閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  5. 空間デザインを独学で勉強する方法
  6. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  7. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  8. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
閉じる
  1. 空間デザイン資格ランキング
  2. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  3. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  4. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

味のあるモルタル壁で理想の家作り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kukan

モルタル(mortar)とは、砂とセメントと水とを練り混ぜて作る建築材料です。普通、セメントと砂を重量比にして1:2 ~1:3の割合にします。ペースト状で塗りやすく、仕上材や目地材、床や壁、梁(はり)など、構造物の調整などに使われます。

かつては日本住宅の外壁材として広く使用されました。しかし、工程が複雑、施工日数が20日前後かかりコスト高であるのと、施工後に亀裂が入りやすいという欠点があります。そのため、大手ハウスメーカーは、標準工法としてモルタル壁の採用を少なくしてきました。反対にサイディングやガルバリウム、タイルなどを標準工法とするハウスメーカーが増えたのです。

モルタルにクラックが生じやすいお話をしましたが、現在ではその教訓から、クラックが発生し難い工法が施されています。モルタルは二層塗りが標準工法ですが、クラック防止のためにナイロンネットを練りこみます。角にはクラック防止用の下地を入れます。更にモルタルが乾いたのちに、漆喰や樹脂塗装を二回以上塗り、モルタル材を保護しています。

モルタルの特徴

モルタルを外壁に用いたとして、その特徴をお話しいたします。モルタル壁はサイディングと違い、左官さんが施工する塗り壁です。サイディングはパネル状の素材を貼っていくので、外壁としての全体形状に多少の制約があります。しかし、モルタルは塗り壁ですから、どんな形のものでも自由に塗ることができます。また、モルタル壁の見た目は、硬さが無く、自然で優しい風合いがあります。特徴は次のようになります。

モルタルのメリット

・表面の質感が良く味わいがある
・デザインの自由性があり意匠性に優れている
・サイディングのような繋ぎ目がない
・金属の外壁材のように熱くならない

モルタルのデメリット

・工程が複雑でサイディング工法に比べて少しコストが高い
・ヒビ割(クラック)れが発生しやすい
・汚れが目立ちやすい

主な用途

モルタルが使われるのは住宅の外壁ばかりではありません。むしろ、それ以外の利用の方が多いのです。特徴にも書きましたが、モルタルは左官さんの塗り工法です。下地の凹凸や塗る範囲の形に捕らわれることなく、自由に塗ることができます。この自由度がモルタルの用途を広げています。すべてを記述できませんが、よく利用されるものを下記に示します。

タイル仕上げの下地

タイルを貼る時の接着を兼ねた下地として利用します。

勾配の調整

床に水勾配が必要な時、あるいは排水溝の勾配調整が要る時、モルタル材を利用します。

空洞埋め・目地(めじ)材

ブロック積みの空洞埋め、あるいは目地材として利用します。

コンクリートやブロック面などの上塗り

内部のコンクリート面やブロック面の壁に上塗りとして使用います。この上にクロスを貼ったり、吹付け、ペンキなどを塗って仕上げます。

ベランダの防水仕上げ

ベランダの施工では、モルタルに防水材を入れて防水仕上げにする。

隙間(すきま)埋め

コンクリートの壁にアルミやスチールのサッシを取り付けたときの隙間埋めに利用します。

土面の養生(ようじょう)吹付け

山の切り土面(どめん)の養生用吹きつけに利用します。

まとめ

筆者も今回の記事を書くまで、モルタルについて細かく調べたことはありませんでした。モルタルと言えば家の外壁と決めつけていたものです。確かに建築関係に従事していないと、それ以外の使い方と言ってもなかなかピンとこないものです。しかし、用途にも書きましたが、注意してみるとよく目にするものもあります。筆者も2015年12月に戸建を新築しました。建てる前にいろいろな展示場の家を見て回ったものです。ほとんどのモデルハウスはサイディング材を使った外壁でした。しかし、我が家の外壁はモルタルにしました。サイディングはヒビも入らないし、工期も短い利点はありましたが、現在的というか、機械的すぎて、馴染めそうにありませんでした。モルタルのクラックは、業者からも聞きましたが、最近の工法は、そのクラックも出来にくくなっているようです。10年経って状況を見て、補修が必要なら対応するつもりです。しかし、それ以上にモルタル壁が放つ落ち着きがなんとも癒されます。我が家もそろそろ2年になりますが、クラックなし、汚れもなくきれいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. グラスウールのメリットとデメリット

    グラスウールのメリットとデメリット

  2. 建材のフラッシュ構造の利点

    フラッシュ構造とは?建材としての用途と利点

  3. kukan

    パイプベッドで効率的なコンパクト収納

  4. おしゃれな猫足アンティークのインテリア

    おしゃれなアンティーク感を楽しめるカブリオールレッグの家具

  5. ローボードを活用した広く見せるインテリア

    ローボードを活用した広く見せるインテリア術

  6. 天然スレートを活用したおしゃれインテリア

    天然スレートを活用したおしゃれインテリア

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る