閉じる
  1. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. 空間デザインを独学で勉強する方法
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  6. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  7. 空間デザイン資格ランキング
  8. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
閉じる
  1. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  2. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

1920年代の名作椅子7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
釘を使わない家具の組み立て方

20世紀前半のモダンスタイル、バウハウスやアール・デコそしてエスプリヌーヴォーなどのこの時代のインテリアの動向に影響を与えたデザイナーとその名作椅子の数々。今も名を生産されている時代を超越するその高いデザイン性は、ワンランクアップしたインテリアに欠かせない上質なアイコンになってくれるでしょう。その20年代の代表的な名作椅子の紹介です。

Red and Blue Chair

レッドアンドブルーチェア

オランダの建築家リートフェルト(Gerrit Thomas Rietveld)と言えば、この椅子。真っ赤な背もたれに、鮮やかなブルーの座面。直線と平面だけで構成されている。伝統的な様式や装飾を取り除き、垂直や水平を強調したいく幾何学的な形態や空間の広がりを追求したこの時代の象徴的な作品です。

B3 Wassily

ワシリーチェア

ブロイヤー(Marcel Breuer)はハンガリー生まれの建築家・家具デザイナー。ドイツ国立の学校バウハウスでデザイン教育を受け、機能性と量産化を重視したデザインを目指しました。
自転車のハンドルをヒントにしてデザインされたこの名作椅子。スチールパイプをボルトでつなぎ、座面と背もたれ、肘掛を革張りにした座り心地もいデザインです。

Bibendum Chair

ビバンダムチェア

日本工芸家から漆を学んだアイルランド生まれの漆工芸家、家具・インテリアデザイナーグレイ(Eileen Gray)。丸っこいフォルムはタイヤを積んだイメージは日本ではミシュランと呼ばれるタイヤのキャラクタービバンダムに感化されています。革張りのクッションの中にはゴムが網状に張り巡らせて座り心地のいい椅子。

MR Chair

エムアールチェア

ドイツ人建築家、ローエ( Ludwig Mies van der Rohe)が設計した椅子。三代目バウハウスの好調で、「神は細部に宿る」という格言でも有名。フレームのスチールパイプは繋ぎ目が繋がっており、芸術的にも大変優美なラインを描いています。その形態から座ると弾力があり、機能面でも優れています。

Grand Confort LC2 Club Chair

グランドコンフォール

機能性と美しさを追求した20世紀を代表する建築家コルビジェ( Le Corbusier)。パリを拠点にし、建築設計だけでなく、絵画、彫刻、家具など多方面にわたり作品を作り出した。グランコンフォールは、ペリアンとジャンヌレとの合作。パリのテラスハウス用に作られました。スチールパイプと布張りクッションなどがメインの材料です。フレームに張ったゴムベルトに合計5個のクッションを合わせてできています。

LC4 Chaise Longue

シェーズロング

コルビジェとペリアン、ジャンヌレとの合作シェーズロング。三人のデザイナーの思惑が具現化されて出来上がった名作椅子です。体と椅子の一体感を味わえ、昼寝するのに気持ち良い椅子。

Chaise Sandows

シェーズサンドウズ

パリ生まれの建築家・家具デザイナーエルブスト(Rene Herbst)。スチールパイプ製の椅子をいくつもデザインしており、特に座り心地を良くするために弾力性のあるゴムベルトを多用しました。シェーズサンドウズ (リクライニングラウンジチェア、ゴムベルトの椅子)のラインナップが有名です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2段ベッドのメリットデメリット

    赤ちゃんがいる家庭で注意しておきたいインテリアの配置

  2. オイルフィニッシュのインテリア

    風水インテリアで商売繁盛を狙う方法

  3. インテリアのための中間色の扱いの6項目

  4. 空間を広く見せたいなら低く白く合わせる

  5. ワンルームの風水インテリアで気をつけたいポイント

  6. インテリアGREEN・植物のある暮らしスタイルコーディネート術 …

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る