閉じる
  1. 空間デザイン資格ランキング
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 空間デザインを独学で勉強する方法
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  5. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  8. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

鏡とインテリアで部屋を広く見せる配置方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鏡を部屋に置く場合、工夫しだいで何通りもの使い方ができます。通常のインテリアや家具とは違った性質を持っているため、鏡をインテリアの組み合わせに入れるだけで一気にバリエーションが増します。鏡は特に空間を広く見せる効果があります。どのような配置をすることで、具体的にどういった効果が得られるのかなど、解説していきます。

鏡の性質

鏡は光をとても反射し、部屋の中にある物をそのまま映し出す性質を持っています。こうした性質を持ったインテリアは他にありません。さらに鏡は形状や大きさの種類も豊富です。通常、鏡を実用的な用途で使うのであれば立ち鏡として全身が移るようなものが多いでしょう。縦長の形状のものが多く、スタイリングをしやすいようになっています。しかし装飾用として鏡を探してみると色んなものがあることに気が付きます。丸や楕円、正方形から縦長・横長など様々です。さらに顔くらいの大きさのものもあれば上半身が入るほどの大きさのものもあります。これらを部屋の構造や、周囲にあるインテリアと組み合わせて使うことで色んな効果を発揮してきます。

縦置きや横置きは自由にしてかまわない

鏡を使った空間作りは、固定概念にとらわれず柔軟な思考をすることが大切です。購入時に縦置きであった場合縦置きにするものというイメージがついてしまうかもしれません。もしも縦にしないと壁にぶら下げられないようになっていたとしても問題ありません。例えば横向きで壁にかけられなくても床にそのまま置くという選択肢もあります。これは床にスペースがある場合にできる手法であり、床が鏡に反射することで面積が広くなって見えます。基本的には横向きにするほうが部屋を広く見せるという意味では有効的なケースが多いです。

縦置きで奥行があるように見せる

ダイニングテーブルなどのそばに縦置きした鏡を配置することで、テーブルの広さが倍増して見える効果があります。角度によっては周囲の装飾品や食卓に並ぶ人も増えて見えるため賑わいのある空間を演出することができます。同様に大型の鏡を使って部屋自体を増やして見せることも可能です。ベッドも反射で全て映し出せるほどの大きさであれば、特に横置きや縦置きなどこだわる必要はありません。さらに床などの色にも統一感があればもうひとつ部屋があるように見せることもできます。一枚の大きな鏡を持っていることはなかなかないかもしれません。その場合には小型から中型の鏡を並べて組み合わせても同じような効果を得ることができます。整列させず、あえて段差を付けて壁にかければおしゃれ感も出せます。同じ種類の鏡である必要もありません。

鏡は色んな部屋に合わせることができて用途も豊富

紹介したもの以外でも様々な使い方で部屋の見せ方を変えることができます。鏡が手元にある場合はまず色んな方法で試してみると良いでしょう。まず簡単にできることは、縦に置いたり、横に置いたりすることです。次に、壁にかけるのか床に置くのか考えてみましょう。壁にかける場合その高さによって見え方が変わります。多くのインテリアが見える状にすることで派手に見せたり、天井が見えるようにすることですっきりと広い空間に見せたりすることも可能です。色々と工夫してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 部屋を広く見せるインテリア

    フレッシュな空気に包まれてさわやかな日々を過ごす

  2. ダボを使った家具

    北欧名作椅子の代表作

  3. テーブルランプのインテリアポイント5点

  4. 部屋を広く見せるためのインテリアの選び方

  5. 唐木家具の修理と手入れ方法

    インテリアには風水的にも良い時計を置こう!

  6. 団地のインテリアのコツ

    団地や賃貸でもできるカンタン安いDIYリノベーション術

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る