閉じる
  1. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  5. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  6. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  7. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  8. 空間デザインを独学で勉強する方法
閉じる
  1. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  2. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  3. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  4. 空間デザイン資格ランキング
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

まるでお姫様!天蓋付きキャノピーベッドのインテリア術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kukan

キャノピーベッドとは天蓋のついたベッドのことをいいます。天蓋は天井から吊下げられているものや、独立したポールに布を付けているものもあります。中世ヨーロッパの頃、生活空間と寝る空間を区切るために作られたとされています。天蓋とは、貴人の寝台や王座、祭壇などの上方に設けられた織物のおおいのことをいい、現在ではインテリアとして自宅の部屋のベッドに天蓋を使用しています。

主な用途

主にベッドの上部に天蓋を取り付けて布製でおおいます。天井から吊下げるタイプと4隅にポールを立ててそこに布を取り付けるタイプがあります。布でおおうことにより、ほこりよけや照明を和らげることができます。冬は保温効果があり、夏は虫よけやエアコンの風が直接当たらないなど、キャノピーベッドにはメリットがあります。

キャノピーベッドの特徴

キャノピーベッドは薄いレースなどの布を使用して、ベッドを上からおおいます。ベッドフレームにポールが付いて一体となっており、取り外しのできないタイプもあります。

天井から吊下げられているキャノピーベッドの種類は以下の通りです。

・コロネット型ベッド上方の天井と壁のあたりに取り付け、小さな王冠のような形が特徴。

・エンジェリング型ベッドの真上にあたる天井に取り付けた、天使の輪のような丸い形が特徴。

・プロヴァンス風輪ではなく2~4本の直線レールを布で繋ぎ、たるませている天蓋。

デメリット

キャノピーベッドは洋風なデザインなので、和室など部屋の雰囲気と天蓋が合わない場合は、浮いてしまう恐れがあります。天井に取り付けるタイプは、ネジなどを使用するため天井に穴を開けなければならず、賃貸などでは確認しましょう。ベッドとポールが一体となっているキャノピーベッドは、ポールを取り外すことができない場合が多くなります。

ポールが一体となっているものや、別途ポールを立てるキャノピーベッドは、ポールの高さがあるので意外と大きくなり、部屋に圧迫感を与えます。部屋の大きさとキャノピーベッドのサイズを確認しましょう。ほこりや花粉などをガードしてくれるので、レースカーテンが汚れてしまいますので、こまめに洗濯をしましょう。

まとめ

女性の憧れでもある天蓋付きのキャノピーベッド。部屋の雰囲気やインテリアも、キャノピーベッドに合わせると、貴人やお嬢様の気分を味わうことができます。レースカーテンが透けるので、照明を付けたまま就寝しても優しい光に包まれ、眠りを妨げません。虫よけやほこりよけ、エアコンの風よけや保温効果もあり、デザインだけではなくという実用的でもあります。さまざまな効果を期待できるため、よりよい安眠を得ることができます。

キャノピーベッドはお嬢様気分を味わえるため豪華すぎるというイメージもありますが、現在では派手すぎないシンプルでシックなキャノピーベッドもあります。レースカーテンもホワイト以外にもさまざまなカラーがあり、花柄などデザインも豊富です。子供用のベッドに取り付けても、虫よけやほこりよけにもなり安心です。子供が喜ぶ可愛らしいデザインも販売されています。人間以外にも犬や猫用のキャノピーベッドもあります。

レースカーテンを購入し、好きな飾りでオリジナルのキャノピーベッドを作ることもできます。天蓋を使用しない日中は、カーテンのようにタッセルで留めておくと、圧迫感もなくすっきりと部屋を使うことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. kukan

    ウッドスプリングベッドの寝心地とメリットデメリット

  2. 天然スレートを活用したおしゃれインテリア

    天然スレートを活用したおしゃれインテリア

  3. 2段ベッドのメリットデメリット

    2段ベッドのメリット・デメリット

  4. Pタイルの活用法とメリットデメリット

    Pタイルの活用法とメリットとデメリット

  5. kukan

    プラスチック素材のインテリアグッズのメリットとデメリット

  6. kukan

    ポリエチレン袋の耐性は?料理やインテリアに活用する場合

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る