閉じる
  1. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  2. 空間デザインを独学で勉強する方法
  3. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 空間デザイン資格ランキング
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  8. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

風水インテリアでは鏡の配置方法が重要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オーダー家具を選ぶポイント

鏡はかつて特別な器具という扱いを受けていました。そのため神鏡として神社などに祀られていることも多いです。歴史の長い風水でも鏡は特別な存在とされています。使い方に他のインテリアと比べて注意が必要で、置き方によっては良い効果を与えることも悪い効果を与えることもあります。

風水における鏡の持つ気

鏡は光を反射し、太陽光などもすべて跳ね返します。風水で気の種類を表す五行説ではそのうちの一つに「火の気」があります。火は太陽を表しています。最も大きな照明である太陽は陽の気を多く持っています。鏡はこれを映し出すことができるため、太陽と同様に火の気を持っています。そのため陰が強い場所に配置するのが基本的な鏡の配置方法となります。また、良い気を増幅させて悪い気は跳ね返すインテリアとも言われています。とても良い効果の多いインテリアと言えますが、使うとき以外に人の姿が映るような配置にするのは良くありません。

玄関に鏡を使う場合

玄関は家の中の運全体に関係する重要な場所です。明るく、そしてキレイにすることが大切です。ここで鏡を使う場合の注意点をいくつか挙げていきます。まず合わせ鏡にはならないようにしましょう。二つの鏡を面と向かって配置するのは良くありません。気が鏡の間で行き来してしまい流れが滞ってしまいます。また玄関の正面に配置するのも避けましょう。せっかくやってきた良い気を跳ね返してしまいます。これと同じ理由で、玄関にある窓に対して正面に置くのも良くありません。玄関に鏡を使う場合角は丸い物、そして顔の高さに置くようにしましょう。

リビングに鏡を使う場合

玄関の時と同じく、リビングに入って正面に鏡がある状態は良くありません。窓の正面も同様に良くありません。配置する数も一部屋につき一つまでにしましょう。また運気別の効果的な配置方法もあります。例えば西に置くことで金運や恋愛運を上げることができ、南だと才能運を上げることができます。人が映り過ぎないようにし、逆に観葉植物などが映るように配置するのが良いでしょう。

寝室ではカバーをかけておく

睡眠は一日の運気をたくわえる時間です。そのため寝室の持つ風水的な意味は大きく、できるだけ運気のたくわえを邪魔しないようなインテリアの配置にしなくてはなりません。リビングで鏡に人の姿が映り過ぎないようにするのと同じく、寝室では特に寝姿を移さないように注意しましょう。できれば布のカバーをかけるようにし、もしくは向きを変える、鏡を外すなどの対処が必要です。できれば寝室に鏡は置かないことをおすすめします。

鏡は効果が大きい分使い方には配慮が必要

鏡は陽の気を増幅させることができる反面、使い方を間違えると悪い方向に力が働いてしまいます。基本的に合わせ鏡や入り口の正面、窓の正面には置かないことが大切です。他にもきれいに保つことや、割れた場合にはすぐに処分する必要があります。また火の気のバランスを保つために、これを増幅するような火を映す角度はいけません。キッチンにはこうした理由から配置するのが良くないとされています。寝室の場合には特に寝姿は移さないように気を付け、効果的に鏡を置くようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 押さえておきたい5つの基本インテリアスタイルとフリースタイルにお…

  2. インテリアの色とその組み合わせによる心理的効果

  3. チェストを活用したヨーロッパ風インテリア

    インテリアランプ・ライトの基本とおしゃれデザインのおすすめ

  4. 建材のフラッシュ構造の利点

    百均で手に入るおしゃれな風水インテリア&有効ボードを使…

  5. 西方位のトイレに良い風水インテリア

  6. 誰もが一度は憧れるミッドセンチュリーモダンスタイルについて

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る