閉じる
  1. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. 空間デザインを独学で勉強する方法
  5. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  6. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  7. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  8. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

ポケットコイルとボンネルコイルの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kukan

マットレスにはさまざまな種類があり、その中のひとつに「ポケットコイル」という構造があります。ボンネルコイルと並び、よく使われる種類のマットレスです。ボンネルコイルとはバネなどの仕組みが違います。

マットレスの構造は大きく分けて「コイルスプリングマットレス」と「ノンコイルマットレス」があります。コイルスプリングマットレスが一般的に使われているマットレスになり、ポケットコイルもその中に入ります。また、ポケットコイルはマットレスだけではなく、ソファの座面の下にも使われています。

主な用途

主にベッドフレームに厚みのあるマットレスを載せて寝転がります。ポケットコイルはマットレスの構造のひとつで、コイルとは針金やひもなどを螺旋状や渦巻状に巻いたものをいい、マットレスにコイルというバネがいくつも入っていて、そのコイルが寝転がった人の身体を支えてくれます。

ソファの場合は座ったときに、下からコイルで支えてくれます。

ポケットコイルの特徴

コイルというバネ状のものがマットレスの中に何本もあり、コイルのひとつひとつが不織布に包まれています。コイルが独立しているので、寝転がった人の身体に合わせて体圧分散してくれます。コイル同士が繋がっていないので、寝返りなどをうっても一緒に寝ている人に振動が伝わりにくくなります。ソファの場合も、隣に座った人に振動が伝わりにくくなります。

コイルの上には吸収、保温のためにウレタンなどが敷かれています。そのウレタンによっても寝心地が変わるため、低反発ウレタンフォームなどを使用した商品もあります。同じポケットコイルマットレスでも詰め物や硬さ、表生地などによって寝心地も変わってきます。材質やコイルの数もさまざまです。

デメリット

布団を使用していた人がポケットコイルマットレスを初めて使用すると、違和感を感じることがあります。ひとつひとつ独立したコイルのため、ポケットコイルマットレスはボンネルコイルマットレスより価格帯は高額になります。

ポケットコイルは不織布に包まれたコイルがたくさん詰まっているため、湿気が抜けにくく通気性があまりよくありません。ポケットコイルはひとつひとつのコイルが別々に動くため、長い間使っていると同じところのコイルのバネが弱くなります。定期的にマットレスの向きを変えたり、上下を入れ替えるなどの対処をしましょう。

まとめ

ベッドで就寝する場合、マットレスで寝心地が変わってきます。マットレスの中でも高額で、寝心地の良いポケットコイルマットレス。ひとつひとつのコイルが独立して動くため、身体を包み込んでくれます。コイルの数やコイル同線の太さで硬さが変わります。コイルの配列、表生地や詰め物などで値段も変わり、寝心地も変わってきます。

一般的に体重の重い人や体格のいい人は硬めのマットレス、体重が軽い人や華奢な人は柔らかめのマットレスがおすすめとされています。マットレスが合わなければ、寝ていても逆に身体が疲れて、腰への負担もかかってしまうこともあります。メーカーによってポケットコイルに工夫を凝らしていて、さまざまなマットレスを販売しています。数ある中から、それぞれの身体に合ったポケットコイルマットレスが見つかるかもしれません。

ポケットコイルはマットレスだけではなく、ソファの座面の下にも使われています。ふわふわとして座り心地の良いソファになります。ポケットコイルはコイルが独立して動くので、身体に合った寝心地と座り心地で、身体を包み込んでくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. インド綿のインテリア

    インド綿を活用した雰囲気のあるインテリア術

  2. 台輪と支輪の違い

    台輪と支輪の違い

  3. 花崗岩のメリットとデメリット

    花崗岩のメリットとデメリット

  4. kukan

    ウェビングテープの使い方と強度

  5. カップボードのインテリア

    カップボードの使い方とインテリア活用術

  6. ユニット家具のメリット

    ユニット家具のメリット

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る