閉じる
  1. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. 空間デザイン資格ランキング
  6. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. 空間デザインを独学で勉強する方法
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 空間デザイン資格ランキング
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

組み立てて使えるラック家具のメリットとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
組み立てラックを活用したオリジナルインテリア

ラックとは整頓・陳列するためにものを立てかけたり、のせたりする棚や台のことをいいます。両サイドに側板を立てその間に棚を取り付けています。または側板ではなく、四隅に立てたポールの間に棚を取り付けたタイプのラックもあります。多くは扉がなくオープンになっています。

ラック(rack)とは、英単語で棚・架・台・枠などの意味があり、類義語にシェルフという言葉があります。

ラックの主な用途

主に小物などさまざまなものを収納します。背面や扉がなくオープンなので、自由に収納し飾ることができます。側板のないものなら、横からも出し入れをすることが可能です。ラックの大きさはさまざまで、設置場所は家のどの場所でも可能です。

ラックには以下のようにさまざまな用途があります。

・洗濯機の上部を有効活用できるランドリーラック

・パソコンやプリンターを収納できるパソコンラック

・テレビやオーディオ機器を収納できるAVラック

・雑誌や本などを収納するマガジンラック

・キッチン用品を収納するキッチンラック

・衣類などをハンガーのまま掛けておけるワードローブラック

ラックの特徴

ポールと棚でできたもの、または側板と棚でできたものがあります。多くは扉と背面がないので、自由に出し入れをすることができます。細々としたものはバスケットやボックスの中に入れて、ラックの棚に収納するとスッキリとします。ポールと棚でできたものは、自由にパーツを選ぶこともできて、お好みのラックに組み立てることができます。背面や扉がない分、ラック自体の圧迫感がありません。スチールラックなどの商品は、重さに耐えられるなどのメリットもあります。

ラック家具のデメリット

ラックはオープンな収納なので、収納したものがよく見えてしまいます。見せたくないものはバスケットやボックスで隠すことができます。自由にパーツを選ぶことができるラックは、バラバラの状態のことが多く、自分で組み立てなければなりません。重量のある組み立ては一人では難しい場合があります。

背面や扉がないので、揺れなどがあったときにものが落下してしまう恐れがあります。スチールラックなどの棚板が網状になっている商品は、小さなものが下に落ちてしまう恐れもありますが、クリアシートなどの付属品またはバスケットやボックスを使用することで対応可能です。

パーツを組み立てて自分だけのオリジナルインテリアを

好きなパーツを組み合わせれば、オリジナルのラックを組み立てることができます。スチール製のラック以外にも木製のラックや、棚板は木製で支えるポール部分はスチール製という製品もあります。スチール製でもシルバーだけでなくさまざまなカラーも出ています。木製のものなら、さらにヴィンテージ風やアジアンテイスト、カントリー風やモダンなど、たくさんのラックがあります。

組み合わせ自由なスチールラックは、バスケットやハンガーポールなどを取り付けられるので、さまざまなシーンに合わせることができます。スチールラックの下部の棚板をなくし、クロスバーを取り付ければデスクなどにもなります。キャスターを取り付ければ、移動させることが簡単になります。キッチンワゴンなどもスチールラックで組み立てることも可能です。

ラックはどこからでも全て見えるので、見せる収納として楽しむことができます。お気に入りのものを飾ったりすることも可能です。バスケットやボックスなども活用して、オシャレな見せる収納を楽しんでみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 箱物家具の収納使い方

    箱物家具の収納術

  2. ロフトベッドと3段ベッド

    空間を有効に活用するなら?ロフトベッドと3段ベッドの活用術

  3. 釘を使わない家具の組み立て方

    ホゾを使った接合方法

  4. kukan

    ランバーコア構造とは?主な特徴と用途

  5. ダイニングボードを使ったインテリア収納

    ダイニングボードでおしゃれ収納インテリアを目指そう

  6. kukan

    ウォーターベッドとジェルベッドのメリット・デメリット

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る