てラックの活用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リビングとダイニングのインテリア

今の住まい、広さは十分だと感じていますか?あと一部屋あれば、もっと収納スペースがあれば、などと思ってはいないでしょうか?
部屋を広く見せるためのインテリアの選び方を知っておけば、これから先、新築や引越しの機会があったときも迷わなくてすみますよ。

床の色は明るい色にする

落ち着いた色の床も重厚感があって素敵なのですが、広く見せることを重要視するのなら、明るい色の床にしたほうが良いでしょう。たいていの住まいは白っぽい天井や壁であることが多いと思います。壁と天井と床の色が違いすぎていないほうが、狭い部屋も開放感のあるように見えてきます。
逆に、落ち着き感を出したい場合に、天井をわざと暗くするということもあります。白い天井と黒い天井を比べた場合、白い天井のほうが10㎝ほど高く見える、とも言われています。

家具の色も明るい色にする

フローリングの色も明るい色にしたら、家具もそれに合わせて明るい色にしたほうが部屋を広く見せることができます。
また、ドアなどの建具の色も、壁に同化するような明るい色にすると、ドアの存在感が薄くなるので部屋が広々とした印象になります。

壁紙を使用するときは、明るい色で柄も小さいものを

白っぽい壁、床、天井が広く見えるということがわかっても、もう少し変化がほしいと思うときもありますよね?インテリアのアクセントとして上手に壁紙を用いればぐっとオシャレに見えてきます。
部屋を広く見せるためには、壁紙は、大きな柄や色のはっきりしたものは避けましょう。どうしてもそのようなものはこちらに迫ってくるように見えてしまうため圧迫感が出てしまうからです。
無地、または明るい色で、柄ものを選ぶなら小さめのものを選ぶのがコツです。

照明は天井、壁を照らす

照明で空間の広がりを作るテクニックもあります。それは、天井面と壁面を明るく照らすという方法です。天井を高く見せる効果があり、開放的な空間になります。賃貸アパートなどで自分の手をあまり加えることができない、という人でも、このテクニックなら気軽に挑戦できそうですね。

四角いテーブルを選ぶ

ダイニングなどに置くテーブルは四角いものを選んだ方が場所をとらなくてすみます。例えば、100㎝の丸いテーブルに4人が座るとしたら、250㎝×250㎝くらいのスペースは必要になってきます。長方形の4人掛けのテーブルなら170㎝×225㎝くらいのスペースがあれば納まるでしょう。四角いテーブルは壁付けすることもできます。キッチンカウンターのようにすることもできますね。

たっぷり収納ができるインテリア家具を選ぶ

部屋に見えているものが少なくなればそれだけでもすっきりと広く見せることができます。そのためには、収納がたっぷりできるインテリア家具を選ぶと良いでしょう。
例えば、収納も兼ね備えた収納型のスツールなどはおススメ。椅子として利用もできれば、収納として利用もできる、こんなにも便利で実用的かつオシャレなアイテムはぜひチェックしておくべきでしょう。
また、ユニット式の畳などもいいですね!畳の下には大きなものも収納できます。
天井まで収納ができるユニット家具なども便利ですよ。

ラックとは整頓・陳列するためにものを立てかけたり、のせたりする棚や台のことをいいます。両サイドに側板を立てその間に棚を取り付けています。または側板ではなく、四隅に立てたポールの間に棚を取り付けたタイプのラックもあります。多くは扉がなくオープンになっています。

ラック(rack)とは、英単語で棚・架・台・枠などの意味があり、類義語にシェルフという言葉があります。

ラックの主な用途

主に小物などさまざまなものを収納します。背面や扉がなくオープンなので、自由に収納し飾ることができます。側板のないものなら、横からも出し入れをすることが可能です。ラックの大きさはさまざまで、設置場所は家のどの場所でも可能です。

ラックには以下のようにさまざまな用途があります。

・洗濯機の上部を有効活用できるランドリーラック

・パソコンやプリンターを収納できるパソコンラック

・テレビやオーディオ機器を収納できるAVラック

・雑誌や本などを収納するマガジンラック

・キッチン用品を収納するキッチンラック

・衣類などをハンガーのまま掛けておけるワードローブラック

ラックの特徴

ポールと棚でできたもの、または側板と棚でできたものがあります。多くは扉と背面がないので、自由に出し入れをすることができます。細々としたものはバスケットやボックスの中に入れて、ラックの棚に収納するとスッキリとします。ポールと棚でできたものは、自由にパーツを選ぶこともできて、お好みのラックに組み立てることができます。背面や扉がない分、ラック自体の圧迫感がありません。スチールラックなどの商品は、重さに耐えられるなどのメリットもあります。

ラック家具のデメリット

ラックはオープンな収納なので、収納したものがよく見えてしまいます。見せたくないものはバスケットやボックスで隠すことができます。自由にパーツを選ぶことができるラックは、バラバラの状態のことが多く、自分で組み立てなければなりません。重量のある組み立ては一人では難しい場合があります。

背面や扉がないので、揺れなどがあったときにものが落下してしまう恐れがあります。スチールラックなどの棚板が網状になっている商品は、小さなものが下に落ちてしまう恐れもありますが、クリアシートなどの付属品またはバスケットやボックスを使用することで対応可能です。

パーツを組み立てて自分だけのオリジナルインテリアを

好きなパーツを組み合わせれば、オリジナルのラックを組み立てることができます。スチール製のラック以外にも木製のラックや、棚板は木製で支えるポール部分はスチール製という製品もあります。スチール製でもシルバーだけでなくさまざまなカラーも出ています。木製のものなら、さらにヴィンテージ風やアジアンテイスト、カントリー風やモダンなど、たくさんのラックがあります。

組み合わせ自由なスチールラックは、バスケットやハンガーポールなどを取り付けられるので、さまざまなシーンに合わせることができます。スチールラックの下部の棚板をなくし、クロスバーを取り付ければデスクなどにもなります。キャスターを取り付ければ、移動させることが簡単になります。キッチンワゴンなどもスチールラックで組み立てることも可能です。

ラックはどこからでも全て見えるので、見せる収納として楽しむことができます。お気に入りのものを飾ったりすることも可能です。バスケットやボックスなども活用して、オシャレな見せる収納を楽しんでみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 窓周りのカーテンの正しい選び方は?場所に合わせて遮光率を変える

  2. 狭い部屋にも使える空間有効活用術

  3. オイルフィニッシュのインテリア

    家具の色を揃えて部屋を簡単コーディネート

  4. トイレで金運と健康運を上げる風水インテリア

  5. 赤ちゃんのためのインテリア!ねんねスペースの配置はどうする?

  6. 吊るしてみる楽しさとアイデアインテリアコーディネート術 

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る