閉じる
  1. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  2. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  3. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  4. 空間デザイン資格ランキング
  5. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  6. 空間デザインを独学で勉強する方法
  7. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  8. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

ローボードを活用した広く見せるインテリア術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ローボードを活用した広く見せるインテリア

ローボードとは、テレビボードやリビングボードなどの背の低い家具の総称です。「ロー」とは「低い」という意味で、「ボード」とは「板」という意味で、この二つの言葉を組み合わせています。

ローボードの主な用途

テレビボードならテレビを置くことができます。棚にはDVDレコーダーなどのAV機器やDVDディスクなどを収納します。

リビングボードなら本や雑貨、小物などを収納し、天板にはインテリアや電話を置くこともできます。

ローボードの特徴

背の低い家具の総称なので、高さは30cmや45cmや60cmくらい、高くても腰高くらいになります。扉がなくオープンのローボード、開き戸や引き戸タイプの扉、フラップ扉や引き出し式などさまざまです。

テレビボードなら天板部分には重いテレビが置けるように、強度を増しています。テレビボードは部屋のコーナーに置けるように、コーナーの形に沿ったデザインや、上下が分かれて幅を変えることのできる、伸縮性の商品もあります。テレビボードの幅は40cmの小型のものから200cmの大型のものまであり、テレビや部屋に合わせたサイズが揃っています。DVDレコーダーなどのAV機器やゲーム機を収納できるように、棚や天板部分にコードや配線などを通すことのできる穴が開いている商品もあります。

ローボードの底には移動させやすいようにキャスターが付いたものもあります。

ローボードのデメリット

テレビボードはテレビを買い替えた場合、テレビボードとのサイズが合わなくなることもあります。テレビボードが小さくてテレビが大型の場合は、安定感が損なわれ、地震などの揺れで転倒する恐れもあり危険です。逆に、大きいテレビボードに小型のテレビでは、見た目が悪くなることもあります。コーナータイプのテレビボード以外をコーナーに置くと、位置によってはテレビが見にくくなることもあります。ローボードは背の低い収納なので、あまり多くのものを収納できないこともあります。

オープンなテレビボードにDVDレコーダーなどのAV機器を収納した場合、小さな子供などが触ってしまうこともあり、注意が必要です。テレビボードは強度がある反面、重量もあるので、大きいサイズのテレビボードは移動させるのが難しくなります。ローボードの天板に載せられる限界があるので、耐荷重を確認しましょう。

ローボードを使って空間を広く演出

リビングなどの空間に設置するリビングボードや、テレビを置くことのできるテレビボードなど、背の低い家具の意味を持つローボード。背丈が低いので、ソファや床に座ったときでも圧迫感がなく、天板部分が目線の高さになります。

テレビを見るとき目線の高さは30~50cm下になるのが理想と言われています。床に座って見るなら40cmくらいまでの高さのテレビボード、ソファに座ってみるのなら40~50cmくらいの高さ、ダイニングでイスに座って見るのなら50cm以上の高さのテレビボードが見やすいとされています。

テレビを見るときのテレビとの視聴距離は、テレビ画面の高さの3倍とされています。テレビのメーカーにもよりますが、32型のテレビで視聴距離は約120cm、42型で約160cm、50型で約190cm、65型で約240cmと言われています。

テレビの幅よりすこし余裕のあるテレビボードの幅が理想とされています。テレビと同じくらいの幅があれば問題はないのですが、すこし余裕がある方が安定感が増し、テレビとのバランスがよく見えます。

リビングボードには本や雑貨などさまざまなものを収納することができます。ローボードにはさまざまな種類や大きさがあるので、用途や部屋の雰囲気やライフスタイル、テレビのサイズに合わせたローボードを探すことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. kukan

    階段箪笥を活用した日本風インテリア

  2. kukan

    リクライニングベッド(可動ベッド)のメリットとデメリット

  3. 釘を使わない家具の組み立て方

    ホゾを使った接合方法

  4. kukan

    ウォーターベッドとジェルベッドのメリット・デメリット

  5. kukan

    ラバータイルを活用したDIY術

  6. kukan

    収納機能付きベッドの種類と収納方法

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る