閉じる
  1. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  4. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  5. 空間デザインを独学で勉強する方法
  6. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  7. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  8. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 空間デザイン資格ランキング
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

風水インテリアを簡単に実践するポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風水とは気の流れを物の配置や色、向きなどから制御する思想のことです。これに従ったインテリアコーディネートをすることによって運気を上げることに繋がると言われています。この風水にはセオリーがあり、全てのインテリアについて実践すると大変ですが、基本を押さえておくだけであればそれほど難しいものではありません。そのため、風水インテリアを実践するためのポイントをいくつか紹介していきます。

基本は掃除

風水インテリアでは部屋による配置方法の違いや色の使い方など、いろいろな実践内容がありますが、どれも共通していることは掃除を怠らないということです。部屋をキレイに保つことが基本であり、他のことが実践できていたとしても掃除が出来ていなければ効果が薄まってしまいます。掃除をすることによって余計なものを取り除き、それによって気の流れが良くなります。

玄関は気が出入りする重要な場所

掃除をこまめにすることで気が流れやすくなります。そこで次に実践するのは玄関です。玄関は気が出入りする場所であるため、各部屋の効果を高めるためにも玄関の状態を良くする必要があります。他にチェックすべきポイントは明るさです。玄関は明るい状態にし、できれば観葉植物を置くと良いでしょう。明るい玄関にすることで良い気が集めやすくなり、室内に流れ込みやすくなる効果があります。観葉植物も空気を清浄する効果によって気を呼び込みやすくなります。

睡眠中に運気を蓄える

人は睡眠中に運気を蓄えるため、寝室の重要度も高いと言えます。掃除が基本であることは変わりないため、物が散乱した状態にはならないように心がけましょう。次にすることはベッドの向きです。大きな家具であるため自由に動かせるとは限りませんが、可能な限りで配置を工夫してみましょう。北向きにするのがベストで、これは金運の上昇にも繋がります。東も良いとされているので、できれば北、そして北向きが無理であれば東から北に向けるようにすると良いでしょう。

滞在時間が長く人も多く集まるリビング

リビングは生活の拠点となる場所でありここに良い気を集めることで家族全員の運気を上げることに繋がります。風水で目指すべきリビングのイメージは暖かさやくつろぐことのできる空間です。圧迫感を出さないようにするためにも背の高いインテリアはあまり置かないか、壁際に配置するようにしましょう。家具の高さを揃えるのも良いとされています。リビングでも明るさが重要です。ランプシェードを部屋の隅など、他の照明によって照らされにくい場所に置きましょう。またテレビは特殊で、強い刺激をもっているため観葉植物を置くことによってこれを緩和します。するとリビング全体のバランスを調整することができます。インテリアの配色も濃い色や暗い色はなるべく避けて、明るいものを選ぶと良いでしょう。

風水では掃除は絶対、玄関から気を呼び込む

風水インテリアを意識する場合、基本となる掃除や玄関の明るさが重要なポイントとなります。気を呼び込み、掃除で気が流れる状態にしておきましょう。明るさも風水では重要となるため、インテリアの配色で明るさを調整することや、間接照明の使用も考えてみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 寝室インテリア風水で子宝に恵まれる

  2. MDF素材のメリットとデメリット

    インテリアに使うコルクの種類と特性

  3. 唐木家具の修理と手入れ方法

    DIY床を変えておしゃれな空間をつくるための素材やアイデアグッズ…

  4. リノベーションでの照明の選び方

    ダイニングテーブルの風水インテリアと配置

  5. 子供部屋設置の留意点

  6. インテリアに使う紙や布クロスの比較

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る