閉じる
  1. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 空間デザインを独学で勉強する方法
  6. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  7. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  8. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

一人暮らしで使える風水インテリア術と和室のコーディネート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
塩ビシートを使ったリノベーション方法

これから、憧れの一人暮らしを始める方、まずは、賃貸住宅から始める方が大半ですよね。さて、間取りは、どんな間取りでしょうか?まずは、1Kや、1DK、1ルームなどが多いと思いますが、少ない部屋数でも、できるだけ、開放的で、居心地の良い部屋にしたいですよね。

大学入学や、社会人一年生など、初めての一人暮らしをされる方。こんな部屋にしたい!と夢は大きく膨らみますね。新生活を迎える方も、これまでの一人暮らしの部屋をイメチェンする方も、簡単に風水を取り入れて、運気の良い部屋にしてみませんか?

一人暮らしのワンルームはまずは玄関から開運

さて、一人暮らしの部屋のインテリアを行う時には、まず、第一に大切なのは、玄関です。運気の入り口である玄関は、風水的にとても重要な場所になります。

玄関は、広く、そして明るい事が条件です。

まず、簡単なのは、照明の明るさです。照明は、暖かいオレンジ色や、明るい昼白色などありますが、ここは迷わず、昼白色の電球を取り付けましょう。玄関は、良い気を呼び込む場所。明るい事が一番です。次に、広々とした印象が保てるように気を付けます。もともと、1ルームなど、一人暮らし用の間取りは、玄関が狭い事が多いのですが、面積を変えなくても、広く感じさせる方法はあります。そのためには、まずは、靴や傘など玄関周りに置きがちな小物などを、整理整頓し、しっかり収納する事です。

靴の、脱ぎ捨てはさけ、きちんと靴箱に収納します。靴箱が無い場合は、それに代わる棚を設置し、靴が丸見えにならないように、収納しましょう。そして、鏡を設置します。また、玄関マットは、方位にあったものを敷くようにしましょう。できれば、玄関マットは節約せず、良いものを敷きましょう。玄関マットが、玄関から入ってくる良い気を吸収してくれます。

そして、良い香りの玄関に仕上げる事です。風水では、方位やカラーと共に香りも大切。これから恋をしたい人は、フローラル系の香りを柔らかく香らせると恋愛運がアップしますよ。

一人暮らしの運気上昇インテリア

さて、玄関が整ったら、次は室内です。

では、まず今一度玄関に戻り室内を見てみましょう。そこから、窓は見えますか?良くある一人暮らし用の部屋は玄関を開けた正面にベランダや窓がある事が多いのです。これは、玄関から入ってきた気を一直線に流してしまうため、NGです。幸せを逃すばかりでなく、病気にかかりやすくなります。なので、ここに、ついたてになるものを置いて、窓や室内が丸見えになるのを防ぎましょう。できれば、チェストなどを使いしっかりと部屋を仕切るのがおすすめですが、できない場合は、パーテーションや、のれんを使うのも良いでしょう。

次に、ベッドの配置を決めます。おすすめは北枕です。生活が不規則になりがちな一人暮らしでも、しっかり安眠ができる方位です。さらに、ベッドの横に、夜でも優しく灯る明かりを用意しましょう。足元ライトや、間接照明でもいいですね。昼に入ってきた良い気を消すことなく保てます。ここで注意したいのは、入り口から、枕が見える位置に配置されていないか。どうしても北枕に配置すると枕が見えてしまう場合は、やはり、見えない工夫が大切です。また、寝ている姿が鏡に映らないように、ベッドと鏡の位置の確認も忘れずに。さらに、テレビなどの電化製品の側には観葉植物を置きましょう。こうする事で、邪気を吸収してくれます。さて、このように風水インテリアを取り入れることで、運気は上昇していきます。

1K和室の一人暮らしインテリア術

和室といえば畳の部屋になりますが畳をいかしながらインテリアをコーディネートする和モダンなイメージか畳の部屋をまるきり洋風にコーディネートするのか大きくはこの二つに分かれるかと思います。男前インテリアの渋いイメージではどちらも有りですね。3つのライフスタイルを想定して考えてみたいと思います。最初の2つに関しては和のイメージを上手にミックスさせたコーディネートです。3つ目はスタイリッシュなイメージを目指したコーディネートになります。

和室を活かした家具の選び方

基本的には座って生活する和室を生かしつつモダンに暮らしたいコーディネートスタイルです。ベッドは置きますがマットレスだけを置きます。カバーリングは濃いブルー系等にしましょう。デニム生地等インディゴ素材がおすすめです。マットレスを置いた場所の間仕切りには和紙のブラインドやモダンなのれんを下げても良いでしょう。デスクも文机タイプの座って使うものにします。純和風なものよりは少しスタイリッシュなイメージも欲しいのでソファーテーブルでコーディネートしてみます。タンス等は置かずに服等は全て押し入れに収納します。チェストは欲しいですが低めのものを選びます。照明は天井からのペンダント照明で北欧デザインでレ・クリントの波打つ曲線の照明が似合います。照明の高さも低めに設定し部屋全体の大きなアクセントとします。畳は生かし部分的に小さめのラグを敷く程度に抑えておきます。

和室に合う家具の色味

少し大人な男前インテリアがイメージです。黒のTVボードやオーディオ機器ががメインになるインテリアです。家具も落ち着いた濃いめの木製のものを選びます。濃い色のラタン素材のチェストも良いかもしれません。ソファベッドもベースはしっかりした木でできているタイプが良いです。ポイントにエスニックな織のクッションなどを置いてみます。部屋全体のインテリアのアクセントに色が有ると良いでしょう。ラグはキリム等が似合います。少しエスニックテイストがあれば大きめのグリーンがしっくりと似合う部屋になります。チェストの上にはミニチュア盆栽等を置いても良いですね。イサム・ノグチのスツールや照明等がポイントにあるとかなりこだわりの男前インテリアになります。

スタイリッシュな和室コーディネート術

畳の上にアクセントラグを敷きます。毛足が有るタイプもおすすめです。濃いグレーか茶色のファブリックソファを置きます。デイベッドタイプが良いでしょう。窓は濃い茶色の木製ブラインドを下げます。曲線のアームが伸びたスタンド照明を置きます。曲線が有る事によって空間に広がりが産まれます。イームズのロッキングタイプの椅子が有ればスタイリッシュな和モダンなインテリアの出来上がりです。ミッドセンチュリーの家具が何故だか和の空間にぴったりきます。壁にはグラフィカルなアートポスターをかけましょう。ポスターで色をプラスしていくのも良いですしあえてモノトーンなイラスト等もおしゃれになります。

このようにキッチン以外の一部屋だけで暮らす場合の男前インテリアを成功させるコツはどのスタイリングも基本のカラーでまとめていくことです。そこにアクセントでグリーンやファブリックのものが少しだけ有る方がおしゃれな男前インテリアコーディネートが成功しやすい様です。

基本のお掃除と共に、清潔感のある、明るいお部屋を目指してくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 空間の役割が独立して必要なものがふえる

  2. 模様替えで運気アップ!風水インテリアと差し色のポイント

  3. ボックスやバスケットを使った簡単収納インテリア術

  4. インテリアで統一感を出す方法

    参考にしたい、インテリア整理・収納グッズとプチDIYのアイデア

  5. 無垢材のインテリア

    自然素材をそのまま生かした無垢材とは!?

  6. 無垢材のインテリア

    パソコン置き場で運気が変わるインテリアと風水

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る